整形外科枕の特長と東京近辺にある枕外来のある病院

広告ロゴ
病院

「整形外科枕」をご存知でしょうか。テレビやネットで最近話題になっていますが、個人個人にもっともフィットする枕を「枕外来」のある整形外科でオーダーして作ってもらうことができるのです。「16号整形外科」を神奈川県相模原市で開業されている山田朱織先生がこの道の第一人者ですが、本記事では、この整形外科枕の特長と東京近辺にある枕外来のある病院について紹介いたします。

スポンサーリンク

正しい「枕」の条件とは何でしょうか

はてな

人間は起きている間、頭部の重さ(平均7~8kg程度)が首にかかっています。就寝中や横になって寝て休んでいる間だけ、首が休められているということになります。首を適切に休ませる状態にするために枕を最適な形、サイズにする必要があります。また、むち打ち症や頸椎椎間板ヘルニアなどの病気を患っている人にとっても適切な枕を使用することは重要な治療の一環となります。

また一般の方でも、肩こり、手のしびれ、頭痛、などの症状や、寝心地が悪くて十分に睡眠がとれないといった症状の場合、枕が不適切である可能性が高いと言えます。適切な枕を使用することにより、これらの症状を改善できる可能性があります。

 正しい「枕」の条件については、下記のように考えられています。

  1. サイズが適合すること:枕の最適な高さには個人差があり、最適な数値はただ一つなのです。
  2. フラットな構造:素材と形状が重要で、沈み込むような素材は首に負担がかかるのでよくありません。フラットな形状で、最適な高さが保たれるような構造でなければいけません。
  3. メンテナンス:使用していくうちに枕は変化していきますので、それに対応したメンテナンスが必要です。

オーダーメイドの枕が良い理由は何でしょうか

「サイズの適合」が重要だということを述べましたが、人は身長、体重、肩幅、顔の大きさによって、最適な枕が異なります。中でも「高さ」は特に重要で、誤差を最小限に抑えることが必須です。一般の枕売場には決まった高さ、形状の枕しかありませんから、自分に最適なものが見つかるとは限りません。ですので、枕はオーダーメイドで作製すべきなのです。

しかし、オーダーメイドで枕を作製したけど、合わなかったという方もいらっしゃると思います。こうなってしまった場合、作製する際の計測の指標に問題があったと考えられるのです。

正しい計測が行われる枕外来のある医院

山田朱織枕研究所のサイトで正しい計測の流れが紹介されています。山田朱織先生の枕研究所は、オーダーメイド枕作製の第一人者と言えますが、現在は、WEB予約か往復はがきでの予約しかできません。また、同ホームページには全国の提携医院の紹介もされています。東京および近辺の枕外来のある医院等は下記のようになっています。

  1. いのもと整形外科 (茨城県坂東市)
  2. 五十嵐整形外科医院(埼玉県本庄市)
  3. はにゅう整形外科
  4. (埼玉県越谷市)

  5. 朱クリニック(東京都葛飾区)
  6. 有栖川整形外科 (東京都港区)
  7. かんリウマチ・整形外科クリニック (神奈川県逗子市)
  8. 東京中央メディカルクリニック (東京都中央区)
  9. 坂本鍼灸接骨院 (東京都江東区)
  10. また、山田朱織枕研究所の直営計測所は下記になります。

  11. 神奈川相模原計測所
  12. 東京有楽町出張計測所

一般的な計測と作製の流れについて

カウンセリング

いびきをかいたり、寝つきが悪い、肩凝りが解消しない、などの睡眠の悩みについて聞き取りを行います。

素材選び

中身の素材について、硬め、柔らか目など、好みに応じて選択します。

身体計測

まず、横向き寝の時の計測をします。側頭部・頚椎部・肩の順に3箇所の高さを計測します。次に仰向きで寝た時の姿勢を計測します。力を抜いて立った姿勢=正常立位姿勢での頭のてっぺんから足元までの背面を全身測定していきます。

作製と試用

計測したデータをもとに高さを調節しながら作製し、試用してみて微調整します。

メンテナンスなど

枕は、購入後の適切な使用方法だけではなく、定期的なメンテナンスが重要になります。オーダーメイド枕を長期にご使用頂くために、医院とよく相談をするようにしましょう。
また、睡眠時の姿勢は、枕だけではなく、他の寝具(敷蒲団、掛蒲団)および温度・湿度などの睡眠環境で決まります。それらについてのアドバイスや、椅子に座る際の姿勢、テレビやパソコンに向かう姿勢、椅子の座り方、腰痛対策に良い日中の姿勢などについてのアドバイスを受けるようにします。

枕革命 ひと晩で体が変わる (講談社プラスアルファ新書)
山田 朱織
講談社
売り上げランキング: 121,268

まとめ:

本記事では、整形外科枕の特長と、枕外来のある東京近辺の医院についてまとめてみました

  1. 正しい枕のサイズや形状は個人で異なりますので、整形外科や専門の枕外来がある医院等でオーダーメイドするのが正しい方法です。
  2. しかし、計測を正しく行わなければ真にフィットする枕の作製はできませんので、専門の外来がある整形外科などを慎重に選ぶ必要があります。
  3. 山田朱織先生のクリニックをはじめ、東京近辺にも専門の枕外来のある医院は何か所か存在します。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。