下半身のしびれの原因はこれかも「胸椎ヘルニア」の症状と治療法

ストレッチマン

 
椎間板ヘルニアと言えば腰椎ヘルニアと頸椎ヘルニアが有名です。しかしもう一つ、胸椎ヘルニアというものがあります。足がもつれるようになったり、足のしびれで気付くことが多いようです。

こちらでは、胸椎ヘルニアの症状と治療法をご紹介します。

スポンサーリンク

胸椎ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

腰痛の男

椎間板ヘルニアには、腰椎椎間板ヘルニアと頸椎椎間板ヘルニアが有名です。そもそも、椎間板ヘルニアを発症する部位は、背骨に関係しています。背骨は、上から頸椎、胸椎、腰椎、仙椎という順番で構成されています。そして、S字カーブの生理的湾曲があり、このカーブによって体に掛かる負担や衝撃を分散し、吸収しているのです。その背骨が、衝撃に耐えられなくなったなどの原因によって、ヘルニアを発症します。

胸椎ヘルニアとは

胸椎ヘルニアの主な症状は、胸部の神経根損傷によるものや下肢部に向かう運動および感覚神経経路の異常を伴う脊髄損傷によるものです。しかし、腰椎椎間板ヘルニアや頸椎椎間板ヘルニアほど、知られていません。その理由は、胸椎椎間板ヘルニアは、比較的珍しいヘルニアとされているからです。胸椎は、助骨などがある為、背骨の中でも安定しており、動きも少ない為、発症しにくい部位とされています。

下肢のしびれや脱力感などで気がつくことが多いようです。歩行する時に「足がもつれる」ようになったり、階段を降りる時に「不安で手すりを持つようになったり」して気づきます。背中の痛みや肋間神経痛のような疼痛がある時もあるのですが、背部痛がないことの方が多いです。足の痛みを自覚することは多くありません。

症状

背中からわき腹にかけての痛み、胴体や生殖器、下肢のしびれ 、下肢の触覚障害が起きます。さらに症状が進行すれば、下肢の筋力低下や膀胱・直腸に障害が生じ、排尿しようと思ってもすぐに出ない・排尿の後残った感じがするなどの症状が出るようになります。椎間板ヘルニアの部位が胸腰椎移行部(背中と腰の境目)の場合は、脊髄円錐のみの圧迫症状として、膀胱障害だけで症状がでることもあります。

原因

椎間板の変性により繊維輪(椎間板の外側の部分)が破綻し、椎間板内部の髄核が脱出して硬膜管(神経が入っている管)を圧迫することで脊髄が圧迫され、下肢のしびれや感覚の低下、筋力低下な度が起こります。髄核は中央に脱出することが多く、腰椎のように側方に脱出して神経を刺激することは多くありません(神経根を圧迫すれば肋間神経痛の症状がでます)。外傷などの誘因が見られない場合がほとんどです。

治療方法

手術を必要としない椎間板ヘルニアの場合は、保存的治療が行われます。まずは安静です。急性期で痛みが強い場合にはコルセットを使用する場合もあります。また、消炎鎮痛剤や、筋弛緩剤、椎間板に圧迫された神経の回復を促すビタミン剤などを用いた薬物療法が行われます。痛みが取れない場合、神経ブロック注射が用いられます。

歩行困難などの脊髄圧迫症状がはっきりしてきた場合には、一般に症状は進行性ですから、手術的な治療が必要になってきます。歩行障害が進行しているのに手術を行わないで放置すると、徐々に歩けなくなってくる場合が多いと考えられています。薬の治療やリハビリテーション、鍼などでこの病気による下肢麻痺を改善することはできません。簡単な手術ではなく、手術による神経麻痺の危険はあるのですが、放置しておくと麻痺が進行することが多いので手術を受ける方が良いと考えられます。

胸椎ヘルニアの改善方法

正しい姿勢を心掛ける

正しい姿勢でいる事は、状態を悪化させない予防策となります。ヘルニアを引き起こす原因となる長時間の同じ姿勢や、背骨や腰に負担となる姿勢をとる事は、正しい姿勢を崩し、背骨の歪みや骨盤のずれを生じ易くします。この2つの関係が崩れると、ゆがみが悪化し、悪化は、ヘルニアを発症させる原因となるのです。更に、正しい姿勢のとれない猫背やO脚、外反母趾によっても、ヘルニアを引き起こします。

バランスの取れた食事

骨に十分な栄養を送る為には、規則正しい食生活、バランスの取れた食事が必要になります。過度のダイエットや偏食によって、十分な栄養が補えないと、骨に栄養が行き渡らず、骨粗しょう症などの原因になるほか、衝撃などに耐え切れるだけの丈夫さを失う為、ヘルニアを発症しやすくなってしまいます。また、人間は年齢を重ねるごとに、体内に必要な成分を作る事が出来なくなっていきます。その為、食事によって補う必要があります。

ALINCO(アルインコ)  エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 42

まとめ:胸椎ヘルニアについて知ろう

胸椎の椎間板ヘルニアは腰椎や頸椎ほど多くない為、あまり知られていません。しかし治療しなければ杖が必要なほどの歩行障害が生じ、すっきりした排泄ができなくなる怖いものでもあります。こちらでおさらいしておきましょう。

  • 症状:背中からわき腹にかけての痛み、胴体や生殖器、下肢のしびれ 、下肢の触覚障害
  • 治療法:進行すると麻痺が出る為手術が勧められる
  • 改善方法:バランスの取れた食事、正しい姿勢

早めの治療がカギとなります。また、無理なく生活改善もしてみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment