枕カバーは清潔に!汚れが招く4つの症状とタオルで作る方法

広告ロゴ
作る

あなたはどんな枕カバーを使っていますか。タオル地、ガーゼ生地、シルクと様々な種類の枕カバーがありますね。デザインもシンプルなものからオシャレなものまで。こんなにあると、どんな枕カバーを使おうか悩んでしまいますよね。

そこで、今回オススメしたいのは、タオルを使った枕カバー。

枕カバーというと、服などと違って汚れが目立ちにくいため、洗濯への意識が薄くなりがちです。しかし、汚れているように見えない枕カバーも、雑菌の温床になっています。汗をかきやすい子供やストレスの多い成人男性は分泌物も多く、枕カバーもすぐに汚れてしまいまうでしょう。

そこで、本記事では、枕カバーの重要性やタオルを使った枕カバーについてご紹介していきます。これから汗のかきやすい季節になります。枕の匂いにげんなりする前に、枕カバーについて考えてみませんか。

スポンサーリンク

枕カバーを変えないと

洗濯

毎日タオルを洗濯する人でも、そこまで多い頻度で枕カバーを洗濯していないのではないでしょうか。ちょっと数時間寝ただけだし…、別に汚いものをのせたわけじゃないし…。

あまり知られていないようですが、頭皮には多くの皮脂腺があります。皮脂の分泌量は多いうえに汗で湿気もこもっています。このような環境は、雑菌の繁殖にはもってこいなのです。

雑菌の繁殖が増えると、次のような4つのケースが発生しやすくなります。

加齢臭
男性の加齢臭対策というと、消臭スプレーを脇に塗ったり耳の後ろを拭いたりすることが有効とされていますが、それだけでは足りません。加齢臭の原因にもなる脂肪酸は首だけではなく頭皮からも分泌されています。枕カバーを洗わないことで枕の雑菌が増え、加齢臭を酷くしてしまいます。

ニキビ
枕カバーやタオルは直接肌に触れるもの。いくら洗顔や肌ケアを一生懸命したとしても、長時間触れる枕カバーが汚れていると意味がありません。ニキビが気になる人は、まず直接顔の触れる枕カバーやメイクのパフを清潔にすることを心がけましょう。

薄毛
夜は毛髪が成長しやすい時間。どんなにシャンプーや洗髪を頑張っても、枕が汚れていたら頭皮は雑菌の温床となります。人は睡眠時にコップ一杯の汗をかくと言われています。どんなに頭皮をしっかり洗っても、汗と皮脂にまみれた枕カバーを使い続けることで雑菌が繁殖し、毛穴のつまりを誘発してしまいます。

アレルギー
ダニやほこりといったハウスダストでアレルギーをおこす危険性があります。しかし、寝具の洗濯についてはあまり重視されていないようです。アレルギー対策に掃除機をかける、寝具やまくらを干す、布団乾燥機をかけると答えた人が大多数の中、「シーツや枕カバーの洗濯を週1回以上する」と答えた人が全体の3分の1しかいなかった、という調査もあるくらいです。

しかし、洗濯していない枕カバーには、ダニの餌となる雑菌や汚れがウヨウヨしています。口や鼻のような粘膜に近い部分に、アレルギーの原因になるフンや死がいが多いと、アレルギーが出やすくなります。

タオルで枕カバー

寝具が不潔だと体の調子も悪くなります。そこで、毎日洗えるタオルを枕カバーにしていきましょう。テンピュール枕には元々カバーがついていないから枕カバーはいらないと思っている人もいるようですが、やはり使用していくほうがよいでしょう。枕カバーには頭皮を清潔に保つと同時に、枕本体の汚れを防ぐ効果があるためです。

それに、枕カバーのシミや匂いにもすぐ対応できます。洗濯は汚れがついてすぐだと落ちがいいので、こまめに洗えるタオルは大活躍です。もし匂いが気になるようなら、重曹や漂白剤に少し漬け込んだり、汚れの気になる部分に固形石鹸をこすり付けてから洗濯をするといいですよ。

また、タオルのズレが気になる人はこのような対策をしています。

  • バスタオルで巻く
  • 両端を安全ピンでとめる
  • 両端を縫う
  • 綿の多い、滑りにくい生地を選ぶ

大判のタオルの両端をミシンで縫って裏返して枕を入れるといった、本格的なタオルカバーを作る人もいるようです。好きなタオルの柄を枕カバーにしても楽しいですね。

タオルで枕まで

枕までもタオルで作ってしまう、という手段もあります。あなたのお使いの枕がどうも合っていないということであれば、一度試してみる価値はあるでしょう。

大判のバスタオルを2つか3つに折って端を丸めていきます。自分の首のカーブとちょうどいい高さで止めて、上から違うバスタオルを乗せたら完成です。

高さが足りないと思ったら、タオルを追加して調整してみてくださいね。寝ているとき横を向くので、左右が少し高くなっているとより寝やすいでしょう。

枕カバー ピローケース タオル地 日本製 (チョコブラウン)
タオルモール オルタ
売り上げランキング: 24,832

まとめ:枕カバーは清潔に

ここまでで、枕カバーの重要性やタオルを使った枕や枕カバーについてご紹介してきました。最後にもう一度、枕カバーの注意点をまとめていきます。

  • こまめな洗濯が必要(最低でも週2回)
  • 汚れがあると様々なトラブルの原因になる
  • タオルで作ると洗濯が容易
  • しつこい汚れは固形石鹸や重曹を使う
  • ズレが気になるときは、端をピンや縫って固定する
  • いっその事、枕もタオルで作る

タオルだけでなく、着なくなったTシャツを枕カバーにしている人もいるようです。それぞれ工夫を凝らしながら、寝るのも楽しいですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。