枕が首のしわの原因かも!首のしわが気になる方にオススメの枕選び

広告ロゴ
首女

 

女性にとっての最大のお悩み、それはしわです。どんなにキレイにしていてもしわで年齢が分かってしまいます。首にしわを作らない為に女優は枕を使わないという噂があります。果たしてこの美容法はよいのでしょうか。

こちらでは、首のしわが気になる方にオススメの枕選びをご紹介します。

スポンサーリンク

枕と首のしわ

枕の働き

寝る女

人間の脊柱は側面から見ると連続したS字状にカーブしています。このS字カーブが、重い頭や体重を支えるのにもっとも無理のない、楽な姿勢を作ります。この姿勢は、筋肉の疲労が少なく、脊柱などにかかる負担もいちばん軽い状態と考えられます。そこで、ヒトは寝ている間もこの自然な姿勢を保つために、S字型の基点となる頸部を無理なく支えることのできる枕を必要とするのです。つまり、枕の役割は寝ているときに、敷きふとんと頭部・頸部のあいだにできるすき間を埋めることです。

枕の高さ

枕が高すぎると首の前方が縮まるのでしわができるようになり、それがそのまましっかり残ってしまいます。睡眠は毎日のことなので、長く続くと若い人でもくせがついてしまう恐れもあります。逆に頭が低くてあごが上がる枕は、血液が頭に溜まり、脳の刺激が増えて眠りが浅くなり、顔がむくんだりします。肌にとって睡眠は一番の栄養です。睡眠の質が下がると疲れも取れず、全身のお肌の調子も下がってしわを増やしかねません。さらに低い枕は口呼吸になりがちで、いびきの原因になる可能性も。

寝る時の姿勢

また、寝る時の姿勢も大きく影響します。自然な立位姿勢S字カーブが、首しわへのもっとも効果的な対応です。横向きやうつ伏せでの寝方は、首への負担が増大し首しわにも良くありません。うつぶせに寝るクセのある人は、頭を左右のどちらかにひねってしまうので背骨の自然なカーブに影響し、首しわができてしまいます。横向きに寝るクセのある人は、首、あご、肩、肋骨などにストレスがかかり、首しわにも悪影響がでます。

枕の中材

人気の低反発系、流動性のないウレタン系・ポリエステル系などの中材は、元に戻る力があり、その力で常に圧迫されているので首しわ予防枕には向いていない素材です。枕中材は首への負担が少ない流動性のある無反発中材(ソフトパイプ、ストロー材、羽根など)が、首しわ予防に適した素材です。但し、流動性のある中材は寝返りによって素材がずれてしまい、特に首部が中材が少なくなってしまう場合があります。こうなると首への負担は大きいです。また、中材カバーの各ブロックで中材を増減でき、高さの微調整が可能な構造の枕がお勧めです。

枕を上手に使って首のしわを予防しよう

しわ予防には自分に合った枕を

首しわ予防で自然な立位姿勢S字カーブを確認する方法は、寝た状態で両手を頭の方向に万歳し枕と頭・首がフィットする状態の姿勢です。枕が合っているか以下のポイントをチェックしましょう。

  • 体と布団との間に隙間ができない
  • 首に圧迫感がない
  • 頭の位置が安定する
  • 腰が浮かない
  • 枕が柔らかすぎない・硬すぎない

枕を肩幅に合わせることで頸椎に負担をかけず、頭部を全体で支えるので肩こり、首こりを軽減します。特殊な立体形状で圧力のバランスを良くして首にやさしくフィット。肩口の冷えを防止し、寝返りもスムーズ。高さ調節もでき、補充用のパック付です。中身のパイプは消臭加工を施した衛生パイプで、家で洗える枕です。

抱き枕もおすすめ

横向きやうつ伏せの方が寝やすいと感じる人も多いかもしれませんが、最も良いのは仰向けですので、寝る時の姿勢を見直すことも大切です。しかし、仰向けだとなかなか眠れないと感じる人もいるかもしれません。そのような場合は抱き枕を使う方法もあります。これなら横向きやうつ伏せでもしわが出来にくくなりますし、自分で姿勢が決められます。調整しながら、最もしわが出来にくい体勢で寝るようにしましょう。

パウダービーズの優れた流動性とスパンデックス生地の高い伸縮性との相乗効果で、色々な寝姿勢に合わせて変形し体圧分散を促し、身体への負担を減らします。独自のフォルムがどんな寝姿勢でもフィットし、横向き寝やうつぶせ寝の際のポジションを安定させます。

首のパック

顔と首はつながっているのについつい手入れを怠りがちです。しわ予防に首のお手入れも取り入れてみましょう。お風呂上がりがおススメです。

  • 1.コラーゲン、ヒアルロン酸配合の美容液かクリームを首にぬる
  • 2. 首の周りにラップを巻く
  • 3. さらに上から温めたタオルで巻き、15分ほどそのままで
  • 4. ラップを取ってタオルで首をふき取り、乾燥予防にクリームを塗っておく
リンクルケア美容枕
リンクルケア美容枕
posted with amazlet at 14.04.19
コジット (2013-06-24)
売り上げランキング: 70,526

まとめ:合った枕で首のしわ予防

合わない枕を使っていると首のしわができてしまいます。高い化粧品を使うよりも、良い枕を使った方が首しわには効果的なようです。おさらいしておきましょう。

  • 高すぎず低すぎない枕
  • 流動性のある無反発中材(ソフトパイプ、ストロー材、羽根など)
  • 中材が偏らないように工夫されたもの
  • 寝る時の姿勢:仰向けがベスト
  • 横向き、うつむき寝なら抱き枕も

この記事を参考に、自分に合った枕をみつけてお悩み解消してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。