明日からむくみでもう悩まない!噂のむくみ外来へ行こう

足のむくみ

 

立ち仕事や座り仕事で、夕方になると脚がむくむという方もけっこう多いのでは?翌朝になってもむくみが消えない、あるいはこれといった原因も心当たりがないのに、何日もむくみがとれない場合は要注意!むくみには、思わぬ病気が隠れていることもあるのです。

かといって、何科にかかればいいか分からないという方も多いでしょう。内科に行ってもなんともないと言われたけれど。。。という方もいるでしょう。一方、氾濫する民間情報などにより、適切でない対処法を繰り返してしまう方もまれではありません。まだまだ民の情報と混同されやすく誤解の多い領域です。安全で効果的な、正しい医学的知識に基づく保存療法を見極めが必要です。

むくみでお悩みの方が気軽に受診できるよう、「むくみ外来」が最近あちこちの病院に創設されています。さらに、各疾患に十分に対応するため、各領域の専門病院との連携(紹介など)も行ってくれるようです。

「体や足のむくみ」が少しでも気に掛かる方は、むくみ外来に気軽にご相談して下さい。その前にまず、むくみの原因についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

まずは知っておこう むくみの原因について

美脚

むくみとは、「足がむくむ」、「顔や体全体がはれぼったい」などとよく表現されますが、血管外の水分が皮下組織に過剰にたまった状態です。臨床的には、全身性のむくみと局所性のむくみに大きく分けられますが、むくみの原因は様々です。

全身性のむくみ

心臓病、腎臓病、肝臓病、内分泌疾患、栄養失調、特発性(原因不明)のむくみ、薬剤の副作用によるむくみなど。

局所性のむくみ

  • 静脈性疾患:静脈の流れが悪くなった状態。下肢静脈瘤、深部静脈血栓症など。
  • リンパ管障害(リンパ浮腫):リンパ管が閉塞した状態。乳がんや子宮がんなどの骨盤内の術後、骨盤内腫瘍、原発性(生まれつきのリンパ管の形成不全)など。
  • アレルギー性疾患:毛細血管からのタンパク成分の漏れ出た状態。アレルギー性皮膚疾患、薬剤アレルギーなど。

むくみは、色々な疾患に伴って起きてきます。中には、重大な疾患が潜んでいることがありますので、原疾患を早急かつ的確に診断することが大切です。また、静脈やリンパ管の疾患による足のむくみの場合、「以前からの体質だから」、「年だから」、「どうせ治らないから」などと放置していることが多いようです。が、適切な診断と治療を受け続けることにより、その多くに改善を見込めます。

むくみ外来の主な病院

癌の合併症として生じる下肢浮腫においては、専門のリンパ浮腫外来が多く設立されています。心当たりのある方はそちらに行かれると良いでしょう。原因のわからないむくみに悩まされる方はまず、お近くにあればむくみ外来に行ってみてはいかがでしょうか。いくつかご紹介してみます。

おおひら内科・循環器科クリニック
岩手県盛岡市梨木町2-2 


千葉北総内科クリニック
千葉県印西市草深字原2221-3

寺田クリニック
東京都豊島区長崎2-27-19

東名厚木病院
神奈川県厚木市船子232

大北メディカルクリニック
大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング4F

クリニック ハーモニー 
〒577-0834 大阪府東大阪市柏田本町3-48

むくみ外来ではどんなことをするのか

むくみ外来では、重大な病気の有無を調べた後、一般的なむくみだと判断した場合には、まず「むくみ」の原因を患者と一緒に探ることから始まります。患者の生活習慣、食習慣、飲水習慣などを把握した上で、少しずつ原因を取り除いていくプログラムを組み立てます。そして副作用のない体に優しい治療法で、むくみにくい健康的できれいな体をデザインしていきます

また、寺田クリニッククリニック ハーモニーでは、東洋医学(漢方)で治療を行うそうです。日常の体調を聞き、むくみの原因や体質から、保険内で最適な漢方薬を処方してくれます。

つまりはむくみ外来とは、体質改善を目的に、日常生活での注意点なども合わせて指導してくれるとのこと。この「日常生活」というのがポイントで、実はなかなか自分ではできないことなので、自覚するといった意味でも非常に有効といえそうです。

むくみ外来から学ぶ むくみの理由と対策

病気が原因でないむくみは、運動不足・精神的ストレス・生活習慣の多様化・食生活の多様化が原因のようです。その対策についてもご紹介していきましょう。

1.運動不足とオーバーワーク

現代人は運動不足気味です。それにより、足やお腹回りの筋肉の動きの低下や柔軟性低下により、リンパ節の働きが低下し、脚がむくむ原因となります。また、二の腕がむくむ原因は同様に上半身の筋肉にあります。逆にオーバーワーク/運動しすぎや軽度/熱中症後の暑気あたり(夏ばて)もむくみの原因になります。

対策;年齢体力に合わせた適度な軽度な運動を出来るだけ毎日継続することです。身体に合った軽度なもので、激しい運動でなければ毎日しても支障は来たしません。

2.精神的ストレス

不景気による中高年層の精神的ストレス、さらに女性は仕事、子育て、家庭などからくるストレスの多い時代です。

対策;上手に『ガス抜き』して生活しましょう。軽い運動をするのがベストですが、何か趣味を持つなど発散させましょう。

3.多様化する日本人の生活習慣

猛暑、冷え症、立ち仕事、座り仕事を含めた多様化した「仕事」や、マイクロ・ミニなどの薄着/ファッション、女性の社会進出、女性だけではない中高年層男性更年期障害、日本人全体の高齢化を始めとした多様化した「生活習慣」がむくみの最大の原因と思われます。

対策;出来るだけ薄着を避け、特にお腹や下半身を冷やさない事です。『痩せ易いむくみ難い健康体』を作るには『お腹と背中を冷やさない』事です。

4.多様化した水分摂取や食生活

現代日本ではコンビニエンスストアが普及していつでもどこでも冷たい飲み物が簡単に入手可能です。コンビニ内冷蔵庫温度は約4度位だそうです。また日本人は世界一冷たいビールを好んで飲むそうです。これも2度位でしょうか。この様な冷たすぎる飲み物を飲んでいると、消化管システムの働きが悪くなり、最後はシステムダウンを来たします。
食事に関しても、辛いもの刺激物が好んで食される様に成っています。当然喉が渇きよけいな水分摂取に繋がります。

対策;冷た過ぎないスポーツドリンクなどの水分を、喉の渇く前からゆっくりと飲む事をお勧めします。水分摂取量は、非運動時は1.5~2L/日までにしましょう。また。あまり刺激の強い辛い食べ物を食べない方が良いでしょう。

オムロン フットマッサージャ TOKOTON FOOT HM-231
オムロン
売り上げランキング: 922

まとめ:むくみ外来を活用しよう

病気が原因でないむくみは、生活習慣病と言えます。運動不足・精神的ストレス・生活習慣の多様化・食生活の多様化などが原因にあげられるでしょう。

  • 毎日の適度な運動
  • ストレスを溜めない
  • お腹と背中を冷やさない
  • 適度な水分摂取と刺激物の取り過ぎに注意する

むくみ外来とは、対策方法を各自の方に合わせたオーダーメイド方式で生活改善を指導してくれる、現代人にとってとても有難い場所なのです。これまで悩んで来た方、是非むくみ外来に足を運んで見てください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment