ロフトベッドを自作する時のTips

広告ロゴ
メジャー

ロフトベッドを使うことで、生活空間を大きく変える事ができるという事は誰もが知っていることですね。でも、その生活空間をどう演出したいのかということになると、その答えは十人十色。

ロフトベッドを使うのが大人なのか子供なのか、また男性や女性でもその好みや使い勝手は変わってきます。

そんなロフトベッドを自分だけのオリジナルに自作するという人が最近ではとても多くなってきています。DIY女子といわれている人もいるくらいですから、女性でも自作する事は決して無理なことではありません。

今回は、ついつい真似したくなるような自作のロフトベッドの人気例を紹介していくことにしましょう。

スポンサーリンク

自作ロフトベッドのアイデア

自作のロフトベッドが人気なのは、その発想の良さにあります。言われてみれば成る程というような抜群のセンスが感じられます。早速その人気例を見ていきましょう。

コンパクトスペースを広々とした空間に

見て

比較的天井の高い物件では、書斎の上部分にロフトスペースを大きくとってベッドスペースなどくつろぎの空間として活用するという自作ロフトベッドがあります。

このロフト部分をベランダ風に仕上げることで、快適にくつろげるロフト空間を演出することが出来てとってもオシャレなことが人気の理由になっています。

特に、自室でデスクワークをする人たちにライフスタイルが充実したと大人気です。自室を仕事場にしてしまうと、なかなかくつろぐ環境を整えにくくなりますが、ちょっと階段を上ることで全く別の空間を感じることが出来るのが、この自作のアイデアの素晴らしい所でしょう。

わずかな工夫で遊べるインテリアに

まだ小さいお子さんがロフトベッドを使うのはちょっと心配になるときもありますよね。特に夜中に置きだしてトイレに行くときに、寝ぼけてハシゴや階段から落ちてしまっては大変。

そんな悩みから生まれたアイデアが、ハシゴと滑り台を両方取り付けるというものです。下に下りるときは必ず滑り台を使う習慣がつくことで先ほどの心配もなくなりますし、遊び盛りのお子さんが雨の日も家の中で遊ぶことが出来て大喜びです。

近所の子供たちが遊びに来てくれるようになったり仲良しのお友達が出来たりして、とても嬉しいというお子さんもいるそうです。

将来を考えて再利用できる空間作り

最近では作り付けの棚がある家もずいぶん増えてきました。実用性とデザイン性のバランスを生かしたインテリア作りがとても進んできています。

そんな作り付けの棚の上をロフトベッドに自作することで、小さなお子さんのベビーベッド代わりにすることが出来ます。壁や天井からベッドカーテンを取り付けることで、まるで王子様やお姫様のように可愛らしい寝顔を見ることが出来ます。

もちろん、お子さんが大きくなったらさらに自作を重ねて収納スペースとして活用することが出来ますから、お子さんの成長に合わせてインテリアを変えられる楽しみというのも人気の理由になっています。

必要なものを少し工夫することでスタイリッシかつ便利に

ロフトベッドというのは必ず上るためのハシゴか階段が必要ですが、この階段を収納階段として少し大きめに自作するのです。すると、踏み板が大きくなることで上り下りも楽々できるようになりますし収納スペースを大きく取ることも出来ますから、生活感をあまり出さないスタイルを演出したいという人には大人気です。

自作だからこそのカスタマイズでゴージャスな演出

実用性もさることながら、インテリアの一部として楽しみたいという方には、カスタマイズすることでゴージャスにしたい・キュートなインテリアにしたいという方も大勢います。

ベッドリネンの色をソファーやインテリアの色調に合わせたり、規制のものを塗装したりカスタマイズすることで、使い勝手も広がり素敵な空間を演出することが出来ます。

この自作の仕方は主に同棲中のカップルや新婚の夫婦、特に女性にとても人気があります。見た目の演出がお部屋のムードを一変させるという点が人気の秘訣なのでしょう。

つい真似たくなる自作ロフトベッドの発想とは

これらの人気の自作ロフトベッドの例はそれぞれ全く違う特徴を持っていますが、実はその自作の発想には共通点があります。その自作する時に考える発想とは何でしょうか?

生活スタイルを大切にするためのアイデア

人が生活の中でモチベーションを高く保つためには、自分にとって快適な生活スタイルにする必要があります。

そのためのアイデアを自作で作り出すことで、オリジナルの快適な環境を生むことが出来るのです。つまり、生き生きとした日常を送るためにはアイデアを生かして自作するということがまず最初の共通点なのです。

遊び心と実用性の調和

実用性とは現実を大切にする想い、遊び心は日常から離れたいという想いから出る発想です。この二つの相反する想いをバランスよく工夫することで、毎日を楽しく充実させることが出来ます。

自作でインテリアを作る最大のメリットはこの調和にあります。たかがロフトベッドかもしれませんが、ロフトベッドひとつとっても見ても、このバランスをうまく取り入れることで素敵な生活環境を整えることが出来るのです。

ゆとりとくつろぎを楽しめる

ロフトベッドはベッドの上と下の空間を全く違う空間に演出することが出来ますから、どちらかに生活の効率性を高め、もう片方にはそういった日常を忘れることが出来るくつろぎの場を作り上げることが出来ます。つまり、それぞれに特化した空間を演出することが出来るということです。

家というのは自分をさらけ出して休める場所です。効率を考えた場所にずっとい続けると苦痛を感じてしまいがちなものです。

ロフトベッドを自作して一見無駄のあるようなゆとりとくつろぎの空間を確保することで、そこで過ごす時間をより楽しんでこそ、居心地の良い家にすることが出来ることでしょう。

効率の良い収納で生活感を抑える

持っている荷物が収納し切れていないと、どうしても生活感が出てしまいます。特に女性の場合は他人を家に招いた時にプライベートを探られたくないと考える人が多いでしょう。男性だってきちんと収納が出来ていなければだらしなく思われてしまいます。

生活感を抑えた環境というのは、すっきりしてとても居心地のいいものです。爽やかな気分で過ごせると、何事にも爽やかな気持ちで取り組めるようになるものです。

他人に見られたときばかりでなく、自分の居心地のためにも自作のロフトベッドを大いに利用するといいでしょう。

まとめ:自作ロフトベッドで空間を生かす発想が生活に潤いを与える

今回ご紹介した真似をしたくなる自作ロフトベッドのアイデアには、生活スタイルや効率、さらにはゆとりやくつろぎの時間を深く考えたものがたくさん見受けられます。

自分にとって大切な価値観を守るため、日々を過ごしやすくするためにもロフトベッドの自作をしてみてはいかがでしょうか?きっと今までとは全く違った生活を楽しむことが出来ることでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。