長風呂は危険なのか疑問を解決する3つのポイント

お風呂の脱衣所

お風呂は日常における手軽な健康法の一つですが、長く浸かり過ぎてのぼせてしまったり、うっかり寝てしまいそうになったりして危うく溺れそうになるなど、一歩間違うと危険も潜んでいるものなので気を付けなければなりません。

ですが、具体的にどう気を付ければ良いのか、どれくらいの温度の湯船にどれくらいの間、どのように浸かるのが一番良いのか、色々な情報が行き交っていて、結局何が正しいのか分からなくなってしまいがちですよね。

そこで本記事では、どんな長風呂が良くて悪いのか、その他危険を伴う入浴と正しい入浴の仕方について勉強していきたいと思います。お風呂にまつわる正しい知識を身につけて、長く楽しくバスタイムを過ごしましょう。

スポンサーリンク

長風呂はどう危険なのか

風呂

昔から「お風呂は肩まで浸かってゆっくり100数えてから出なさい」なんて言うのが有名で、幼い頃そうして育ってきた方も多いのではないでしょうか。

それが本当に100秒間のことであれば、1分40秒ですので、そんなに長い時間ではありませんが、おそらくお風呂には長くたくさん浸かった方が良いという昔の人の偏った知識から広まった例えであると思われます。

一概に長風呂が悪いというわけではありません。ですがそれでは一体長風呂にはどんな危険が潜んでいると思いますか。一つずつご説明していきます。

1.乾燥肌

一つ目は、乾燥肌の原因となります。

美容の為にゆっくりお風呂に浸かって汗をかくようにしていた方には衝撃的すぎる真実かと思いますが、長時間お風呂に浸かっていると、体が温まって毛穴が開いたことで水分が蒸発しやすくなったり、角質が水分を抱え込んで膨張して、お肌の潤いを保つ為の成分である皮脂とセラミドを流出してしまったりするので、肌の乾燥が進んでしまうのです。

特に女性の場合はメイクを落とす際に本来必要な油分までもを一旦取ってしまっているので、すでに肌が乾燥した状態であることが多く、長風呂によってさらに乾燥に拍車をかけているのです。お風呂の湿度に紛らわされてはいけません。

また、汗をかくことで毛穴の汚れが取れるというのも誤解で、無理やり汗をかきすぎると、ただの汗かきな体質になってしまいます。

2.心筋梗塞

普段、体は汗をかこうとすると血液がドロドロになって、流れにくくなります。

さらに、平熱であれば血小板はスムーズに流れやすい形をしているのですが、体温が2度上昇すると、それがたちまちうまくいかなくなってしまいます。いつ血管が詰まってしまっても不思議はない状態となるのです。

それに加え42度なんて熱いお風呂に入ろうものなら血圧が激しく上下しますし、胸まで浸かることで心臓に負担がかかるので、心筋梗塞をはじめ、脳出血や脳梗塞などの危険も招きます。高血圧の人であれば入浴後2分間で急激な血圧の上昇に見舞われて、倒れてしまうこともあるのです。

3.ストレス

現代人は社会生活においてストレスを感じることが多いので、副交感神経があまり働いていないのだそうで、お風呂に浸かると、その副交感神経が働き出し、体を癒してくれるのです。しかしのぼせるほどの長風呂をしてしまうと、副交感神経が交感神経に代わり、たちまちストレスを誘引してしまうのです。

また、熱いお湯は一見体が温まるイメージですが、実は皮膚を強く刺激してしまい、体にとってストレスとなります。

さらに、疲れが取れるからと30分以上ゆったりと長風呂をすることで、疲れを取るどころか、長距離走をするのと同じくらいの体力を消耗してしまうのです。

どうしたら長風呂を楽しめるのか

あらゆる危険性を学んでいただいたところで、ではどのような入浴方法が正しいのか、お教えしていきたいと思います。

お湯の浸かり方は主に3つありますので、3通りに分けてご説明していきます。

1.半身浴

長風呂をしたい人に一番おすすめしたい入り方が半身浴です。

半身浴とは、浸かったときに胸の下あたりに水位が来るようにお湯をはって入ることです。これならば、30~40分程入っても大丈夫です。上半身が寒いと感じる場合には、肩にタオルなどをかけておくと良いです。また、お湯が冷めないようにフタを途中までかぶせるようにしましょう。

2.全身浴

半身浴では寒い、やっぱり全身浸かりたいという人は、10分以内にとどめればあまり体の負担にはなりません。ただし温度はぬるめの38~39度で。

前半は半身浴で後半はお湯を足して全身浴をするという手もありますし、分散浴と言って、10~15分、湯に入って、2~3分、お湯から出るというのを繰り返す入浴法もあります。この方が、同じ温度のお湯に続けて入る通常の入浴より、体が温まって湯冷めしにくいと言います。

3.寝浴

半身浴と同様、長く入るのに向いているのがこの寝浴です。

お湯の浮力を利用して、半身浴よりもリラックス出来ます。また、一見全身浸かっていて体に負担がかかるのではと思ってしまいますが、お湯に浅く浸かっているので水圧の影響が減り、心臓への負担は通常よりも軽くなります。

家庭の浴槽で寝浴をする場合は、お湯を少なめにはって浴槽に対角線状に横たわったり、通常通りお湯をはっても、お風呂用の椅子を浴槽の中央付近に置いて、そこにお尻を乗せて横になれば、プカプカと浮いて、安らぎ効果を得られます。

これら3つの入り方と併用して、お湯に保湿効果のある入浴剤を入れると、前述した乾燥の問題にも対処できて安心です。

お湯物語 うるおう乳液風呂 もぎたて柚子の香り 600mL
牛乳石鹸 (2009-09-11)
売り上げランキング: 26,865

まとめ:安全を考慮した長風呂なら大丈夫!

結局のところ、娯楽には危険が付き物とでも言いましょうか。熱いお湯に浸かることに快感を覚えてしまうのには実は科学的根拠があって、仕方のないことだったりするのですが、上記のような危険が潜んでいるということを決して忘れないでほしいということと、お風呂を楽しみたいのであれば、激しい運動の後や飲酒後、または食後すぐにお湯に浸かるのは絶対に我慢していただきたいです。

正しい入浴の仕方をした上で、音楽を聞くなり、読書をするなり、好きなことをする時間にあてて、長風呂を楽しんで下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment