作って楽しめる手作り枕カバーの作り方と地域コミュニケーション

広告ロゴ
ミシン

手作りで枕カバーを作って楽しまれているという方は非常に多くいらっしゃいます。また、これから枕カバーを手作りで作ってみようと興味を持たれている方も少なくないかと思われます。手作りの枕カバーは、簡単なものから高度なものまでさまざまであり、作ること自体非常に楽しいものです。また、単に作るだけではなく、地域とのコミュニケーションの手段ともなりえます。

スポンサーリンク

枕カバーを手作りで作ろう

作る

枕カバーは寝具売り場などに行けばいくらでも販売されてはいます。しかし、枕カバーは手作りで作ることが十分に可能です。

手作りの枕カバーを作ることで、お好みの色・デザイン・肌触りの生地の枕カバーとすることができます。またお子さんがおられ場合などには、漫画やアニメのキャラクターの生地などで枕カバーを手作りしてあげれば、お子さんはたいへん喜ぶことでしょう。

そして、手作りでまくらカバーを作ることは、趣味としてもやりがいがあり、とても楽しいことということができます。

枕カバーを手作りで作る場合、その手順はどうすれば良いのでしょうか。

手作り枕カバー簡単な作り方

まず、おすすめすることができる枕カバーの作り方として、ファスナーを使わない簡易な手作り枕カバーのつくり方をご説明します。形としては入れ口が三つおり縫いの袋を作るという形の枕カバーになります。

具体的には、まず、「縦=枕の縦サイズ+2㎝、横=枕の横サイズ×2+34㎝」の布の生地を用意します。生地はお好みのもの(例えばお子さんのために作るのであればキャラクターデザインのものなど)を用意されてください。ただ、生地は薄めの生地の方が良いと言えます。

次に、作り方ですが(1)用意した布の縦方向2辺を幅1センチで三つ折り縫いにします。

そして、(2)中表半分にたたみます。さらに(3)横方向を縫代1センチで縫いミシンをかけます。こうすることで入口が三つ折縫いとなる袋ができますので、手作りの枕カバーは完成です。あとは枕を入れれば手作りの枕カバーが完成します。

この方法はミシンがあれば30分程度で作ることが出来る非常に簡易な手作り枕カバーと言えます。とはいえ、子供などはキャラクターデザインのオリジナルのまくらカバーを作ってもらえれば大変嬉しいでしょう。もちろん、ご自身用としてもお気に入りの布やデザインで手作り枕を楽しむことができます。

この手作りまくらカバーの作り方はミシンを利用した簡易なものですが、他にファスナーをつけた本格的な手作り枕カバーのつくり方などは書籍はもちろん、最近ではインターネットでも数多く紹介されています。

手作り枕カバーをご自身で作られる場合にはインターネットも大変参考になりますので、ご参考にされることがおすすめです。

手作り枕カバー作成の教室などへの参加もおすすめ

手作りの枕カバーの作り方自体は書籍やインターネットなどでさまざまな情報を簡単に得ることができるといえます。手作り枕カバーについては、単にご自身で作って楽しむ・家族で使用されるということ以外にもひとつのコミュニケーション手段ともなります。

どういうことかといいますと、例えば、地域のふとん店や自治会などが主催となって手作りの枕カバーを作る体験教室などが時折催されます。このような手作り枕カバーの作成教室へ足を運ぶことで地域の人達とのコミュニケーションを図るきっかけともなります。

また、手作り枕カバーといっても、作り方が高度なものなどは書籍やインターネットなどで情報を得るよりも直接、手芸の先生などに指導をしてもらうほうがより効率的に身につけることができると言えます。

手作り枕カバーを作られることを趣味とされていたり、これから手作りで枕カバーを作ろうとお考えの方は地域の情報をキャッチして手作り枕カバー作成教室などに参加されるということもとても良い体験となると言えるでしょう。

手作り枕カバーをフリーマーケットなどで販売する

さらに手作りの枕カバーを地域のフリーマーケットなどで販売するということも楽しいことといえるでしょう。フリーマーケットというと古着等の販売がメインとなってしまいがちですが、手作りの枕カバーなどを出品すれば、一味違った出品となり、お客さんとの会話も楽しいものとなるでしょう。

もちろん、いくらかの収益を得ることができるということも期待することができます。
手作りの枕カバーを作るということは単にご自身・ご家族で楽しむだけにとどまらずさまざまなコミュニケーションの手段となるということができます。

クォーターリポート QUARTER REPORT カットクロス ブランチ マルチ
QUARTER REPORT (2010-07-28)
売り上げランキング: 41,742

まとめ:手作り枕カバーを楽しもう

以上、本文で述べました手作りの枕カバーの作り方・手作り枕カバーを使った楽しみ方などをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 枕カバーは手作りをして楽しむことができます。簡単な手作り方法としてはミシンを使って三つ折りの袋を作るというイメージの枕カバーを作るという方法がおすすめすることができます
  • 枕カバーの手作りは、地域でのコミュニケーションの手段となります。例えば、枕カバーの手作り教室に参加してみたり、手作りの枕カバーをフリーマーケットに出品をするなどといったことで地域でのコミュニケーションの幅を広げることにつながると言えます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。