朝の腫れぼったい顔を治したい。寝起きのむくみと対策法

朝の空

寝起きには顔にむくみが生じることがあります。これは、主として前夜に摂取したお酒や塩分が多いことが原因となります。寝起きに生じるむくみを解消するためには、「飲みすぎ・食べ過ぎ」をしてしまった次の日の朝は早めに起きて体調を整えることが重要となります。

本稿では、寝起きのむくみが顔に現れることの原因や対処法などについてまとめています。なお以下では病気によるむくみについては触れていませんので、ご注意ください。

スポンサーリンク

寝起きのむくみは顔に出る!

寝起きの男

朝、寝起きに鏡を見ると顔が膨らんでしまっている方がおられるのではないでしょうか。いわゆるむくみです。むくみは、顔だけではなく、足や手、背中やお腹など様々なところに発生することがあります。専門的にはむくみのことは浮腫(ふしゅ)と呼びます。

むくみのメカニズムは、水分が体内に貯まることにあります。つまり、摂取した水分について血管・リンパ管を経て尿に変化し、体外に排出されるというプロセスが何らかの原因で十分に取ることができない場合に、むくみが生じます。むくみは水分ですので、膨らみを押すとその部位はへこみを生じ、いかにも水がたまっているとわかる具合となっています。寝起きの顔のむくみはどうにも腫れぼったく見た目もあまり良いものではありません。

朝、寝起きで生じるむくみの場合、そのむくみの場所はほぼ顔に現れてしまいます。それは以下のような原因に基づきます。

寝起きのむくみが顔に現れる原因

寝起きのむくみは、多くの場合、顔に症状があらわれます。その原因は、以下のような理由に基づきます。

寝起きのむくみは顔に水分が溜まってしまうこと

先に述べましたように、むくみは水分が体に(厳密には細胞のあいだに)滞留してしまうことで生じてしまいます。そして寝起きの場合には、水分が顔を中心に滞留してしまうことで顔にむくみが生じることになります。

より具体的にいうと、前夜、例えば、飲み会などがあり、飲酒によるアルコールとおつまみによる塩分を大量に摂っていたとします。この場合、飲酒により水分が増えて寝起きにむくみが生じる原因となります。また、同時に、塩分を取りすぎると、塩分濃度を維持するために体に水分を保管しようという作用が生じます。その結果として、前夜に飲み会などがあり、「飲みすぎ・食べ過ぎ」があるとむくみが生じやすいこととなります(飲みす

ぎ・食べすぎは、忘年会、新年会の季節には特に注意したいものです)。
そして飲みすぎ・食べすぎで体にたまった水分は、眠って体を横にしている関係から、上半身に移動することとなります。その結果として顔が膨れてしまい、寝起きのむくみが生じることとなります。

このようにして、寝起きのむくみが顔に生じるのは、前夜に摂取した水分のうち、体外に排出処理されないものが顔に上がってきてしまうことが原因となります。

もちろん、寝起きのむくみが顔以外に指や足に生じる方もおられます。しかし、寝起きのむくみの場合には、多くの場合、顔に症状が出ることとなります。

寝起きの顔のむくみを改善するためには

このようにして寝起きの顔のむくみの原因は、前夜摂った水分が体に残ってしまっていることにあります。では、忙しい寝起きの朝にむくみを摂るためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

寝起きのむくみを解消するためにおすすめすることができる方法としては、翌朝早く起床するという方法です。寝起きですぐにむくみを治すことは、体に負担を与えます。まず、何より早く起きてトイレを済ませたり、水分をとり排尿を促すことなどが最も重要です。そのためには、前夜の飲酒量などから寝起きのむくみが予想される場合には、1時間程度早めに目覚まし時計をセットすることがおすすめです。

そして可能であれば、寝起きにむくみがある場合には、寝起きに入浴をするようにしましょう。寝起きに入浴(あるいは熱いシャワー)することで汗をかき、新陳代謝を促します。
このように、飲みすぎてしまった・食べすぎてしまったことによる寝起きのむくみが予測される場合には早めに起きて、規則正しいリズムを取ることが大切です。ただし、寝起きに入浴されることは、高血圧症の方は控えてください。

学校では教えない人生の秘訣
道幸 武久
サンマーク出版
売り上げランキング: 204,749

まとめ:寝起きのむくみを解消するためには

以上、本文で述べました寝起きのむくみ発生の原因と解消するためのポイントをまとめると以下のようになります。

  • 寝起きには主として顔にむくみが生じます。これは前夜に摂取した水分・塩分等が多い場合、細胞のあいだに水分が滞留するとともに、睡眠中に横になるため滞留した水分が上半身に移動してくることが原因です
  • 寝起きのむくみを解消するためには、翌朝、1時間程度早めに起きることが効果的です。早めに起床して水分を取るなどして排尿を促すこと、入浴をして汗をかくことなどが寝起きのむくみを解消するためには効果的です。ただし、高血圧症の方は、早朝の入浴・シャワーをされる際には極力ご注意ください

寝起きのむくみは、前夜にお酒や塩分が含まれた食べ物の摂取を控えることで回避することが可能となります。寝起きのむくみを避けるためには、飲み会などのでの飲酒・食事の量に配慮することも重要となります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment