捻挫とむくみの関係と対策

女性の足

ちょっとした拍子に転んでしまった時や、自転車で転んでしまった時など、足を捻挫してしまって痛い思いをされたことがあるのではないでしょうか。

ところが、この捻挫が全然良くならなくていつまだたっても痛い場合があります。流石に私も歳かな―、なんていってる場合じゃないですよ。実はその捻挫の治りの悪さは、「足のむくみ」のせいかもしれないんです。本記事では、足のむくみと捻挫との関係についてご説明いたします。

スポンサーリンク

捻挫と足の組織の治り

足

捻挫とは、「関節に関節の許容範囲以上のちからが加わった時に起きる損傷の一つ」です。

足首はとくに可動範囲が狭いのにケガし易い箇所であり、捻挫を起こしやすい箇所のひとつに数えられます。

捻挫と同時にできる足の腫れは、打撲等の衝撃によって細胞やリンパ管が損傷をおこし、リンパ液が大量に細胞間にあふれ出して起こるものです。リンパ液などの圧力がバランスを取り戻すまでその状態であることで、細胞を修復するのです。腫れはつまり、リンパ液があふれ出て起こるのですね。

捻挫をすると氷水などで冷やされる方がおおいと思いますが、打撲初期の15分間以上の冷却は、新陳代謝を大幅に低下させるため、回復が遅れると言われています。痛みが引くのでずっと冷やしている方もおおいと思いますが、実はあまり良くないのですね。

ともあれ、実はこうした腫れのメカニズムは、「細胞間にリンパ液などが蓄積して起こる」という点では「むくみ」と一緒なんですね。

捻挫した箇所が腫れ上がるのは、リンパ液の停滞によるものです。同時に発痛物質と呼ばれる痛みを感じる成分も滞留することがあります。神経や毛細血管も圧迫されるので、うずきやしびれが起こることもあります。

足が浮腫みやすい方は捻挫でも治りにくい

足が浮腫みやすい方は、捻挫の治りも遅いといわれるのは、上気のような症状のいわば極めて軽度のものが恒常的に発生しているからです。

足のむくみが恒常化している場合は腎臓などに負担がかかっている場合もありますが、このような捻挫による腫れやむくみは、腎臓のダメージは考えなくても大丈夫です。

このような年剤による、足の腫れ、そしてむくみは「損傷一日、回復三ヶ月」といわれる通り、完治までには長い時間がかかります。

捻挫を治す方法

それでは、足のむくみがヒドイ方は捻挫が治るまで長い時間我慢しなければならないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

捻挫の治療方法をしっかり守って対応すれば、大丈夫です。

捻挫のR・I・C

捻挫をした時に覚えておくべきものがRICと呼ばれる三つの施策です。

  • R=安静(Rest)
  • I=冷やす(Ice)
  • C=圧迫(Compression)

の三つです。安静にして、よく冷やし、テーピングなどでしっかり圧迫するようにということです。

安静

まず、「安静」とは痛みの部位をうごかすことなく包帯などで固定化することでうs.足首はとくにテーピングでしっかり固定して、衝撃を与えないようにしましょう。

腕の場合は三角旗やタオルで吊る必要があります。

冷やす

初期打撲を氷や冷水、冷感シップなどで冷やしましょう。捻挫初期に起こりやすい炎症を抑えて痛みを緩和します。タオルなどでくるんだりして温度を調整しましょう

15分程度が目安です。此れ以上冷やしても炎症は抑えられませんし、しもやけなどになってしまう可能性もでてきます。

圧迫する

腫れの原因となる内出血をとめるために、患部を包帯等で軽く圧迫死、腫れを抑えまあしょう。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 3,559

まとめ:むくみがひどくても、捻挫の対応をしっかりしよう

以上のRICをきっちり行うことで、足のむくみがヒドイ状態であっても、しっかり捻挫を治すことができます。

捻挫における腫れとむくみは同じくリンパ管の損傷などによる細胞の水分の溜りですのですが、そのような状態になることで細胞の損傷を回復させようとしているのですね。

捻挫の時には、氷水で冷やし、固定した上で、安静にして休養をとりましょう。

捻挫のようなケガをすると激しい痛みと同時に発熱が促される場合もあります。発熱時においては無理な動作をしないようにして、しっかりと治るまでまつことが重要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment