寝ながら音楽はOK?スピーカー枕の長所と短所

広告ロゴ
音楽

自分のお気に入りの音楽を聴きながら寝られたら、どんなに幸せなことでしょう。みなさんのこの願いに答えたのが「スピーカー枕」です。枕本体にスピーカーが内蔵されており、その枕のヘッドフォンジャックにMP3プレイヤーを指し音楽を聴くのです。

しかし、寝ながら音楽を聴くというのは身体に悪そうな気もしませんか?でも、こうやって正式に商品が流通しているから大丈夫な気もしますよね。本記事では、寝ながら音楽を聴くのは良いか、また、スピーカー枕の長所と短所のご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

長所:好きな音楽でリラックス効果抜群

リラックス

寝る前に心も身体もリラックスさせることで、深い眠りになれるという研究結果があります。ストレッチやアロマオイルなど、人それぞれリラックス方法は違うと思いますが、自分の好みの音楽を聴くと、リラックスするための副交感神経が活発化するのでオススメです。

今回の主役であるスピーカー枕は、耳元で音楽を聴くことができるのでその音楽の世界にすっぽりはまることができます。外部からのストレスを軽減することができるのです。

短所:クラシック系以外の音楽は逆効果?

ただ、一つ注意点があります。みなさんの好きな音楽がハードロックなどの、アドレナリンをたくさん出してしまう音楽だと、さきほどのリラックス効果例には当てはまりません。

リラックス効果としてよいとされている音楽は、

  • 癒し系のゆったりとしたクラシック
  • テンポが遅く、優しい音色のオルゴール
  • まったりとしたジャズやボサノバ

このような音楽です。優しい音色やゆったりとした音楽がよい理由は、脳に「これから休むんだよ」としっかり伝えるためと、スピーカー枕は耳にとても近い位置にあるので聴覚をあまり刺激しないようなものにするためです。

長所:音楽で癒されてスッと眠りにつける

睡眠導入薬として音楽を取り入れる方は意外と多いようです。また、音楽でイメージされる風景・人物などは、寝る前に脳に残した最後の記憶です。寝る間際に、無意識に自分が心地よいと感じていれば、悪夢をみることも少なく、無駄なストレスがかかることはありません。

音楽をかける際の注意ですが、一番気をつけなければいけないのは音量です。せっかくスッと眠りに入れたのに、夜中に音楽が気になって目が覚めてしまうのでは意味がありません。聞こえるか聞こえないかぐらいの音量が適当だと言われています。

短所:深い眠りにはなりにくい

しかし、ある脳化学研究者は、人によっては睡眠中の音楽はどんな音楽でも睡眠の邪魔になるとしています。睡眠中に脳に少なからず刺激を与えているということは、深い睡眠になりにくく、起きたときに「あまりよく眠れなかった」という感覚になるそうです。

どんなに良い睡眠誘導音楽でも、どうしても寝れないという方は無理に聴き続ける必要はありません。また、スピーカー枕に依存しすぎず、眠るための補助として考えておきましょう。

長所:覚えたい曲を睡眠学習で記憶!

試験という前日、徹夜で勉強をした経験をお持ちの方はそんなに少なくないと思います。自業自得ですが、眠いのに勉強しなければいけないのは本当に辛いですよね。寝ている間に覚えられたらどんなに楽でしょう。

このみなさんの祈りは、睡眠学習で叶えられそうです。生物学研究所が行った研究によると、勉強ではなくても、覚えたい歌を日中に何度か聴いておき、また寝ている間にスピーカー枕から流せば記憶の定着率がアップするそうです。

短所:脳が不眠不休なってしまう

睡眠学習で気になってくるのが、ちゃんと脳は休めているのかという所ですね。人によって変わってきますが、やはり日中も働いている脳を、さらに夜も働かせるというのは、ハードスケジュールすぎるような気がします。

どうしても覚えなければいけない夜をのぞいたら、なるべく脳も休ませてあげること、また、計画的にスケジューリングすることが大事だと言えますね。

しかし、脳の分析というのは難しく、脳に悪い、良いとされるものはボンヤリとしか判明していないのが現状です。

長所:用途別・好みで選べるたくさんのスピーカー枕

一度、スピーカー枕で検索してみるとその種類の多さに驚かれると思います。

スピーカー枕と一概に言っても、ドーナッツ枕のようなもの、普通の枕のようなものと多種多様です。また、インターネットがある時代なので、そのパリエーションはさらに無数にもなりました。例えば、内蔵のスピーカーが1つか両側に2つか、持ち運べるコンパクトタイプか高音質の高級志向タイプかなどです。みなさんの生活や目的・好みに合わせたものが手軽に購入することができるんですね。

短所:種類が多すぎて、どれを使えばいいかわからない

種類がたくさんあるのはいいことだらけのように思えますが、そんなことばかりではないのです。実際にスピーカー枕で検索した方はお分かりかと思いますが、本当に数多くの会社がいろいろな製法を駆使し世にスピーカー枕を出しています。

スピーカー枕初心者はどれを買えばいいのかわからず、適当に1位のものを買ってしまう傾向にありますが、スピーカー枕も枕の一つです。みなさんの大事な睡眠を預かるものなので、慎重に選んでほしいのが私の願いです。

まとめ

ちょっと聞き慣れないスピーカー枕という寝具、いかがでしたか?どんどん便利になっていく世の中が生み出した「眠りを楽しむ枕」、「睡眠」も「音楽」も楽しみたい方は少し価格帯が高いもののほうが失敗はしないと思います。

もちろん、価格帯が低いからと悪いものばかりというわけではありません。口コミやレビューをみて、最終決断をされることをオススメいたします。

本記事がみなさんの素敵な睡眠ライフをお手伝いできれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。