腰痛防止のためのマットレスの選び方

広告ロゴ
寝る

好みの硬さや大きさ、デザインなどマットレスの選び方も様々ですが、腰痛持ちの方は特にマットレスの選び方には慎重になると思います。

マットレスの選び方次第で良くも悪くもなると言われている腰痛、これからマットレスの購入を検討されている方は慎重にマットレスを選びましょう。

腰痛を防ぐためのマットレスの選び方やポイントをご紹介いたします。

スポンサーリンク

理想のマットレスの選び方

ベッド

眠りは体への大切な栄養素です。理想の寝姿勢でぐっすりと快眠することは健康への第一歩、理想の寝姿勢とはどのようなものなのでしょうか?

ポイント1・理想の寝姿勢

理想の寝姿勢とは立ったままの自然な状態であると言われています。人は立っている時は頭部、頸椎、腰椎、骨盤などがバランスよく重なり合い、自然なS字がえがかれています。

寝転んだ時に硬すぎると感じるマットレスは、体の凸部が圧迫されてしまい、睡眠時に自然なS字が描かれません。また柔らかすぎると感じるマットレスは、荷重のかかりやすい腰やお尻の部分が沈みすぎてしまい、こちらも自然なS字が描かれません。結果として腰痛や肩こりが発生してしまいます。

ポイント2.・体圧分散

睡眠時に体にかかる圧力を部分的にではなく、体全体で均等に分散してくれるマットレスは体圧の分散力が高く、体の一部分だけへの負担を減らしてくれます。これは腰痛を防止するうえで重要なポイントです。

マットレスを選ぶ際には、しっかりと体を支えるサポート力と、体全体に体圧を分散する力を兼ね備えた物を選ぶようにしましょう。

ポイント3・体型で変わる理想のマットレス

腰痛を防ぐためのマットレスの選び方ですが、これは個人の体重や体型などによって変わってきます。低反発の物が腰痛に効くとか、高反発の物が良いとか、色々な事が言われてはいますが、寝る人の体型によって理想のS字を描く硬さは変わってくるため、一概にどの硬さが腰痛に効くマットレスなのかとは言い切れません。

また、首痛を防止する枕というのも、体型や使用しているマットレスの硬さによって変わってきます。やはり腰痛を防止するためのマットレスを選ぶ際には、実際に店舗まで足を運び、一度寝転んでみるのが一番良いでしょう。

実際に店舗でマットレスに寝転んだ際に3センチほどの沈みがあるマットレスは自分の体重や体型に合ったマットレスであると言われています。

腰痛防止に、マットレスの選び方のまめ知識

実際に店舗に赴いた際に、多種多様なマットレスがあるのに驚いてしまうと思います。また専門用語が多く、どんな方式のマットレスを選べばよいか迷ってしまいます。

マットレスは一般的に三層の構造からなる物が多くあります。

ソフト層

体に一番近い層になります。色々な素材が使われますが、吸湿性や放湿性に優れた素材で作られている物を選びましょう。通気性の良さは快眠の条件です、夏場の寝苦しさを解消するためにも、マットレスの選び方では大切なポイントです!

支持層

体重からの圧力を支え、スプリングに均一に伝えるためのそうです。こちらも色々な素材が使用されますが、ウレタンフォームやラテックス素材の物が一般的です。

クッション層

マットレスの選び方の中でも重要な部分です。支持層からの体圧を分散させ、体そのものを支えるコイルの入る部分です。体の動きからの揺れや振動を吸収する部分です。反発力や支持力、安定性が求められます。

クッション層に用いられるコイルの色々

ポケットコイル

有名な高級ベッドメーカーも採用するポケットコイル方式は、一つ一つのコイルをポケット状の袋に詰めて独立させたコイルです。一つ一つが独立しているため、振動が他に伝わりにくく、安定性があります。また各部分で違った沈み方をする事が可能なので、体が自然なS字を描きやすく、腰痛の防止になると言われています。

ボンネルコイル

螺旋状に巻かれたコイルが連結しています。一般的に最も祭用されているコイル方式で、通気性に優れているのが特徴です。程よい弾力とフィット感があるといわれています。

連続コイル

一本のコイルで編み続けられた方式のコイルです。振動に対する安定性と反発力に優れたコイル方式だと言われています。

失敗しないマットレスの選び方

決して安い買い物ではないマットレス、やはり失敗はしたくないですよね。マットレスの選び方を失敗してしまうと、お金が無駄になってしまうだけでなく、腰痛や首痛を悪化させる原因になってしまいます。

やはり腰痛防止に良いマットレスを購入したい方は、専門店へ行きカウンセラーと一緒に、自分にあった理想のマットレスを選ぶようにしましょう。

理想のマットレス選びは、健康への第一歩です!

腰痛防止、マットレスの選び方のまとめ

  • 腰痛防止のためのマットレスの選び方、ポイントは自然なS字を描いた寝姿勢と体圧分散力、また人によって理想の硬さが変わるという事。
  • 実際に店舗へ行き、色々なコイル方式のマットレスや反発力の違いを試してみるのがお勧め!

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。