むくみは腸にもできる!ぽっこりお腹を解消する4つの腸むくみ対策

デブ

むくみといえば、足や顔にでやすいものです。しかし、内臓である腸にもむくみが起こることをご存知でしたか?腸にはたくさんのリンパが流れており、その流れが滞ることでむくみが起こります。

腸の周りがむくんでしまうと、下腹が3~4cmも太くなってしまうこともあるようです。ぽっこりお腹の原因は腸のむくみかもしれません。大腸炎などの病気に伴うむくみもありますが、これも腸内にある細い血管の血流が悪くなることが原因です。腸の血流改善、リンパの流れ改善のための3つの対策をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

むくみが腸におこる原因とは

デブ猫

むくみは手足や顔だけでなく、腸にも起こるのは驚きですよね。むくみというのは、水分の調整ができていない状態というだけでなく、血流やリンパの流れが悪くなっている状態です。腸にも血液やリンパが流れているわけですから、むくみが起こることがあり得るというわけです。特に腸には沢山のリンパがあるとされています。この流れが悪くなることでむくみを作ってしまいます。

腸にむくみを作ってしまう原因にはいくつかあります。例えば、急性大腸炎のような強い腹痛が起こることで、腸の血流が悪くなってしまい、むくみを起こします。この場合は、一時的なもので、症状が治まるとともに改善してきます。

もう一つ、女性に多い腸のむくみの原因は、便秘や、お腹の冷えからくるものです。便秘が続いてしまうと、腸内の環境がとても悪くなります。便秘で固い便ばかりが出るような人は、腸内の水分調整が悪いということもでもあり、むくみがあると考えられます。また、冷えはお腹に限らずむくみを悪化させてしまいます。

むくみが腸に出ているのはこんなタイプ

むくみが腸にあるかもしれない、といわれても、足や顔と違って表面的に見えないむくみには気が付きにくいものです。気になる自覚症状からむくみの可能性を考えて見ましょう。こんなタイプの人は、腸にむくみが出ているかもしれません。

  • ぽっこりお腹がなかなか解消しない
  • 便秘や下痢がよくある
  • ガスがくさい
  • 腰痛が気になる
  • 頭痛や肩こりがよくある
  • ストレスが多い
  • 肌荒れが気になる
  • 足がむくみやすい
  • 冷たい食べ物や飲み物が好き

当てはまるものはいくつありましたか?日頃の体調不良の原因は腸のむくみのせいかもしれませんね。

腸のむくみを改善する4つの対策

むくみが腸に出ているかもしれないと思ったら、さっそく改善に取り組みましょう。腸のむくみを改善することで、便秘やぽっこりお腹が解消し、ダイエットにもつながります。また、全体的に体調が良くなる人も多いようです。できるところからはじめてみましょう。

とにかくお腹を温める

お腹の冷えはむくみを作ってしまう原因です。腸のむくみだけでなく足のむくみもお腹の冷えが影響することがあります。薄着の季節であっても、お腹が出ないような服装を心掛けるなど冷やさないように注意しましょう。腹巻などで工夫しながら温めてください。また、普段から冷たい食べ物や飲み物は控えましょう。お勧めの飲み物は白湯です。また、氷が好き、冬でもアイスが欠かせないという人は、根本的な原因に貧血があるかもしれません。一度、病院での診断を受けましょう。

腸をマッサージする

腸のむくみがある人のお腹はパンパンに張っています。お腹を触られるのが苦手という人に限って、むくみが出ている可能性があります。自分で触ってみて、固くなっていたり張っているような感覚があれば、マッサージをしてみましょう。おへそを中心に、時計回りにぐるぐるなでます。右下の方から、少しずつもみほぐしていきましょう。特に固くなっているところは、押すだけで痛みを感じるかもしれません。痛い場所は優しくほぐしていき、時間をかけてコリをとりましょう。人によっては腸のマッサージ後に下痢をする人もいます。これは腸が動き出した証拠です。ただし、あまり腸を強く押しすぎると、腸炎を起こすことがありますので注意してください。あくまでも優しくマッサージをしましょう。

乳酸菌を摂る

むくみが腸に出ているなら、お腹の中からの対策も行いましょう。悪玉菌が増えると、腸のぜん動運動が悪くなってしまいます。老廃物の排泄に時間がかかってしまい、腸に毒素がたまってしまうのです。腸のむくみ改善のためには善玉菌を増やすことが大切です。そのためには乳酸菌を摂るようにしましょう。ヨーグルトなどの乳酸菌もよいのですが、漬物や味噌などの発酵食品の効果も高いといわれています。乳製品はアレルギーのリスクも高いため、普段の食事でとりやすい発酵食品を利用しましょう。

食物繊維をしっかり摂る

乳酸菌を摂っても、腸内で育ってくれる環境がなければあまり意味がありません。腸の状態を改善するためには食物繊維も摂りましょう。特に海草類やキノコ類は食物繊維が多く含まれます。野菜ジュースでは繊維は取れません。きちんと野菜などを食べるようにしましょう。

伊藤園 1日分の野菜 900g×12本
伊藤園 (2012-03-05)
売り上げランキング: 80

まとめ

むくみといっても、腸のむくみは目に見えないため、なかなか実感しずらいかもしれません。いくらダイエットしても下腹がへこまない人は、腸むくみが原因かもしれません。腸のむくみが続くと、腸内環境がどんどん悪くなります。早目の対策を行いましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment