こたつ布団を洗濯するには、クリーングと自宅どちらがオススメ?

広告ロゴ
家

毎年ゴールデンウイークを過ぎたあたりから本格的に暖かくなり、こたつ布団を収納する時期に差し掛かってきますよね。

そんな時に何かと困るのがこたつ布団の洗濯です。

衣類などと異なり結構サイズも大きくなにかと面倒なため、クリーニングに出すという手もありますが、意外と自宅で洗濯するとお得という方もいらっしゃいます。

それは、クリーニングに出すと意外とコストがかかり経済的に優しくないためだというのですが、果たして一体どちらがお得でオススメなのでしょうか。

本記事では、なにかと面倒なこたつ布団の洗濯をクリーニングと自宅で洗濯のどちらがオススメなのかまとめてご紹介していきます。

誰もが毎回面倒と悩むこたつ布団の洗濯は本記事の情報を生かして、賢く洗濯してくださいね。

スポンサーリンク

こたつ布団の洗濯

洗濯

冬の時期が過ぎ、暖かくなってきた頃からだんだん頭を悩ませるのがこたつ布団の洗濯ですが、皆さんはどうされていますか?

真夏の時期になってもこたつ布団を出しっぱなしにするという方がいらっしゃいますが、それはただ暑苦しくなるだけで涼しさを求める夏にはおすすめできない行動です。

やはり衣替えをするように暖かくなってきたら、面倒でもこたつ布団を洗濯し収納する必要があります。

それによって、夏への本格的な準備を始め、熱中症対策もしていくのが本来の姿といえるでしょう。

しかし、こたつ布団の洗濯は何かと面倒で頭を悩ませるものです。

衣類とは大きく異なりサイズも大きく自宅の洗濯機にはいらないため、バスタブを利用して手洗いするなんて方もいらっしゃいますが、非常に手間隙がかかり面倒ですよね。

そこで活用されるのがクリーニング店なのですが、モノが大きいだけに料金も結構割高だったりします。

確かにこたつ布団を洗濯し収納するという共通理解はあるものの、その明確な方法は何もなく、自宅派・クリーニング派に大きく別れ、手法そのものはバラバラというのが実際のところなのです。

自宅派・クリーニング店持ち込み派どちらがお得?

何かと面倒なこたつ布団の洗濯はおおまかに分けると自宅で洗濯する人とクリーニング店に持ち込んで洗濯してもらう人にタイプが別れますが、果たしてどちらがコストパフォーマンス的にお得なのでしょうか?

そこで、それぞれのメリット・デメリットを挙げながらどちらがオススメか検証していきます。

自宅派のメリット・デメリット

自宅派のメリット・デメリットは以下のとおりです。

★自宅派のメリット

  • 特別なものを用いることもなく、費用も数百店程度しかかからずお得
  • わざわざクリーニング店に運ぶ必要がない

★自宅派のデメリット

  • 大きなこたつ布団が洗濯で水を吸うと非常に重たくかなり力が必要
  • バスタブなどを利用しながら手洗いする必要があり手間が掛かる
  • しっかり乾かすため、天気のいい日でなければ洗濯出来ない

確かに自宅で洗濯する場合は、経済的にもかなりお得でわざわざクリーニング店に運ぶ必要もなく、何かとお得ですが、その一方で非常に手間がかかってしまい、さらに1日天気の良い日でなければ洗濯が不可能とかなり条件も厳しいですね。

クリーニング店派のメリット・デメリット

クリーニング店派のメリット・デメリットは以下のとおりです。

★クリーニング店宅派のメリット

  • こたつ布団を洗濯するための重労働から開放される
  • 天気などを気にする必要がない。

★クリーニング店宅派のデメリット

  • コストが高めで経済的に負荷がかかる。
  • 地域によってはこたつ布団を直接クリーニング店に運ぶ必要がある。
  • こたつ布団を運ぶ際車などでしかクリーニング店に運べない。

やはりクリーニング店を利用するメリットは洗濯する上での手間・利便性が得られることで、デメリットはコストやクリーニング店を利用するまでの不便性が挙げられます。

実際に相場を見てみると掛け布団・敷布団一式込で代替6000円前後クリーニングするのに費用が発生します。

さらにこたつ布団を店舗に直接持ち込むのに車を使う必要があるためガソリン代も若干かかります。最近は集荷サービスも増えてきましたが全ての地域で対応されているわけではなくクリーニング店に持ち運ぶだけでもかなりの労力を要するのです。

結局どちらがお得?

自宅派・クリーニング店派それぞれのメリット・デメリットは分かりましたが結局どちらがお得なのでしょうか?

その答えとしては、自宅で何とか手洗いできるレベルのこたつ布団の枚数(式数)であるかどうかによって変わってきます。

こたつ布団を手洗いするのは何かと重労働ですし、何よりも天気の良い日でなければ乾かすのに相当な時間がかかり何枚も洗濯することは不可能です。

しかし、唯一クリーニング店を利用する上で完全なるメリットとして言えるのは天気に左右されることが一切ないということです。

その部分を考慮すると、多少天気が悪くても極端な負荷がかからない1枚のみというケースでは自宅での洗濯の方がお得ですし、一方何枚(複数のセット数)もあるケースでは、クリーニング店を利用するほうがお得といえるでしょうね。

まとめ:こたつ布団収納時の洗濯で最も得する方法

こたつ布団の洗濯は、毎年頭の痛い話です。

自宅での洗濯・クリーニング店に依頼しての洗濯どちらがお得なのか分からず頭を抱えている人もいらっしゃいますが、その答えは、洗濯するこたつ布団の枚数(セット数)にあります。

私たちがコントロール出来ない天候に左右され精神的不安に襲われてしまうことを考えると、多少天候が悪くても大丈夫な量(1枚のみのケースなど)であれば自宅での洗濯が圧倒手的にお得と言えますが、量が増えるほど天候に左右されますのでクリーニング店に依頼しその不安を払拭したほうがお得です。

こたつ布団の枚数に応じて自宅で洗濯できるレベルなら自宅での洗濯し、そうでない場合はクリーニング店に依頼するのが最もお得な方法と言えます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。