むくみを引き起こす薬の種類と服薬中に注意すべき3つのポイント

むくみをとる女性

体のむくみは様々な原因で起こります。むくみは体の中に多すぎる水分を溜め込んだ状態で手足や顔が腫れているように見えます。ただ腫れているように見えるだけでなく実際にむくみは様々な病気のサインとなっている場合もあります。

むくみは慢性化しやすく養分を細胞へ取り込みにくくなり、逆に老廃物を体の外へ排出しにくくなりますのでむくみの症状はさらに悪化していきます。むくみを解消するためにはむくみの原因を知り、適切な対処をしなければなりません。適切な対処をしなければ症状を悪化させてしまいます。

本記事ではむくみの原因と対処法をご紹介していきます。特にむくみと薬の関係に注目します。むくみやすくて困っている方一緒に学んで少しでもむくみを解消していきましょう。

スポンサーリンク

むくみの原因

むくみをとる女性

むくみとは血液の中の水分が何らかの原因で血管やリンパ管の外にしみだしたまま手足や顔などの皮膚下に溜まった状態です。顔や足に症状が出ることが多く顔であれば目や頬、あごの周りがむくみやすく、足であればふくらはぎなどがむくみやすい場所です。

むくみの主な原因は4つあります。

  • 同じ姿勢を長時間とる
  • 他の病気
  • 食生活
  • 薬の服用

同じ姿勢を長時間とる

同じ姿勢を長時間とることは一時的な足のむくみの原因となります。むくみを経験される多くの方が体験されている原因です。同じ姿勢とは立ち仕事を長時間することや、デスクワークを長時間することです。同じ姿勢を長時間続けることは全身の血行を悪くさせます。
全身の血行が悪くなることでむくみが起こります。

他の病気

他の病気があることによってむくみが起きることもあります。むくみがあると言うことは体のどこかで重要な病気があるというサインの場合がありますのでむくみがある場合は気をつける必要があります。むくみがなかなか治らない場合は専門医を受診しましょう。

むくみを引き起こす病気は腎臓、心臓、甲状腺の病気である場合が多く腎臓の病気では不要な老廃物や水分、ナトリウムなどが体内に溜まっていきむくみが出ます。心臓の病気では心臓から下の部分での静脈瘤を吸い上げる力が弱まることによって血液の循環が悪くなりむくみが現れます。甲状腺の病気は甲状腺ホルモンのバランスを崩しむくみを引き起こします。

食生活

むくみは食生活によって引き起こされることもあります。体内のナトリウムのバランスがむくみに影響を及ぼすからです。体の中のナトリウムイオン濃度が上昇すると体は水分を溜め込みナトリウムイオン濃度を下げようと働きます。この働きがむくみの原因となります。

ナトリウムイオン濃度を上げないためには食事による塩分の摂取に気をつける必要があります。塩分の多い食事を避け、カリウムを多く含むバナナやオレンジ、リンゴなどの果物やほうれん草、トマトなどの緑黄色野菜、ジャガイモ、豆類、海藻類などを積極的に摂取します。カリウムにはナトリウムを体の外に出してくれる働きがあります。

薬の服用

むくみは薬の服用によって起こる場合があります。風邪薬や胃腸薬、肝臓のための薬に配合されているグリチルリチンという成分は体内で作られるアルドステロンというホルモンに似た働きをします。

アルドステロンはカリウムの排出を促す働きがありナトリウムが体の外に排出されるのを妨げてしまいます。これと似た働きをグリチルリチンはしますのでむくみが起こることがあるのです。

むくみを引き起こす薬の種類と服薬中に注意すべき3つのポイント

ここまでむくみが引き起こされる原因について見てきました。ここからは特にむくみを引き起こす可能性がある薬についてご紹介し、注意すべきポイントを確認していきます。

むくみを引き起こす働きがある主な薬は次の10種類です。

  • ホルモン剤
  • 抗うつ剤
  • てんかんの薬
  • 甘草を含む漢方
  • 抗ガン剤
  • 降圧剤
  • 非ステロイド系抗炎症剤
  • 胃腸薬
  • モルヒネ
  • 利尿剤

これらの薬がむくみを引き起こすのは様々な理由があります。利尿を妨げるホルモンを分泌する成分が含まれているもの、むくみを起こすホルモンと似た作用のある物質が含まれているもの、腎臓の働きを悪化させる成分が含まれるもの、水分を細胞の中に溜めやすくする成分が含まれるものなどです。

これらの薬の使用に際して気をつけるべきポイントを3つご紹介します。

①処方された薬を勝手にやめない

薬の副作用で顔や手足にむくみが強く現れることがあります。人目も気になりますし、むくむことによってだるさも感じることがあります。しかし様々な病気のために専門医から処方された薬は勝手に止めてはいけません。

処方された薬には病気を治したり、予防したり、進行を遅らせたり様々な目的の元に使用されているからです。むくみが酷くてつらい場合は専門医に相談しましょう。

②利尿剤に注意する

利尿剤は本来使用すると余分な水分を体の外に排出させる働きがありむくみを改善するために処方される薬です。しかしながら利尿剤に頼りすぎて長い期間利尿剤を飲み続けるとむくみが酷くなる場合がありますので専門医の指示によくしたがって使用しましょう。

③食生活にも気をつける

むくみを引き起こす可能性がある薬を服用しているときは特に食事にも気をつける必要があります。食事からもむくみを引き起こす原因となる成分を摂取しているからです。食事の内容に気をつけすでに過剰になっているむくみを引き起こす成分をさらに増やしてしまわないようにしましょう。

ALINCO(アルインコ)  エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 113

まとめ:むくみを引き起こす薬の服薬中に注意すべき3つのポイント

ここまで、むくみを引き起こす薬の種類と気をつけるべきポイントについて確認してきました。最後にもう一度、むくみを引き起こす薬の服薬中に気をつけるべきポイントを見ておきましょう。

  1. 処方された薬を勝手にやめない
  2. 利尿剤に注意する
  3. 食生活にも気をつける

本記事で学んだことを活かし、むくみを引き起こす薬の服用中は体に現れる様々な症状に注意し専門医と連携をとりながら対処をしてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment