長風呂が引き起こす可能性がある頭痛の種類と3つの対策

女子

長風呂が頭痛を引き起こす原因となっていることがあります。頭痛には様々な種類があり頭痛のメカニズムを知ることはとても大切です。なぜなら頭痛のメカニズムを知ることによって様々な要因で引き起こされる頭痛を避けることが出来るからです。

頭痛のメカニズムを知らずに適切な対処や予防を行わなければつらい頭痛に悩まされることもあるのです。頭痛の場合市販の痛み止めだけでは対処が出来ないことも多く専門医の受信が必要になってきます。

本記事では頭痛の種類やメカニズムを学び長風呂がなぜ頭痛を引き起こす原因となるのか見ていきます。毎日のように頭痛に悩まされているという方が多くなっている現在少しでも慢性頭痛のリスクを減らせるように学んでいきましょう。

スポンサーリンク

頭痛の種類と原因

医師

頭痛には様々な種類があります。まったく心配の要らないものもから専門医を受診しなければいけないものまで幅広のですが、例えばアイスクリームやかき氷など冷たいものを食べた時に頭が痛くなった経験をお持ちの方も多いと思います。これは心配の要らない頭痛の一つです。

この現象は一般的にもよく知られている事例ですが、冷たいものを食べた時に起こる頭痛は神経の情報の読み間違いによって起こります。口腔粘膜の上には三叉神経があり急に冷たい刺激が口の中に入ってきて「冷たい」と伝えるべき情報を「痛い」と伝えてしまった事によって頭が痛くなるわけです。このような頭痛はすぐに治まりますので心配はいりません。

このような心配の要らない頭痛のほかいくつか代表的な頭痛がありますのでその種類と原因についてご紹介します。

  • 緊張型頭痛
  • 片頭痛
  • 群発頭痛
  • 症候性頭痛

緊張型頭痛

緊張型頭痛は機能性頭痛で原因は不安や緊張などの精神的なストレスと姿勢の悪さからくる身体的ストレスによって起こります。時には片頭痛と同時に起こる場合もあります。緊張型頭痛の特徴は鈍い痛みがあり我慢しきれない痛みが起こるのは稀です。

肉体的ストレスや精神的ストレスにより頭から首筋、肩の筋肉が緊張し血流が悪くなる事によって起こります。緊張型頭痛のみの場合はストレスからくる筋肉の緊張をほぐすことにより頭痛が改善されます。お風呂など血流が良くなる対処方法はとても有効です。

片頭痛

片頭痛は機能性頭痛に入り、主に女性に多い頭痛です。ズキンズキンと脈打つような痛みが頭の片側に現れます。場合によっては吐き気を伴い嘔吐することもあります。体を動かすことにより頭痛が増すことがあります。血管の拡張が原因と考えられています。

片頭痛は血管の拡張が原因と考えられていますので血管の拡張に繋がるようなことを避けなければなりません。血管の拡張の原因として考えられているものにはポリフェノールなどを多く含むナッツ類、チーズ、チョコレートなどを摂取することや、温まることにより血管が拡張され血流を良くするお風呂などがあります。

群発頭痛

群発頭痛は機能性頭痛の一つで男性によく見られる頭痛です。片側の目の奥に激しい痛みが起こるもので一定の期間毎日ほぼ決まった時間に起こることが多い頭痛です。原因はまだはっきりとは解明されていませんが、痛みの強さがきわめて大きく1~2カ月間毎日同じくらいの時間に起こる場合は群発頭痛の可能性が高いです。通常半年から2,3年おきに痛みが発症します。通常の鎮痛剤は効き目がほとんどありません。

症候性頭痛

症候性頭痛は原因がハッキリとわかっている頭痛のことです。頭痛全体の1%弱が症候性頭痛です。放置しておくと命の危険を招くことがありますので注意をしてください。

脳出血や脳梗塞による頭痛は頭が重い感じがします。頭の奥が痺れるような痛みを感じたりもします。そこまで激しい痛みではありませんがクモ膜下出血は強烈な激しい痛みがあります。激痛の後ガンガンする痛みが続き意識障害が出ます。脳腫瘍の場合は頭痛が伴わない場合もあります。

長風呂が引き起こす可能性がある頭痛の種類と対策のポイント3つ

ここまで頭痛の様々な種類や症状についてみてきました。ここからは長風呂が原因で引き起こされる可能性がある頭痛の種類や対策のポイントについてご紹介していきます。

頭痛の中にはお風呂に入ることによって体は温まり血流が良くなり頭痛が改善される場合もあります。長風呂をするときに限らずお風呂に入ることによって逆に頭痛が引き起こされることもあります。

お風呂によって引き起こされる頭痛は片頭痛である事が多く、原因ははっきりとはしていませんが体が温まり血管が拡張され血流が良くなることで引き起こされます。血管が拡張され片頭痛が起きる場合は次のような対策が出来ます。

①お風呂の温度は低めに設定し短時間で済ます

片頭痛は血管の拡張と関係がありますのでお風呂の温度も注意が必要です。短い時間であっても高い温度のお風呂は体がすぐに温まり血管の拡張に繋がります。体を温めかつ血管の拡張を押さえるためにはお風呂の温度と入浴にかける時間をコントロールする必要があります。自分にあった入浴の温度や時間を見つけてください。

②お風呂のときは下向きの姿勢をとらないように気をつける

お風呂に入っているときに頭痛が起こる方の中には頭を下向きにして洗髪しているときに
発生する方があります。片頭痛の際頭を動かしたときに痛みが発生する場合もありますので、頭を下向きにしないように気をつけてみましょう。

③お風呂場と脱衣所の温度差を減らす

お風呂場の室温と脱衣所の室温に差が大きいときには血管の拡張と収縮が激しくなり頭痛が起きることがあります。

温度差による血管の拡張や収縮は体に大きな負担をかける場合があり脳出血などの命にかかわる危険な病気が発症する恐れがありますのでなるべく脱衣所とお風呂場の温度差が少なくなるように工夫してください。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 2,116

まとめ:長風呂によって引き起こされる可能性がある頭痛への対策方法

ここまで、長風呂と頭痛の関係を考えてきました。リラックス効果でストレス軽減できるなどメリットの多い入浴ですが、体調を考慮しながら安全に快適に取り入れる必要があります。最後にもう一度確認しておきましょう。

  1. お風呂の温度は低めに設定し短時間で済ます
  2. お風呂のときは下向きの姿勢をとらないように気をつける
  3. お風呂場と脱衣所の温度差を減らす

如何でしたか?本記事で学んだことを参考にして、お風呂の様々な効果をより安全に取り入れることが出来るように工夫してください。ゆったりとしたお風呂タイムはストレスや筋肉の緊張を解きほぐしてくれるよい時間とすることが出来ます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment