いらない毛布は捨てずに寄付しよう!毛布はこんなに役立ちます。

広告ロゴ
毛布犬

毛布や布団の粗大ゴミが、日本では一番多い事を知っていますか?粗大ゴミに出せば、地球を汚すゴミとして扱われる物が、寄付をする事によって再度役に立てる事ができます。自分で出来るエコリサイクルとして、ぜひ捨てる毛布があるなら寄付を考えてみて下さい。

今回は毛布を寄付して欲しい様々な団体を取り上げてみました。

スポンサーリンク

日本の粗大ゴミ事情

毛布

日本のゴミ焼却場数はダントツで世界一です。これほど多くのゴミを出し、燃やしている国はありません。一人1キログラムのゴミを毎日出しており、年間で一家庭から1~2トンのゴミが出ているのです。ごみ焼却量は、ヨーロッパの環境先進国の10倍以上で、ダイオキシン排出量も世界一です。

「燃やすとダイオキシン」、「埋めると土壌汚染」といった認識のもとヨーロッパなどの環境先進国では厳しい規制があります。このため、環境先進国を中心に「ごみゼロ社会」といった社会作りが、実践されるようになってきました。ごみは燃やすことで量は減りますが、それでは、根本的な解決になりません。日本のゴミ処理は、根本的に間違っているのです。

環境先進国、ヨーロッパのゴミ処理の原則で、この4Rによってゴミを大幅削減することに成功しています。日本の現在のリサイクル法は、ヨーロッパで15年以上も前に失敗した法律なのです。

4R:ゴミ処理の原則

  • REFUSE(リフューズ)やめる
  • REDUCE(リデュース)減らす
  • REUSE(リユース)再使用
  • RECYCLE(リサイクル)再利用

毛布の寄付受付先

*ワールドギフト http://world–gift.com/kihu/huton-1.html
買い替えたので古い布団(毛布)がいらなくなった」「あまり使っていない布団や毛布があるので、なるべく寄付したい」 「不用になった布団だけど、まだ使えるので捨てるのにはもったい無い」こんな方はいませんか?

古くても破れたり、酷く汚れた物で無ければ引き取ってもらえます。押入れなどに、不用になった布団や毛布類が長い間収納されたままになっていませんでしょうか?処分せずにぜひ、海外支援・社会支援のために寄付・リサイクルをして下さい。ワールドギフトではまだ使える不用品や支援物資を宅配集荷して協力企業やアジア・アフリカ等の途上国の団体へ布団や毛布などの物資を送っています。

布団や毛布は、海外に輸出される割れ物や家具等の緩衝材として、輸出コンテナ内で重宝するそうです。途上国現地で寄付やリユースに再利用されます。日本ではゴミとして何気なく廃棄されてしまう布団や毛布でも、世界には喜んで使って頂ける人々がたくさんおられます。

*NPO法人JFSA http://www.jfsa.jpn.org/iruiinfo.html
パキスタン・カラチ市の、スラム地域に暮らすのこどもたちが無料で通える学校「アルカイール・アカデミー」の運営をささえるために、パキスタンの人たちと協力して古着販売の事業を行っています。古着を出す人たちと、その古着を利用する人たちが、お互いにつながったリサイクルをすすめています。毛布、古着、ハンカチなど洗濯してあり、しみ、破れ、傷みのないものをお願いします。

*動物愛護センター
自宅に一番近い動物愛護センターを検索してみて下さい。毛布、ハーフケット、ひざ掛け、バスタオルなど多少の破れなどはあってもかまいません。洗濯済の清潔なものを寄付して下さい。犬や猫を洗ったり寝床にしいたりするのに使われます。基本的に使い捨てになりますから、いくらあっても足りないでしょう。

電話をかけて寄付したいと相談してみて下さい。 ちなみに、毎年4万匹以上の犬が引き取り手にないまま殺処分されています。もし犬や猫を飼いたい方は、ペットショップへ行かれる前に動物愛護センターへ相談してみて下さい。

*市原ぞうの国http://www.p2-pet.com/zoo/index.html
動物達が温かい冬を迎えられる様に11月あたりから寄付を募っています。洗濯していない物や、綿いりの毛布はどうぶつが食いちぎる恐れがあるため受け付けておりません。

*古着不要品交換サイト http://www.f4.dion.ne.jp/~g-and-k/kihu1.htm
ここは、様々な不要品を必要としている国を一覧で表示しています。毛布以外にも洋服、学用品、電化製品など、自宅に合って処分を考えている物があったら、捨てる前にここのサイトをのぞいてみて下さい。

*日本リ・ファッション協会 http://www.refashion.jp/lab/index.html
主に古着を集めていますが、被災地活動内容のよって毛布の寄付を受付る期間があると思いますのでまずは問い合わせてみて下さい。

まとめ

毛布や布団は日本では一番多い粗大ゴミです。日本は先進国の中で最もゴミを多く出す国です。リサイクル出来る物はなるべく寄付してゴミを減らす努力をしましょう。タオルケットなどの綿素材の毛布なら、動物病院や動物保護団体が喜んで引き取ってくれるでしょう。必ず清潔で洗濯した物を寄付する事は、常識です。自分が貰って嬉しい状態で相手に寄付してください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。