意外と知られていない枕を干す重要性と枕を干すときの3つのポイント

広告ロゴ
干す

私たちの睡眠に欠かせないといえるグッズに挙げられるのが、枕です。人の身体を横から見ると、背骨はS字にカーブしています。寝転がるときもそれは同じで、頭と布団の間に枕を置くことで、最も楽な姿勢になるといわれているのです。そんな枕、みなさんお手入れはしっかりとしていますか。枕カバーは洗っていても枕自体はあまり…という方が多いのではないでしょうか。

本記事では、意外と知られていない枕を干すことの重要性と、枕を実際に干すときの3つのポイントについてご紹介します。あまり枕のお手入れをしていないという方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

枕を干した方が良い理由

見て

基本的に枕は、ほかの寝具同様、「干す」ことでお手入れをすることが可能です。中には、水洗いできるものもありますが、種類によっては水洗いをすると傷んでしまうものありますので、今回は「干す」というお手入れ方法を重点的にご案内したいと思います。

枕のお手入れとして、枕カバーはしっかり洗っているという方は多いかと存じます。それは、もちろん正解です。顔に直接当たる枕カバーは、頻繁に洗濯することが大事です。
しかし、もう1歩進んだお手入れ方法が、枕を干すという方法なんです。その理由としては、挙げられるのが、ダニなどの発生を防ぐことが大きいといえるでしょう。

家の中に多いダニが好んで食べるのが、フケです。枕カバーをしっかりと洗っていても、枕に付着しているフケのせいでダニが発生することもあります。目に見えないからといって放置していたら、アレルギーなどを引き起こすこともあるので注意が必要です。

また、私達は寝ている間にコップ1杯の汗をかくといわれています。枕カバーだけではなく、枕自体にも汗は染み込んでいるかもしれません。そのため、枕もしっかりと干し、お手入れをすることが大事ですね。次に、実際枕を干すときの方法についてご案内します。

枕の種類によって干し方は異なります

枕を干す場合、天日干しと陰干しの2種類があります。どちらで干せば良いのかは、使用されている枕の素材によって異なります。まずは、次の内容を参考に、使用されている枕の素材を確認し、天日干しにした方が良いのか、陰干しにした方が良いのかをチェックしましょう。

  • 天日干し可能な素材…そばがら、ポリエステルわた、パイプ、ストロー、コルマ、ビーズ、ひのき 
  • 陰干しにした方が良い素材…低反発ウレタン、スノー低反発、フェザー、羽

ご自身の枕をどちらの干し方にした方が良いのか、チェックはできましたでしょうか。もし、干し方を間違えてしまうと、枕の傷みが早くなります。そのため、使用されている枕の素材に適した干し方を心がけましょうね。では、次に実際に枕を干すときの3つのポイントをご紹介します。

枕を干すときの3つのポイント

枕を干すときの3つのポイントとは、次の通りです。

  • 枕干しネットを使用する
  • 部屋の壁に立てかける
  • 風通しを良くする

では次に、上記の3つのポイントについて詳しくご案内します。

枕干しネットを使用する

天日干しでも、陰干しでも、枕を干す場合にとても便利なのが枕干しネットを使用するという方法です。枕干しネットは、ハンガーのように枕をぶら下げる方法をとるので、しっかりと干すことができます。特に、外に干す場合などは、まんべんなく日光を当てることができるので便利ですね。1つずつ干すタイプのものや、2ついっぺんに干すタイプのものもあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

部屋の壁に立てかける

枕を干したいけれど、干す時間がない!という方にオススメなのが、枕を部屋の壁に立てかけるという方法です。朝起きて、出かけるまでの間だけでも、枕を壁に立てかけておきましょう。天日干しをして大丈夫な枕であれば、日が当たるところに立てかけると良いですよ。また、陰干しの素材を使用している枕は、日光が当たらないところに立てておきましょう。

風通しを良くする

外に枕を干しているとあまり気にしなくて良いかと存じますが、枕を干す場合、風通しを良くすることは大切です。枕は、もともと湿気を含みやすいものです。特に梅雨時は、注意が必要といえるでしょう。湿気を含んでしまうと、カビやダニの発生の原因ともなってしまいますので、枕を干すときは、窓を開けて風通しを良くしてから干しましょうね。

不動技研 強力まくら干し
サナダ精工株式会社
売り上げランキング: 9,888

まとめ:忘れてしまいがちな枕もしっかりとお手入れを

本記事では、枕を干すことの重要性と、枕を実際に干すときの3つのポイントについてご紹介してきました。もう1度、その3つのポイントをおさらいしましょう。

  • 枕干しネットを使用する
  • 部屋の壁に立てかける
  • 風通しを良くする

寝具である、敷布団、毛布、ブランケット、掛け布団など、これらをお天気の良いときに干すことを欠してない方は多いと思います。しかし、枕もしっかりとお手入れをしていただきたい寝具の1つです。忘れていまいがちな枕のお手入れですが、本記事を参考に、他の寝具同様、しっかりとお手入れをしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。