マイスリーの服用で幻覚が見える理由と対処方法

夜月

不眠症の治療などでマイスリーを服用した場合、幻覚や幻聴などの症状が生じる場合があります。

なぜなら、マイスリーは睡眠薬の中でも超短時間作用型の睡眠薬に分類され、早い段階で脳に作用して眠りを促すため、その副作用として幻覚や記憶喪失などの症状を引き起こす場合があるからです。

そのため、マイスリーを服用する際には、幻覚などが生じる場合があることも考慮にいれて、正しい方法で利用していくことが大切になります。

そこで、本記事ではマイスリーの服用で幻覚が見える理由と対処方法についてご紹介していきます。マイスリーの服用中に幻覚が見えて困っているという型は、是非本記事と一緒に、マイスリーの正しい服用方法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

マイスリーが幻覚を生じさせる理由

薬

マイスリーを服用している場合、「マイスリーが眠気を促す作用の副作用によって、幻覚を生させる」場合があります。

なぜなら、マイスリーは脳の中にあるGABAという抑制系神経伝達物質の活動を増強することで眠りを促すため、脳に作用する過程で脳内に様々な影響を与え、幻覚や幻聴、服用後の一時的な記憶喪失などの副作用を引き起こす場合があるからです。

そのため、マイスリーを服用する際には、マイスリーには幻覚などの副作用があるなど、マイスリーの特徴を十分に理解し、正しい方法で服用していくことが大切になります。

それでは次の項で、マイスリーの特徴と正しい利用方法について学んでいきましょう。

マイスリーによる幻覚を考慮にいれた対処方法

マイスリーを安全に利用する場合には、「医師の提示した用法用量を最初から最後まで守ること」が大切になります。

マイスリーは、「非ベンゾジアゼピン系の超短時間作用型睡眠薬」であり、次ような特徴や副作用を持っています。

  • 作用時間:服用後10~15分
  • 作用持続時間:2~4時間
  • 服用後の幻覚、幻聴、一時的な記憶喪失
  • 依存性
  • 頭痛、倦怠感
  • 睡眠中に歩行するなどの運動する危険性
  • 持ち越し効果:次の日にも催眠効果が持続している

マイスリーには幻覚などを始め、様々な副作用があるため、作用持続時間や作用の出現時間を考慮に入れて、正しい方法で利用することが大切になります。マイスリーを利用する場合には、次の点に注意するようにしましょう。

  • 服用開始から服用終了まで、医師から指示された用法用量を厳守する
  • 夜の就寝する5分前程度に、寝室に入った状態で服用する
  • 服用した直後はすぐに寝ることを心がけ、他の用事は一切しない

これらの点に注意することで、マイスリーによる幻覚などの副作用を抑えながら、不眠の状態を改善していくことができるようになるでしょう。マイスリーの幻覚で悩まされている方は、是非現在正しい方法で服用できているかを確認し、医師の指示を厳守して服用するように気をつけましょう。

自分でできる「不眠」克服ワークブック :短期睡眠行動療法自習帳
渡辺 範雄
創元社
売り上げランキング: 17,071

まとめ:マイスリーは副作用によって幻覚が生じる場合がある

ここまでで、マイスリーの服用で幻覚が見える理由と対処方法についてご紹介してきました。

マイスリーは脳内の神経伝達物質に働きかけるため、その影響によって幻覚や記憶喪失といった副作用を引き起こす場合があります。

そのため、マイスリーを服用する場合には副作用について十分に理解し、正しい方法で服用することが大切になります。マイスリーを服用する場合には、医師から指示された用法用量を必ず守り、また服用したらすぐに布団やベッドの中に入って寝る体勢になるように心がけましょう。

マイスリーによる幻覚で悩まされている方は、是非本記事を参考にして頂き、幻覚などの副作用を最低限に抑えながら、正しくマイスリーを利用して不眠の症状を改善できるようにしていってください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment