塩分のとり過ぎによるむくみの原因と具体的な解消方法

広告ロゴ
塩

塩分の摂り過ぎはむくみの原因となります。塩分を取りすぎると主として目の周りなどにむくみが生じます。塩分摂取によるむくみを予防・解消するためには、円分の摂取を減らすことよりも塩分排出を促進するカリウムなどを多めに摂ることが現実的な方法としておすすめできます。

スポンサーリンク

塩分の摂り過ぎはむくみの原因

顔

むくみは、血管から染み出た水分が細胞のあいだにたまってしまうことで発生します。むくみは、健康に良くないだけではなく、むくんでしまった状態は美容の観点からもあまり良いものということができません。

むくみは腎臓や心臓などの重大な病気が原因でない場合には、様々な生活上の工夫によって解消することができます。とりわけ、塩分の摂り過ぎはむくみの大きな原因となりますので、塩分の摂り過ぎを予防すると同時に塩分を体から排出する食べ物を摂ることなどがポイントとなります。

塩分の摂り過ぎとむくみの症状など

塩分を摂りすぎると、むくみの症状はまぶたのあたりに生じるのが特徴的です。ほかのむくみの原因としては、立ちっぱなしなどがありますが、立ちっぱなしの場合には足にむくみが生じることになります。また、心臓疾患などでむくみが生じる場合には足から始まり、全身にむくみが生じるという特徴があります。

これに対してもっぱら塩分の摂り過ぎがむくみの原因の場合には、目の周りにむくみの症状が発生することが特徴です。

一般に望ましいとされる1日の塩分摂取量としては、男性が1日9g未満の塩分が、女性は1日7.5g未満の塩分の摂取が望ましいと言われます。しかし外食を中心とした食事を摂っていると、12g程度の塩分摂取量となってしまい、むくみの原因となりやすくなります。

しかし、忙しい毎日の生活や外食メニューの味付けの濃さからすれば、塩分摂取量が多くなってしまうことはある程度やむを得ないということが言えます。そこで、塩分によるむくみを解消・防止するためには、塩分の摂取自体を抑えるように努力するとともに、塩分の排出に効果的な食物をとることなどが重要となります。

塩分排出に効果的な食べ物や生活習慣

塩分の排出には、カリウムを含んだ食べ物を摂取することが効果的です。そこで塩分の排出を促す食べ物としてカリウムを含んだ食べ物を摂ることを意識することで、むくみを防止・解消することにつながります。

塩分を排出するカリウムを含んだ食べ物としては、以下のようなものがあります。

まず、野菜としてトマトやきゅうりがおすすめできます。トマトやきゅうりには、カリウムがたくさん含まれているため、塩分排出には効果的です。

次に、果物もカリウムが多いので、塩分を輩出し、むくみを解消するためには効果があります。ただ、果物の場合、体が冷えてしまうので血流が悪くなり、塩分の摂り過ぎとは別な理由でむくみがひどくなる場合もあります。そのため、果物の摂取はむくみ体質の方は、控えたほうが良いということができます。

さらに、塩分を排出するという意味ではありませんが、食物繊維が多く含まれる食品を摂ることもむくみ解消のためには効果的です。食物繊維は、便秘の解消につながります。便秘解消により、排泄がよくなればむくみも解消されます。そのためごぼうやレタスなどを食べることもおすすめできます。

その他、適度な運動をすることやストレッチをして体を動かすことも全身の血流を良くしてむくみの解消に効果的です。

このように食べ物に配慮して塩分の排出量を増やすことや運動をして血流や新陳代謝をよくすることがむくみの予防・解消には効果的ということができます。

もちろん、塩分の摂取量自体を減らすこともむくみを防止する上では効果的です。例えば、インスタント食品やファーストフードを控えることなどがむくみ体質の方にとってはおすすめすることができます。日常から塩分を控える習慣をつけることがむくみの解消には重要な生活リズムということができます。

まとめ:塩分とむくみ解消についてのポイントのまとめ

以上、本文で述べました塩分摂取を控えることなどによるむくみの予防・解消のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • むくみは病気などの場合を除けば、塩分の摂り過ぎが大きな原因として挙げることができます。
  • 現在の外食メニューの味付けや外食に頼らざるを得ない生活環境からすれば塩分摂取を減らすことでむくみを予防・解消することはやや難しい面があるということができます。そこで、塩分の排出を促進する食べ物を摂取することで塩分摂取によるむくみを防止・解消することが考えられます。塩分を排出する食べ物としては、カリウムを多く含む野菜としてトマトやきゅうりなどがおすすめできます。果物もカリウムは多いものの体の冷えから、血流が悪くなりむくみの原因となり得るので、果物はむくみ解消のためには控えたほうが良いということができます
  • 日常生活の中でインスタント食品やファーストフードなどの塩分が強い食べ物を控えること自体によってむくみを防止・解消するということも重要と言えます。また、適度な運動をすることなどもむくみ解消には効果があります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。