季節で長期保存したい毛布の賢い収納アイデア

タンス

寝具の収納は誰もが頭を悩ます問題でしょう。その原因には収納場所の確保や収納前のお手入れが大きな問題として挙げられます。毛布とてそれは同じ問題ですが、お手入れはクリーニングに出したり洗濯すればいいものの収納に関しては一体どのようなアイデアがあるのでしょうか?

今回は、様々な生活スタイルに合わせて活用できる賢い毛布の収納方法を見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

一般的な収納方法

収納と言えばどこかにしまって置くのが収納ですが、そのまま毛布をしまうのではなくちょっと工夫をすることで効率よく収納ができるようになります。まずはそのポイントから見ていきましょう。

圧縮袋を使う

見て

収納スペースを小さくする最も代表的な対策がこの圧縮袋を使った収納です。圧縮袋を使う事で本来の体積よりもかなり小さくすることができます。

ただ圧縮するだけでも押入れ以外にもベッド下や収納ボックスと合わせて収納することもできますが、ここでさらに一工夫。押入れに収納する際には棚を使って収納するとよりスペースを効率よく使う事ができます。

上に圧縮した毛布が入るスペースを確保して棚を作ります。押入れの中は意外と天井が高くできていますから、天井と棚の隙間に毛布をしまって置けば押入れはほぼそのまま使う事ができます。

布団袋を使う

布団袋を使うメリットは、押し入れにしまいやすい大きさにすることができるのがメリットです。一般的な布団袋はハーフサイズのものが多いのですが、クォーターサイズの物やもう少し小さめのサイズの布団袋を使うと、押し入れの空いたスペースにしまいやすい形にすることができます。

形をコンパクトにすることで縦型の収納をすることもできますし、長い間しまって置けるスペースを作りやすくもなります。

意外な収納方法

押し入れやクローゼットのスペースが無かったり入らなかったりした場合に、違った形で毛布を収納する方法があります。ここからはその意外な方法を紹介していくことにしましょう。

クッションとして収納する

最近ではいろいろな大きさや形のクッションカバーが販売されていますが、このカバーを使う事でクッションとして収納する方法があります。

その形には円柱状の物など立体的なものがたくさんありますし、カバーの柄やデザインも数えきれないほどありますから、インテリアに合わせてオリジナルのクッションとしても楽しむことができます。

長座布団のカバーを使えば長座布団にしたりソファーの座面に敷いたり背もたれのクッションとして使う事もできますし、木製のダイニングチェアーに背もたれとクッションが欲しい時にはこの方法で毛布を利用することができますから、一石二鳥の収納方法というわけです。

布団袋を使った収納

クッションの代わりとして使う収納方法のほかにも、生活用品の一部として使う事の出来る収納方法があります。その方法とは毛布を他の布団と一緒に布団袋に入れてソファーにするというものです。

布団袋にもいろいろありますが、最近ではエアソファーとして使える布団の収納袋があります。素材も非常に丈夫にできていてフカフカの感触が特徴ですので、休日のくつろぎのひと時にとても便利なアイテムに変身させることができます。

どうしても収納場所が確保できない時には、クッション代わりに利用する収納方法と同じくインテリアの一部として楽しむことができるというわけです。

日用品の型崩れ防止に

お気に入りのちょっと大きめのバッグなどを収納する際に、型崩れしてしまわないように中に詰物をすることがあります。この詰物の代わりに毛布を使う事で無駄なく収納することが可能です。

バックなどの大きさや毛布のサイズにもよりますが、例えば使う頻度が少ないスポーツバッグに畳んで巻上げた毛布を入れておくことでバッグの型崩れを防ぐと同時に毛布を収納しておくことができます。

他にもスーツケースに収納することもできますし、キャリーバッグの詰物代わりに毛布を収納しておくことでわざわざ収納スペースを確保しなくても済むようになります。

バッグやスーツケースに収納することで、収納期間中に汚れてしまったりすることを防ぐことができますし、最近のおしゃれなスーツケースやキャリーバッグの中には素材に生地を使っているものもありますから、いざ使いたいときにシワが寄っていたり歪んでいたりしてはとても切ないものです。そんな型崩れ防止にはもってこいの収納アイデアだという事が言えるでしょう。

まとめ:毛布は自分の生活環境に合った収納を

一言で収納と言っても様々な方法があることがお分かり頂けたと思います。毛布の収納の一番のポイントは、ただ単に収納しておくのではなく、自分の生活環境に合わせた収納の仕方をすることで、わざわざ収納スペースを確保したりするのではなく違う使い方で邪魔にならないようにするというところにあるのです。

人それぞれ生活環境もスタイルも違いますが、思い切ってインテリアや他の用途にしてみることで意外にも嬉しい誤算があるかもしれません。気になる方法がありましたら、ぜひお試しいただくことをお勧めして今回の紹介とさせていただきます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment