おブスな足をなんとかしたいあなたにオススメのむくみ防止ソックス

ソックス

 

ミニスカートやスリムパンツで抵抗なく足をすらっと見せたい。女子ならみんなそう願っているはずです。モデルさんから発信され、今ではもう定番商品となっているむくみ防止ソックス。最近は着圧レギンス・トレンカ、ストッキングなど、種類も豊富になりました。むくみ防止ソックスは、今や素敵女子への必須アイテムですよね。

しかしそんなアイテムも一つ間違えれば怖いことになるようです。こちらでは、むくみ防止ソックスの正しい選び方と、人気のアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク


むくみ防止ソックスを正しく選ぼう

店頭にずらっと並ぶ商品を見ると、違いが何なのか分からなくなりますよね。その種類や選び方をお教えします。

むくみ防止ソックスの種類

むくみのある足

サポート
着圧効果はなく、ラインをスッキリ見せるためのもの。

着圧
圧力が均等にかかるように設計され、着用部全体を引き締めるためのもの。

段階式着圧
足首に最も強く圧がかかり、次いでふくらはぎ、太ももが一番弱くなるように、段階的に圧力がかかるよう設計されたもの。

用途別
お出かけ用、くつろぎ用、お休み用など、着圧レベル等で種類分けされています。

着圧レベル

着圧ソックスや、段階式着圧ソックスのパッケージに書いてあるmmHg。これは圧力値を表す単位で、この数字が大きいほど圧力レベルも上がります。

  • 極弱圧:10-15mmHg
  • 弱圧:15-20mmHg
  • 中圧:20-30mmHg
  • 強圧:30-40mmHg

気を付けたいこと

医療用のソックスは危険も
着圧ソックスは、元々は下股静脈瘤、深部静脈血栓の予防で使用されていましたが、モデルやCM効果によって一般にも広がりました。しかし、より高い効果を求めて安易に医療用のソックスを着用するのは危険です。足の血圧が下がる就寝時は、着圧値が30mmHg以上の高いものを着用することで動脈閉塞などの血行障害を招く恐れがあります。就寝時は、20mmHg以下のものにしましょう。

サイズに注意
着圧ソックスは生地そのものの伸びが少ないので履くのが大変。足首から圧力がかかっているので、きちんと足首から合わせて履いていきましょう。サイズが合っていない場合は圧力がかかる位置がずれてしまうので、効果が期待できなくなることもあります。また、全体を引き上げすぎると足指が広がらずとても歩きにくくなってしまいます。少し指先に余裕を持たせるように履くか、指先が空いているタイプを選ぶのがコツです。

夜の使用に注意

人の身体は寝ている時は横になっています。この状態ではもともと身体にかかる圧力が低くなるので、「昼用」の立って動いている時の圧力では、強すぎることになります。着圧が全体的にゆるめに設定されている「夜用」を使用しましょう。

人気の商品をチェック

おやすみ時に着用できるタイプが一番人気ですが、各商品それぞれ特徴があります。

一番人気!ふわふわモコモコなのに、しっかり引きしめて、翌朝スッキリ美脚ケア。段階式着圧の美脚リフト構造で、さらにきゅっと引きしめ。くつろぎ時間からおやすみ時間にぴったり。あったかモコ糸使用で寒い冬もあったかい。脱いだ後も跡残りがしにくい幅広タイプのやわらかい口ゴムを採用。

くつろぎ時間にはくだけでパンプスの中で縮こまった足指をグイーンと広げてリフレッシュ。足指から太ももまでケアするロングタイプ。段階式着圧でしっかり引きしめ。ふわふわマシュマロタッチのふわマシュ素材でやさしい肌触り。普通のふくらはぎまでのタイプも人気。

寝ながらメディキュット ロング ラベンダー M
レキットベンキーザー
売り上げランキング: 401

横に編みこんだインレイ糸によって安定した段階圧力値を実現。効果的に足を引き締めます。コットンフィールのやわらか素材で、着圧はそのままにやわらかな肌ざわり。寝ている間に脚全体をじっくりケアして、翌朝はすっきり美脚に。

ムクミキュア M-Lサイズ
ムクミキュア M-Lサイズ
posted with amazlet at 14.01.04
小林製薬 (2005-12-26)
売り上げランキング: 14,212

短時間でむくみが取れると人気です。リンパの流れに沿った凹凸編みで、むくんだ脚を楽にするマッサージソックス。段階的な締めつけで血行を促進し、脚をスッキリさせます。オープントゥタイプとハイソックスタイプの2種。

歌手の倖田來未さん愛用!ハードタイプ570デニールの、日本国内の製品にはない極太デニールのスパンデックス(ライクラ)を使用。足首に最大の圧力、ひざに上がるに従って圧力が弱まり、土踏まず中圧の多段階圧縮デザインでダブル効果。

そもそもむくみの原因は

むくみはそもそも、血液の循環が悪くなることによって起こります。そして血液の循環が悪くなる原因としては、冷え、同じ姿勢を続けているなどがあります。もっと言えば食生活や運動不足が影響していると言えます。

ふだんの運動も大切に

むくみがとれるとはいっても、着圧ソックスを毎日履き続けていて良いでしょうか。本来身体は、運動をすることで筋肉を使い、血液の循環を促し、リンパの流れを良くし、老廃物を排出するという機能を持っています。いつも着圧ソックスを利用してしまっては身体の機能が怠けてしまいますよね。立ちっぱなしが続く日、たくさん歩く日、生理前など、自分の生活や体調に合わせて履くのが美脚へ近づくための賢い利用方法です。ふだんからむくみを感じるなら食生活を見直し、軽い運動を取り入れましょう。

まとめ:むくみ防止ソックスを賢く利用しよう

むくみ防止ソックスのパッケージの見方、さらに注意点をおさらいしましょう。

むくみ防止ソックスの種類

  • サポート
  • 着圧
  • 段階式着圧
  • 用途別

注意したいこと

  • 医療用のソックスの安易な使用
  • サイズ
  • お休み時に使用の場合の着圧

むくみ防止ソックスはとても便利です。毎日の運動はどう頑張っても無理という現代人特有のお悩みを解決してくれます。ただ、いつも着圧ソックスを履くのではなく、運動も心がけながら、自分の生活や体調に合わせて上手に利用しましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment