家庭での毛布の洗濯で使う洗濯ネットの選び方

広告ロゴ
ネット

日頃よく使う寝具や衣類のお手入れは欠かせないものですが、毛布もそのお手入れには気を使うものですね。純毛を使っているような高価な毛布はクリーニングでお手入れする人も多いですが、家庭で洗う事の出来る毛布ならできればクリーニングで費用をかけずに家で洗いたいと誰でも思う事でしょう。

家庭で毛布を洗濯するときには専用の洗剤や柔軟剤を用意したり洗い方のポイントを押さえて洗濯することで上手に洗う事ができますが、洗濯機での毛布の洗濯には洗濯ネットを使って洗うといいとされています。

では、なぜ洗濯ネットを使うといいのでしょうか?また毛布の洗濯に適した洗濯ネットとはどんなものなのでしょうか?今回は、毛布の洗濯に使う洗濯ネットについて学んでいきましょう。

スポンサーリンク

洗濯ネットを使った方がいい理由

毛布の洗濯でネットを使った方がいい理由とはどんな事からそう考えられているのでしょうか?まずはその理由から見ていきましょう。

毛布を傷めない

ガッツ

毛布の洗濯を洗濯機で行う場合には、どうしても洗濯槽の羽に毛布が当たったり擦れたりしてしまいます。浴槽などで直接手洗いをするのであれば自分で洗う加減をすることができますが、洗濯機ではどんなに手洗いモードや毛布モードにしてもそれを避けることはできません。

もちろん、最近の洗濯機はその辺のこともよく考えて作られていますが、それでもなるべくその可能性を減らすに越したことはありませんよね。

水の中で毛布を洗っている時には、最初どれだけ形を整えて洗濯槽に入れても洗っているうちに必ずほどけてきます。このような考えから洗濯ネットを使った方がいいと考えられる一つの理由になっているわけです。

洗濯機を傷めない

毛布が洗濯機の中でほどけてしまうと脱水時には偏ってしまいます。すると、脱水をかけたときにバランスが崩れて洗濯槽がガンガンと当たってしまう事になります。衣類の洗濯でも偏りを直したら音が鳴らなくなったという経験をしている人は多いのではないでしょうか?

このように洗濯機に負荷がかかってしまうと、洗濯機にとっては当然良い事ではありません。洗濯機がもしどこか痛んでいたとしたら、その洗濯機で洗う衣類や毛布なども傷んでしまう事につながりかねません。

毛布の大きさや形に合った洗濯ネットを使う事で、このような現象を避けることができるのも洗濯ネットを使った方がいいとされる理由の一つとされています。

どんな洗濯ネットがいいの?

では、実際にどんな洗濯ネットを使って洗うと良いのでしょうか?具体的におすすめされている洗濯ネットの種類について見ていきましょう。

付属している洗濯ネット

毛布のお手入れを考えて毛布に洗濯用のネットが附属しているものがあります。このような付属品のネットは洗濯機で洗う事を想定して作られていますので、毛布のお洗濯にはもってこいのものが多いです。

毛布の素材を傷めないようにする工夫がされていることが多いですので、もし付属しているネットがあるのならぜひ活用するといいでしょう。

また、洗濯機そのものに毛布などの多きものを洗濯する際に使う事ができるネットが附属している場合もありますから、このようなネットを使う事もとてもいいでしょう。もし、このネットではちょっと不安があるのであれば、毛布用のネットに入れてから洗濯機に付属しているネットに入れても大丈夫です。

もっとも洗濯機に付属しているものであればその洗濯機で洗う事に関してはまず問題がないと考えられます。

立方体の洗濯ネット

毛布や洗濯機にネットが附属していない場合や附属されているものではちょっと不安だという場合には、立体的なネットを使うといいでしょう。ただし、いずれのネットを使うにしても平面状のネットは好ましくありません。

先ほどネットを使った方がいいとされる理由でも説明しましたが、洗濯槽の中で毛布が偏ったりしてしまうとあまりよくありません。立体的な形のものを使う事で偏りを避けることが可能になります。

また、立方体のネットは折りたたんだ毛布を入れやすいというメリットもあります。平面のネットでは毛布を入れにくいですし、せっかく畳んで入れても崩れてしまいます。あらかじめ毛布を畳んだ大きさで洗濯槽に無理なく入るサイズの物であればその分上手に毛布の洗濯をすることができます。

円柱状の洗濯ネット

最近は洗濯槽の形状に合わせた円柱状の洗濯ネットがとても多く販売されています。毛布に限らず様々なものが家庭用の洗濯機で洗濯できるようになってきているからですが、円柱状の洗濯ネットを使う事で毛布にも洗濯機にもかかる負担を減らすことができます。

円柱状の洗濯ネットを使う時には、毛布は畳むのではなくネットの大きさに合わせて巻上げるといいでしょう。この時に強く巻上げてしまうとせっかく洗ってとれた汚れが毛布の生地の間から出てこれませんのでふんわりと巻上げるのがコツです。

洗濯ネットの形に合わせて毛布を畳むことでも洗い上がりは変わってきますので、ぜひ参考にしてみていただければと思います。

apex 筒型ガードネット・大物用
ダイヤコーポレーション (2008-04-28)
売り上げランキング: 5,362

まとめ:毛布は洗濯ネットに入れてから洗濯機へ

面倒だからといった理由で洗濯ネットを使わずに洗濯機で毛布を洗ってしまう方も随分いるようですが、毛布や洗濯機を長持ちさせたいのであればやはり洗濯ネットを使うべきでしょう。

毛足が長い毛布であればなおさらその生地の状態で使い心地や毛布の寿命も変わってきます。せっかく清潔にして清々しい使い心地に戻すわけですから、洗濯ネットの種類に合った毛布の扱い方をして上手に洗濯をしていただければと思います。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。