肌を傷めずに日焼けのむくみを解消する3つの方法

夏空

むくみの原因には様々ありますが、日焼けによって強いむくみが起こることがあるようです。むくみの原因が日焼けと気が付かずに無理なケアを行ってしまうと、肌を炒めることになってしまいます。

また、普段から日焼けのケアを行っているつもりでも、むくみが出るほど焼けてしまったということもあることでしょう。日焼けが原因でむくみが起きているのであれば、肌のケアと同時にむくみのケアも行いたいものです。日焼けむくみを解消させるための3つの方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

むくみが日焼けの後に起こるのは

夏空

むくみといえば、長時間同じ姿勢をとっていた時に足がパンパンになるなどデスクワーカーや、立ち仕事の販売員さんに多い症状の一つです。一般的なむくみであれば運動をすることで解消されるのですが、その時に強い日焼けを起こしてしまうと、むくみが悪化することがあります。

むくみの原因は、体内の水分調整が悪くなることで起こります。運動不足や筋力不足で血流が悪くなり足がむくんでしまったり、代謝の低下により顔にむくみが出たりします。血流の悪さや冷えなどがむくみを悪化させる原因となり、日常的にむくみを起こしてしまいます。

日焼けによって赤く腫れあがりむくみのようにパンパンになるのは、日光による火傷によって血管にダメージを起こしてしまうことで、日焼け部分の血流が悪くなり、また水分調整が難しくなるのが原因です。むくみの一種ではありますが、皮膚の表面に近い毛細血管がダメージを受けていることを理解しておきましょう。

軽い日焼けでもむくみが起こる人もいる

むくみが強く起こる人ほど、かなり強い日焼けをしている人が多いようです。これは火傷の度合いによって、ひどいダメージになるからです。しかし、それほど日焼けをしていなくても、むくみが起こる人がいます。

これは「日光過敏症」の可能性があります。日光過敏症は、特定の薬を服薬することで起こりやすく、日頃から痛み止めなどを多用しているとなりやすくなります。日焼け止めを塗っていても、ひどい腫れやむくみを起こしたり、蕁麻疹が出る人もいます。焼けやすい体質だと誤解して、自覚のない人もいるようです。日焼けは肌を傷つけ、血管を傷つける火傷の一種です。日焼けによってむくみが出る人は、自分の体質を知ることも大切です。

むくみを解消するのに日焼けの肌を痛めてはいけない

むくみ解消法として定番になっているのが、マッサージや着圧ソックスなどではないでしょうか。どちらも強い圧迫で血液やリンパ液の循環を良くしようとするものです。

しかし、日焼けによるむくみの場合、強い刺激は逆効果になります。すでに血管にダメージを受け、また、肌にもダメージを受けているのです。日焼けの肌にはこれ以上、刺激を起こさないようにしなくてはいけません。

肌を傷めずにむくみを解消し、日焼けた皮膚をいたわる3つの方法

日焼けむくみ解消法その1:とにかく冷やす

普通のむくみの場合、冷やすと悪化するので避けたいことなのですが、日焼けで起きたむくみは違います。日焼けは火傷であり、まずは冷やして患部を落ち着かせる必要があります。一般的なむくみ改善法として足湯などで温める方法がありますが、逆効果となり、むくみがひどくなることがあります。特に、赤みがひどい場所はしっかり冷やすようにしましょう。

日焼けむくみ解消法その2:しっかり保湿

しっかり冷やして日焼けの痛みが治まってきたら、とにかく保湿を行いましょう。普通のむくみで保湿をしてもあまり意味がありませんが、日焼けのむくみの場合、皮膚の表面がかなり乾燥した状態になっています。内側はパンパンにむくんでいるのに、外側では火傷した細胞から水分がどんどん蒸発している状態です。そのままにしておくと、ますます水分調整のできにくい状態になってしまうのです。

むくみを起こしているところには念入りに保湿を行いましょう。ただし、染みるような成分のものではなく、天然オイルや質の良い化粧水などを使用してください。保湿ができたら、しばらくラップで軽く巻いておくのも効果的です。ラップが保湿を手伝ってくれます。

日焼けむくみ解消法その3:悪化する前に皮膚科へ行こう

むくみがひどく、何をするのも辛いほどだったら、迷わず皮膚科へ行きましょう。日焼けは火傷だということを忘れてはいけません。甘く見ていると、意外な後遺症を作る可能性があります。皮膚が一度弱ってしまうと、代謝が悪くなってしまったり、乾燥肌になりやすくなります。赤く腫れて歩けないほどむくみが強い、日焼けしたところに蕁麻疹ができている、などの症状があれば、早期治療を始めましょう。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 5,604

まとめ

むくみは細胞への水分調整が悪くなった状態ですが、日焼けという外的要因でも起こってしまいます。血管を傷つけ、辛いむくみまで起こしてしまう日焼けは、事前に予防しておきたいですね。日頃から日焼け対策を忘れずに行うことが、むくみ予防になるのかもしれません。また、痛み止めの常用によって日光過敏症にもなりやすくなるので注意しましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment