夜中に起きだしてウロウロ。夢遊病の子供の注意点とは

子供

気がついたら、寝ていた子供が部屋をウロウロ、、。翌日聞いても覚えていない、なんてあなたのお子さんにはこんな経験はありませんか?夢遊病は、睡眠時遊行症という、子供に多く見られる症状です。4~8歳の間から夢遊病が起こり始め、中学校に入る前に自然に治ることが多い病気です。大体10人に1人か2人位に見られる事が多く、脳の発達が未熟だから起こるのだと言われています。

特に治療法はない病気ですが、真夜中に動き回ったり、外に出たりする事もありますから、親は注意が必要です。今回は、自分の子供が夢遊病だとわかった時の注意点をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

子供の夢遊病の原因

眠い

子供の夢遊病と遺伝は様々な報告があり、おおむね関係がないという意見のほうが主流です。大人の夢遊病の原因はストレスによるものが多いのですが、子供の場合は脳がまだ未発達のために起こると言われています。

睡眠には、「レム REM (Rapid Eye Movement) 睡眠」と呼ばれる浅い眠りと「ノンレム睡眠」と呼ばれる深い眠りがあり、夢はレム睡眠のときによく見ます。 レム睡眠では脳は活発に動いていますが体はほとんど動きません。深く眠るノンレム睡眠では脳の活動は休息していますが、体は寝返りを打ったりします。 つまり、睡眠中は脳が働くと体は休み、体が働くと脳は休むのです。逆の働きをするという事です。

子供の頃はレム睡眠とノンレム睡眠の周期がはっきりせず、レム睡眠でも体が活動して夢を見ながら寝言を言ったり手足を動かしたりしますが、大人になるにつれて減っていきます。夢遊病はノンレム睡眠のときに起こり、脳は寝ていても体が目覚めているために寝たまま歩き回ることができるのです。

夢遊病の注意点

身体が動いていても、脳が休息している状態が夢遊病です。障害物などは避けられるそうですが、脳の機能していない状態ですから、注意が必要です。

無理矢理起こそうとしない

夢遊病は寝てから1時間から3時間の間によく起こり、一晩に1度だけしか起こりません。そして夢遊病では身体が完全に眠っているノンレム睡眠の時に引き起こされるので、並大抵のことでは起きないのです。うろうろする子供を叱ったり、子供を無理やり起こそうとすると、その行動がストレスになってしまう恐れがあるので、静かに見守った方が良いでしょう。

30分は見守る

夢遊病で歩き回ったり、周辺をうろついたりする症状は一般的に30分以内であると言われています。そして、記憶の中にある一定の行動を起こした後、個人差はあるものの30分間以内で元の寝床に戻ったり、親の布団に入ったりする事もあります。子供がウロウロしだしたら、30分は近くにいて見守ってあげましょう。まれに外に出てしまったり、食べ物じゃない物を食べようとしますから注意が必要です。話しかけても理解はできないので、怒ったりしても逆効果です。

夢遊病を引き起こしている場合、脳は働いていないので、何かに反応したり感情を出したりすることはできません。

もし、30分以上行動をしているという場合は、途中で起きているということになるので、夢遊病であるとは言えないでしょう。子供の表情に注意して下さい。目がちゃんと合って会話が成立したり、表情が笑ったり泣いたりする場合は夢遊病ではなく、ただ単に眠れなくてその辺をうろついているだけかもしれません。

問いたださない

こどもが夜中に歩き回って、翌日まったく覚えていないと、夢遊病の知識のない親はかなり動揺するでしょう。子供の精神を疑って色々問いただしたり、寝ている間に部屋から出ないように外からカギをかけたりします。親の心配する気持ちはよく分かりますが、夢遊病に効く治療薬は、子供の場合はほとんど必要ありません。

怪我をしないように見守るだけで、部屋に閉じ込めたり、睡眠導入剤を飲ませたりするのは止めて下さい。子供は全く覚えていないので、親のそんな態度は子供を傷つけ、性格形成に影響を与えます。子供を問いたださず、親が夢遊病に対する知識を身に付けて冷静に対処して下さい。

規則正しい生活

子供は脳も身体も成長が未発達です。規則正しい生活を心がけましょう。決まった時間に眠る事は成長ホルモンの分泌が活発になり、身体の疲労修復効果も高めます。安眠効果のある蜂蜜入りのホットミルクを飲ませたり、寝る前に本の読み聞かせなどをして子供をリラックスさせてあげましょう。いつでもそばにいるよ、大丈夫だよ、と、子供が安心して眠れる環境を整えてあげる事が大切です。

夢遊病
夢遊病
posted with amazlet at 14.03.24
ストリート・スライダーズ
エピックレコードジャパン (1995-04-01)
売り上げランキング: 106,844

まとめ

いかがですか。夢遊病は子供によく見られる症状で、大人になれば自然になくなると考えられています。しかし最近では大人もストレスにより夢遊病になる事が分かっています。子供の夢遊病は見守るだけで治療は必要ありませんが、大人の場合は深刻な悩みやストレスによってうつ病などに発展するケースもあります。思い当たる方は早めに病院を受診しましょう。

大人になると薬による治療はクロナゼパムなどのベンゾジアゼピン系薬剤が使用されます。また、十分な睡眠をとり、早めに眠る習慣をつけることが、改善につながります。また、夢遊病は眠りだしてから最初の3時間で起きやすいため、その時間だけ注意を払えば、家族も夢遊病の対処がしやすくなります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment