胸椎椎間板ヘルニアの症状と治療法

歩く女性

胸椎椎間板ヘルニアとはどんな病気でしょうか。胸椎(きょうつい)とは、脊椎(せきつい)の中間部分(背中)を指します。これらの骨の一つ一つの間に存在する円形の繊維軟骨を椎間板と言います。胸椎椎間板ヘルニアは、椎間板の変形によって繊維輪(椎間板の外側の部分)が壊れ、椎間板内部の髄核部分が脱出して硬膜管(神経が入っている管)を圧迫することにより脊髄が圧迫され、下肢のしびれや感覚の低下、筋力の低下などの症状が現れることを言います。

スポンサーリンク

胸椎椎間板の症状について

女性

多くの場合、下肢のしびれや脱力感などの自覚症状が現れます。歩行の際、足がもつれるようになったり、階段を下る際、手すりを持たなければ不安を感じる、というような状態になります。背中の痛みが生じることはあまりなく、下肢痛が生じることもほとんどありません。体幹部から下肢にかけて筋力の低下や知覚の鈍麻といった症状が主で、進行した場合、膀胱や直腸の障害が現れことがあります。

外科的治療が必要かどうかの判断について

次のような場合、外科的な治療が必要と判断されます。

  1. 1.坐骨神経痛の痛みが強く、投薬による治療がうまくいかない、または慢性的な痛みによって日常生活に支障をきたしている場合。
  2. 2.神経学的検査を行なった結果、神経損傷(運動神経や感覚神経の損傷)が認められ、その進行速度が速いと見られる場合。
  3. 3.排泄(排尿、排便)に異常が認められる場合。

病院での診断方法について

レントゲン(X線検査)では多くの場合はっきりした所見が出ません。脊髄圧迫による症状(下肢のしびれや脱力など)がある場合はMRI検査を行い、椎間板ヘルニアにより脊髄が圧迫されていることが確認できれば診断は確定します。手術が必要と診断された場合には、さらにCT検査なども必要になってきます。

病院で行われる治療の方法について

神経ブロック療法が適用される場合

胸背部の痛みと下肢部の感覚低下などの神経根症のみが認められる場合は、神経ブロック療法の適応となりますが、下肢のしびれ、脱力、痙性歩行(下肢が突っ張って歩きにくい)などの脊髄症状が明らかな場合、手術が必要となります。

神経ブロック療法の指針について

  1. 1.胸部硬膜外ブロック:神経根症状や胸背部痛が強い場合には、週に2~3回程度の頻度で2週間から4週間ほど行ないます。2週間に1回程度、局所麻酔薬にステロイドを添加すると鎮痛効果が向上します。疼痛が強い場合は入院が望ましく、1~2ヵ月間を目安に局所麻酔薬を加用した連続注入法を実施します。鎮痛効果が不十分な場合は、局所麻酔薬の間欠注入を併用します。硬膜外カテーテル挿入により症状が悪化する場合がありますので注意を要します。
  2. 2.神経根ブロック:胸部硬膜外ブロックで胸背部痛が軽減しない場合には、局所麻酔薬にステロイドを添加します。神経根損傷の危険性もありますので.10日~14日に1回の頻度で,3回程度までとします。
  3. 3.トリガーポイント注射:胸背部に圧痛点や筋緊張部位が認められる場合には、週に2~3回程度の頻度で行ないます。
  4. 4.椎間板内ステロイド注入:椎間板造影検査の際、ステロイドと局所麻酔薬の混合液を注入します。椎間板線維輪の最外層や後縦靱帯付近に分布する脊椎洞神経由来の疼痛治療に有用です。

手術が必要な場合について

歩行に障害が現れるなどの脊髄圧迫による症状がはっきりとしてきた場合には、進行性の病気なので、早急に外科的な方法(手術等)による治療が必要になります。歩行障害がはっきりと進行しているのに治療を行わないで放置した場合、歩行困難な症状が悪化する危険が高くなります。薬による治療やリハビリテーション、中国鍼などの方法で病状の悪化した下肢の麻痺症状を改善することはできません。

手術の方法としては、体の側方から椎間板を切除して骨を移植することにより背骨を固定する「前方固定術」と、体の後方から椎間板を切除する「後方除圧術」があります。
どちらの手術も簡単ではなく、行なったことにより神経麻痺が生じる危険性はありますが、放置しておいて病状が進行することを考えれば、手術を受けることを勧められる場合が多いのです。

治療を受けられる病院について

リンク:「胸椎椎間板ヘルニアの治療ができる病院検索(都道府県別)」をご覧いただき、お近くの病院、クリニックを探し、適切な診断、治療を受けるようにしてください。

まとめ:

本記事では、胸椎椎間板ヘルニアの症状と、治療のできる病院の探し方、病院での治療方法についてまとめました。

  1. 1.胸椎椎間板ヘルニアは、椎間板内部の髄核部分が脱出して硬膜管(神経が入っている管)を圧迫することにより脊髄が圧迫され、下肢のしびれや感覚の低下、筋力の低下などの症状が現れることを言います。
  2. 2.治療法としては、神経ブロック療法か外科手術が選択されます。
  3. 3.インターネットなどで専門の病院を探し、適切な診断を受けて治療を行ないましょう

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment