怖くて眠れない、原因がある場合と漠然とした不安をお持ちの方の場合

怖い空

怖くて眠れないといった場合には、その原因が特定のものかそうではないのかを考えることが大切です。怖くて眠れない原因が、例えば、極端に怖い体験をしてしまったことが原因であれば全く正常なものであり、電気をつけて眠るなどすればよいでしょう。それに対して特定の原因がないのに怖くて眠れないといった場合には、一度心療内科等の受診が大切になります。本稿では怖くて眠れないという症状についてまとめています。

スポンサーリンク

怖くて眠れないという状況とは

夜明けの空

子供の頃には、怖いテレビを見てしまったり、本を読んでしまったりしたことなどによって怖くて眠れないという経験がおありの方は多いのでなないかと思います。もちろん成人になってからだってホラーに関する情報が蔓延している今日、怖くて眠れないということはあり得ることでしょう。

しかし、怖くて眠れないということは一般的には大人になっていけば少なくなってきます。
子供のうちは精神的に不安感を感じやすく、テレビや本などの情報で怖くて眠れないということが非常に多くありますが、成人になれば、精神的な耐性がつきますので、多少の状況に触れても怖くて眠れないということは一般的にはありません。

もちろん、生命や身体に対する極度な危険を受けてしまわれたような場合には怖くて眠れないということもあります。このような原因のある怖くて眠れない状況は人間の防衛本能として自然なことです。一方で特定の原因なくして怖くて眠れないということもあります。

それぞれのケースに分けて対策などを考えていきましょう。

特定の原因に基づいて怖くて眠れない場合

まず、何らかの原因があって怖くて眠れないという場合には、一晩中電気をつけておくということが効果的です。人間は暗いと様々な不安感が生じてきてしまいますので、何か特定の原因があり、怖くて眠れないという場合には電気をつけたままで眠るということが効果的です。軽い睡眠導入剤を利用することなどもよいでしょう。

また、怖くて眠れない原因が、例えばストーカー犯罪などがある場合には当然警察による対処を求めるべきです。

怖くて眠れない原因がはっきりとしている場合、精神的な理由で怖くて眠れないのであれば電気をつけて明るいままで安心感を強めて眠るようにしましょう。一方で、何らかの犯罪や不法行為が想起されて眠れない場合には然るべき現実的な対処をすることで怖くて眠れない状況を改善することとなります。

特定の原因なくして怖くて眠れない場合

一方で特定の原因がないのに、怖くて眠れないという場合には心療内科や精神科などの受診が必要です。怖くて眠れないという場合、通常であれば、何らかの原因があり、それに対して防衛意識から眠れないという症状が発生することになります。

しかし、なにか特定の原因がないにも関わらず、怖くて眠れないという状況の場合には、ストレスや精神的な疾患をお持ちになっている可能性があります。

例えば、不安神経症という症状が考えられます。これはいわゆるノイローゼというものです。ストレスなどの蓄積で精神の安定を欠いてしまっている場合には、不安神経症として漠然とした不安感に包まれて怖くて眠れないといった症状が生じることがありえます。

また、一方で、怖くて眠れないといった場合にはより深い精神的な疾患がある場合もありえます。つまり、脳の機能的な問題が生じて、その結果として恐怖感が生じて怖くて眠れないということもあります。

また、怖くて眠れない場合に、夜ささやくような声が聞こえたり、誰かが盗聴していように感じて怖くて眠れない場合には必ず心療内科等の受診をされてください。あなたが感じている恐怖感自体は決して間違いではありませんが、心療内科の診断によって怖くて眠れないといった症状は改善する可能性が高いということができます。

その他漠然とした理由により怖くて眠れないということについては、まずは家族に相談することも効果的です。家族の意見も聞きながら、心療内科などで診断を受けることを考えられることもよいでしょう。一方でご家族が漠然とした理由から怖くて眠れないという場合には、一笑に付すなどということをせずにその状況をしっかりと把握し、心療内科の受診を勧めることなどが重要です。

IKEA(イケア) HOLM? 50184172 フロアランプ
イケア
売り上げランキング: 2,477

まとめ:怖くて眠れないという場合の対処法について

以上、本文で述べました怖くて眠れないという状況に対する対処方法についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 怖くて眠れないといった状況が特定の原因にある場合にはその原因に対する対処をすることで解消することが考えられます。例えば、怖いものを見てしまい、怖くて眠れないという状況であれば、電気をつけて眠るなどの方法で対処することが考えられます。また睡眠導入剤を利用することなども効果的ということができます
  • 特に特定の原因がないままに怖くて眠れないという状況が続く場合には心療内科や精神科での受診が必要です。また、眠っている時に声が聞こえたり、人が潜んでいるのではないかという疑いから怖くて眠れない場合には一度心療内科等で相談されることで解決につながり得ます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment