新生児を沐浴させてあげる時のポイント

赤ちゃん

新生児の沐浴はスピーディにしてあげることが大切です。新生児は体温や体内の水分料の関係などから、ぬるめのお湯で沐浴をさせてあげることや水分を補給してあげることなど様々な配慮をしてあげることが大切です。本稿では新生児の沐浴のポイントをまとめました。

スポンサーリンク

沐浴の基礎知識

赤ちゃん

沐浴とは、生まれたばかりの赤ちゃん、つまり新生児をお風呂に入れてあげることをいいます。お風呂に入れるといっても、通常のバスタブでは溺れてしまう可能性があるほか、新生児は抵抗力が低いために細菌に感染してしまう可能性があることから新生児専用のバスタブ(ベビーバス)に入れてあげます。これを沐浴といいます。

沐浴をしてあげる時期は、おおむね、新生児が生まれてから、生後1ヶ月半頃の時期までが望ましいということができます。

沐浴は新生児の清潔を保つためにとても大切です。新生児は非常に新陳代謝が良く、汗をかきやすいために、あせも・湿疹がすぐにできてしまいます。そこで新生児は沐浴をしっかりとさせて清潔を保つことがとても大切となります。暑い季節は、可能であれば沐浴の回数は1日1回に限らず、2回程度してあげてもよいでしょう。

沐浴をすることで親子のコミュニケーションになるという精神的な効果も期待することができます。沐浴は新生児と親御さんとの身体の触れ合いを通したコミュニケーションです。言葉にすることはなくとも、沐浴を通して新生児と親御さんの間にコミュニケーションは成立しています。

もちろん、沐浴をしてあげるのはお母さんであることは全く必要ではありません。お父さんも新生児の沐浴をしてあげることで父子間のコミュニケーションにもなります。

沐浴のポイント

新生児を沐浴させる際には以下のような点に配慮してあげることが大切です。

沐浴前に着替え等はすべてそろえておくこと

新生児は非常に新陳代謝が激しく、体温のリズムも独特のものです。そのため、新生児は沐浴の際に直ぐにあったまってのぼせてしまう反面、湯冷めもしやすいという特徴があります。湯冷めをすれば風邪をひいてしまうことにもつながりますので、新生児の脱衣・着衣はスピーディにしてあげることが大切です。

新生児の沐浴の際の脱衣・着衣をスピーディにするためには、沐浴前にあらかじめ、着替え等をすべて用意してから沐浴を始めるということが効果的です。特に冬場などは湯冷めをして風邪をひかないように着替えを用意してあげる必要性はとても高いということができます。

具体的にはベビーベットがある部屋を暖めておき、着替えをあらかじめ用意しておくなどの方法がよいでしょう。

お湯の温度は39度前後

沐浴の際のお湯の温度は39度程度が望ましいと言えます。大人にとっては少々ぬるいお湯になりますが新生児の子にとっては、39度前後がちょうどいい温度です。沐浴に慣れてくれば、手で触れただけで適温かどうかがわかってくるようになりますが、はじめは湯温計を利用して温度を計ることがよいでしょう。

なお、沐浴剤もありますので、新生児に気持ちの良い沐浴をさせてあげるために沐浴剤を
利用してあげることも良いと言えます。

あまり「長湯」はさせない

新生児の沐浴の時間は短くすることが大切です。新生児は体が小さく、体内の水分があまり多くありません。そのため、長時間沐浴をさせるとのぼせてしまいます。夏などは体を洗ってあげれば湯船に浸かる時間は数分程度、冬場でも10分以上お湯に浸からせることはあまり良くありません。

つまり、新生児を沐浴させる際には手早くすることが大切で、「長湯」をさせないようにすることが大切です。また沐浴後は水分を補給させてあげることも大切です。

目を離さない

沐浴を終えて新生児をベビーベットなどにうつした後、ベビーバスの整理などに気を取ら沐浴後の新生児から目を離してしまいがちとなります。しかし、先に述べましたように沐浴後の新生児はのぼせ具合によっては水分を補給させたり、湯冷めをしないように配慮してあげるなどが大切です。

大人であってもお風呂を出たあとは、水分を摂ったり湯冷めをしないように暖かい格好をするなどの「湯上り時の対策」をすると思います。同じように新生児でも「沐浴終了時の対策」をしたいものですが、新生児は自らそのようなことをすることができません。

沐浴後、片付けなどは配偶者に手伝ってもらうなどをして可能な限り新生児の様子を見てあげることが大切です。

アップリカ 赤ちゃんの気持ち バスチェア
アップリカ (2007-10-30)
売り上げランキング: 39

まとめ:新生児の沐浴のポイントのまとめ

以上、本文で述べました新生児の沐浴のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 新生児の沐浴は、「スピーディ」にしてあげることが大切です。着替え等は沐浴を始める前に用意しておきましょう。
  • 沐浴時のお湯の温度は39度前後にすること、長湯をさせないこと、沐浴後は水分補給をさせてあげることなどが大切です。
  • 沐浴後、新生児の様子をしっかりと見てあげることができるような体制を作っておくようにしましょう

新生児の沐浴は、最初の親子のふれあいといっても過言ではないと言えます。新生児の沐浴を通して親子のふれあいを深めていかれるようにされてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment