ハゲとしわ防止の枕なし健康法は危険!枕を使わないと起きる障害

広告ロゴ
木で寝る

枕なし健康法がハゲと美容に効く、といった話があります。その真偽のほどはともかく、枕を使わないことで健康に与えるダメージはとても大きいです。枕はちゃんと使用した方が良いようです。

こちらでは、枕を使わないと起きる障害についてご紹介します。

スポンサーリンク

枕を使わないと起こること

枕の働き

うつぶせ

枕は首と敷布団の間にできる隙間を埋める役割をします。隙間を埋めることで強く圧迫される部位がなくなります。良い枕の条件は、高さ調節ができることと、枕の中材が頭部と頸部の形通りにくぼむことができ、さらに中材が偏らない構造であることです。自分に合う枕を選ぶ上で大事な要素として、後頭部の出具合い、首の長さや頭の重さが挙げられます。さらに寝る時の姿勢や体の状態、敷布団なども関係してきます。

枕なしでしわ予防

高い枕を使っていると、頭を前に倒した状態になります。ちょっとあごを引いてみると分かると思います。しわができていませんか?高すぎる枕を使うとしわの原因になると言います。女優さんはシワを予防するために枕を使わないという話もあります。しかし枕を使うのを止めるのは考えもの。自分にあった高さの枕を使うのが大切です。なぜなら、肌にとって睡眠は一番の栄養です。枕を使わないことで、睡眠の質が下がってしまっては本末転倒。疲れも取れず、全身のお肌の調子も下がってしわを増やしかねません。

枕なしでの睡眠は育毛に良い?!

枕なし育毛法とは、枕なしで眠ることで睡眠中に頭部を血が巡る状態を作り出し、育毛を促進するというものです。薄毛の原因の一つに頭部の血行不良があり、頭部の血行促進はスタンダードな育毛方法です。枕なしで寝ると首筋が直線になり、首周辺の血行がよくなり、それに伴い頭部の血行もよくなるという話があります。費用なし、副作用なしで、手間はかからないのに長時間行うことができる育毛方法として、薄毛人達の間で脚光を浴びているそう。真偽のほどには疑問が残ります。

枕を使わないと起こる障害

枕を使わないのは危険です。睡眠中枕がないと、頭部が心臓より低い位置になりがちです。そのため頭部に血液が集中し、うっ血した状態になるため、脳に刺激を与えてしまい、それによって不眠気味になってしまいます。また、頭が心臓の位置より低くなることで、顔がむくみやすい状態になってしまいます。さらにあごが上がることで口呼吸をするようになって口の中が乾いたり、ほこりを吸い込み、アレルギー症状を誘発します。

枕には、頸椎の形状を保護する大変重要な役目があります。頸椎を自然な形・配列で支えることで脊椎神経の圧迫を少なくします。頸椎は複雑な動きができる分、軟骨の摩耗などのダメージが発生しやすい部分です。枕を正しく使うことで、頸椎のゆがみでおこる様々な症状(例えば首や肩の「こり」)が起きにくくなります。また、骨格が曲がった状態で長時間過ごすと一部の筋肉が緊張した状態になりやすく、痛みの発生源ともなります。したがって、睡眠中は枕で、できるだけ骨格本来を自然な形に支え、安定した睡眠をとることが重要なのです。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 手足のしびれ
  • 首痛
  • 寝違い
  • めまい
  • 顔のむくみ
  • いびき

枕を正しく使用して健康に

枕の選び方

枕を選ぶ際の大切なポイントは、首の部分が高くても低くてもいけないということです。そのため自分に合った枕を見つけることが大事です。

  • 体と布団との間に隙間ができない
  • 首に圧迫感がない
  • 頭の位置が安定する
  • 腰が浮かない
  • 枕が柔らかすぎない・硬すぎない

オススメの枕

肩こり解消に人気の枕

六角脳枕 肩こり 安眠 低反発マイクロウェーブ 快眠枕
寝返りがしやすい構造で肩や首のコリ対策と同時に呼吸のしやすさも実現。低反発マイクロウェーブ素材で寝返りを妨げず、冬場でも固くなりません。寝つきの良さにも注目した、話題の商品。

枕を肩幅に合わせることで頸椎に負担をかけず、頭部を全体で支えるので肩こり、首こりを軽減します。特殊な立体形状で圧力のバランスを良くして首にやさしくフィット。肩口の冷えを防止し、寝返りもスムーズ。高さ調節もでき、補充用のパック付です。中身のパイプは消臭加工を施した衛生パイプで、家で洗える枕です。

抱き枕ではなく、『抱かれ枕』のアーチピローは、寝具と肩との間にできる隙間を埋め、腕の重さを受けう肩の負担を軽減してくれる枕です。また、寝返りを打って横向きになった時にかかる下側の腕への負担を『クビレ』のついたアーム部分の下にまわすことにより、腕や肩への圧迫感をなくし、安心感のある寝心地が得られます。

まとめ:枕を使わないのは健康に良くない!

しわやハゲに効果があるとして枕なし健康法というものがあります。しかし枕なしは危険です。睡眠中は枕で安定した睡眠をとることが重要です。こちらでは、枕を使わないと起きる障害についてご紹介します。

枕なしで起こる障害

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 手足のしびれ
  • 首痛
  • 寝違い
  • めまい
  • 顔のむくみ
  • いびき

枕はとても重要です。健康のために枕を使用してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。