ストレートネック対策におすすめの首枕

広告ロゴ
肩コリ男

人間の頭はとても重いです。軽い人で4キロ、重い人だと8キロもあるそう。それを支える首は細く、負担がかなりかかります。また、最近のPCやスマートフォンの影響で前傾姿勢が増え、ストレートネックになる人が増えています。この対策として首枕がおススメです。

こちらでは、ストレートネック対策におすすめの首枕をご紹介します。

スポンサーリンク

首にかかる負担

首枕とは

首

首枕とは、立っている時や座っている時に頭を支える為の枕のことです。頭は軽い人でも4kgの重量があります。前に傾けるだけで大きな負担になります。デスクワーク、PC作業や家事に至るまで、頭を前に傾ける場面は多いですよね。このせいでストレートネックになる人が増えています。

現代人の悩み「ストレートネック」

PCやスマートフォンなどの影響でストレートネックになる人が増えています。ストレートネックとは、本来は前方向に弯曲しているはずの首の骨が、姿勢の崩れや慢性的な負荷によってまっすぐになった状態をいいます。ストレートネックは頸椎の正常なカーブは失われ、頭は頚椎より前に来ています。ストレートネックの場合、頭部や重心線が背骨より前に来てしまう為に、重い頭を首の筋肉で支えなければなりません。頭の重みを分散し辛いので首、肩の筋肉に必要以上に負担がかかります。その結果、肩こり、頭痛、首こり、吐き気やめまいなども起こります。さらに自律神経にも影響する為、自律神経失調症になる場合もあります。

首枕の効果

ストレートネック対策として首枕がおススメです。他にも首枕には以下の効果があります。

  • 肩の痛み、肩こりの予防
  • 冬の寒さ、夏のクーラー冷え対策
  • 飛行機や新幹線など長時間乗り物に乗る時の疲れ軽減

オススメの首枕

空気を入れて膨らませるタイプ

EagleCreek(イーグルクリーク) コンフォートトラベルピロー ネイビー
EagleCreek(イーグルクリーク)
売り上げランキング: 10,250

とにかく膨らませるのが簡単!黒いキャップをあけ、バルブに数回軽く息を吹き込むだけ!一方通行のバルブ機能により、何も使わず自動的に本体に空気が密閉される。肺活量の少ない女性や子供でも手早く膨らませることができるスグレモノです。

大と小のクッションから成っており、大きい方の上面にベルクロで小さい方のクッションを付ける方式です。2段構えで首を支えてくれるため、座りながら寝るときでもしっくりきます。また、2つの段が別々のユニットになっているため、ユニットごとに空気量のバランスを調整できます。

低反発タイプ

Caldera Releaf (リリーフ) ネックレスト
3段構造のクッションで頭部の重さを支え、首と肩をリラックスさせてくれます。弾力性のあるクッションなので、首やあごが痛くなりません。表地には、薄くて軽量、吸汗・速乾性に優れ、しなやかに伸びる素材を使用。

安定感抜群のMOGUネックピロー。ビーズ特有の流動性は、ふんわり心地よい感触なのに首をしっかりキャッチします。長距離の移動や、車や飛行機などの狭い空間でも、快適にリラックス。またバックサポーターとしてもおススメです。

ユニークなもの

ESUPPLY USBマッサージ枕 ネッククッション首枕 EEA-YW0480
USB接続し電源を入れると振動するマッサージ枕です。USBコードはポケットに収納できるので、携帯枕として持っておけば自動車内で仮眠する際などにもトラベル枕として活躍するネッククッション。

睡眠中に首が横に傾くのを防止します。首が前に傾いてしまう場合は、枕を180度回転させることで更に前へもサポートされます。左右の紐はワンタッチで接続でき、接続部をスライドすることで枕のホールド具合を調整できます。MP3プレーヤーや画面4インチ程度のスマートフォンを入れられるポケット付き。

タオルで作れる首枕

安くてお手ごろ、汚れたらすぐ洗えるのがタオル枕のメリットです。旅行や出張の時も簡単にできるのも◎。

日中用
枕のスペシャスト 整形外科医 山田朱織医師オススメの手作り枕も手軽に作れておススメです。

  • 1.ちょっと長めのスポーツタオルを用意する
  • 2.スポーツタオルを細長く2回折る
  • 3.こっている方の首から軽く巻いていく
  • 4.1周巻いたら、2周目はあご下にしっかり入るように巻く
  • 5.巻き切ったらタオルの下から上に織り込むようにして固定する

就寝用
家にあるバスタオルを使って作れます。寝返りがしっかり打てるように、横幅50cm以上のサイズを用意してください。

  • 1.バスタオルを横半分に折ります
  • 2.もう1度半分に折ります
  • 3.端から固くクルクルと巻きます
  • 4.目安は指4本分の高さです
  • 5.両端をひもで固く結びます
  • 6.頭ではなく首の下に入れて寝ます
  • 7.この状態で顔を左右にゆっくり大きく10~20回振ります

首が反りすぎて痛みを感じるときは高すぎです。一回り小さいバスタオルで作ってみて下さい。逆に隙間があるときは、低すぎなのできつく巻き直してみましょう。足りない場合はフェイスタオルを重ねて巻く良いです。

まとめ:おすすめの首枕でストレートネック対策

首枕とは、立っている時や座っている時に頭を支える為の枕のことです。頭は軽い人でも4kgの重量があり、前に傾けるだけで首に大きな負担になります。首枕はストレートネック対策として注目されています。おさらいしておきましょう。

首枕の効果

  • ストレートネック対策
  • 肩の痛み、肩こりの予防
  • 冬の寒さ、夏のクーラー冷え対策
  • 飛行機や新幹線など長時間乗り物に乗る時の疲れ軽減

首の不調は自律神経にまで影響してしまいます。記事を参考に早めに対策してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。