洗濯機で洗える毛布の洗濯方法

広告ロゴ
洗濯

市販されている毛布には素材などの情報のほかにどのように洗濯すればいいのかが記されているタグがついていることが殆どです。この表示に従って洗濯をすればいいわけですが、素材によってもの洗濯の方法は変わってきますし、無理やり洗濯機で洗ったら傷んでしまったというような間違えた洗い方をしてしまうと、せっかくお気に入りの毛布がダメになってしまう事があります。

では洗濯機で洗える毛布の間違いのない洗濯方法とはどんなものなのでしょうか?今回はその内容について、ポイントを踏まえて紹介していくことにしましょう。

スポンサーリンク

洗濯機で洗える毛布とは

では、初めに洗濯機でも洗える毛布はどんな毛布なのか見ていくことにしましょう。

洗濯機を使わない方がいい毛布

ダメ

高級毛布として分類される純毛の毛布は実は洗濯機での洗濯は向きません。ウールやカシミヤ、キャメルなどの素材からできている毛布はそれだけデリケートなものなのです。

これらの毛布をもし家庭で洗う場合には洗濯機を使わずに手洗いすることをお勧めします。また、その洗い方にも十分注意が必要です。素材に合った洗剤や柔軟剤を使用することや洗い方やすすぎの仕方、干し方に至るまであらゆる注意が必要になってきます。できればクリーニングに出すことが望ましいと言えるでしょう。

また、毛布についている商品タグには洗濯方法の表示が記されているものがあります。このタグに水洗いができない表示があるようであれば、確実にクリーニングに出すことをお勧めします。

洗濯機で洗える毛布

植物繊維や化学繊維からできている毛布は洗い方のポイントさえ押さえておけば簡単に家庭でも洗濯器を使って洗う事ができます。

動物素材の繊維からできている毛布は洗い方ひとつでち縮んだり傷んだりしやすいですが、綿やアクリルやポリエステルなどの繊維からできている毛布は縮みにくく傷みづらいです。洗い方・干し方などのポイントを押さえておけば、クリーニングさながらの仕上がりにすることだって可能です。

洗濯機で毛布を洗ってみよう

洗濯機で洗える毛布と言えど、そのポイントを知っておく必要があります。このポイントをしっかりと掴んで、失敗のない洗濯をしたいですね。

洗濯方法の確認

先ほども少し触れましたが、取扱のタグに洗濯方法が記載されているかどうかを確認しましょう。確認の内容は水洗いが可能か・水温は何度までか・アイロンが使えるか・ドライクリーニングは可能か・洗剤の種類は何か、この5つが大きなポイントになります。

特に洗剤は間違ったものを使用すると毛布にダメージを与えることになってしまいますからちゃんと確認しておくようにしましょう。

さらに洗濯機で洗えるサイズかどうかも見ておきましょう。毛布を洗濯するときにはロールケーキのように巻くか小さく折りたたんで洗うかのいずれかになりますが、どちらも洗濯ネットに入れて洗濯槽に入る大きさであれば大丈夫です。

もし洗濯機に入らないようであれば、浴槽などを使って同じ要領で洗濯するといいでしょう。洗濯機に入らない場合でも、手で押し洗いをするようにして洗えば大丈夫です。ただし、強くもみ洗いをすると型崩れが起きたり縮んだり傷んでしまったりすることもありますので、洗い方は丁寧に優しく洗う事が大切です。

手洗いの場合にも濯ぎはたっぷりの水で十分に行いましょう。洗剤や柔軟剤が残らないようにしっかりと手で押すようにしてすすいでいきます。この時も強く洗いすぎないように気を付けるのがポイントです。

洗濯機で洗う

適度なサイズに巻上げるか折りたたんだら、洗濯ネットに入れましょう。

ここで最も重要なポイントが洗濯コースの選択です。必ず手洗い毛布あるいはおしゃれ着など、デリケートなものを洗うコースを選択しておきましょう。

毛布に合った洗剤と柔軟剤をセットしたら、洗濯します。あらかじめ確認しておいた毛布に使えるものを使うのもポイントの一つです。

毛布を乾かす

洗濯が終わったら、洗い上がりの毛布を乾かします。毛布を干すときはなるべく重ならないように大きく広げて干すのがコツです。

物干し竿が2本ある場合には、2本にまたがせて干すといいでしょう。しっかりと空気にさらして乾かすことで毛布表面の起毛がふっくらと仕上がります。

さらに、天日にさらして乾かすと防菌防虫効果が高まりますので、天気のいい日には是非外に干すようにするといいでしょう。

毛布が乾いたら、取り込む前に軽く毛布をポンポンと叩いておきましょう。こうすることでより起毛がふっくらとして肌触りがよくなります。

まとめ:洗濯機で毛布を洗う時のポイント

最後に、もう一度洗濯機で毛布を洗う時のポイントや注意点をまとめておきましょう。ポイントを守って選択をすれば、新品さながらの使い心地にすることもできますから、ぜひこのポイントを押さえておくようにしましょう。

  • 水洗いが可能かどうかなどタグを確認しておく
  • 使える洗剤の種類を確かめる
  • 毛布は洗濯機に入るサイズに巻くか畳んでおく
  • 洗濯ネットに入れて洗う
  • 洗濯コースは毛布コースか手洗いコースを選ぶ
  • なるべく大きく広げて干す
  • 乾いたら取り込む前に軽く手でたたく

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。