男性から見た恋と愛の違いとは?やっぱり男女は大違い!

1.png
あなたにとっては、恋と愛はどのような違いがあるでしょうか?これについては人によって考え方が異なりますが、少なくともあなたなりには腑に落ちる考えをお持ちになられている事と思います。さて、ところで一方の男性はこの2つについて、どのように考えているのでしょうか…?気になりませんか?そこで今回は、この恋と愛について女性目線で言われがちな違いについて、男性目線での解釈をお伝えさせて頂きます。ぜひ最後までお読み下さいね♪

スポンサーリンク

男が考える恋と愛の違いは何?

はじめに

あなたは恋と愛の違いについて考えた事はありますか?恋って何だろう?愛との違いは何だろう…?きっと一度や二度、周りの友人達と語り合ったこともあるかと思います。

そして考えれば考えるほどに気分が高まり、恋がしたい愛されたい…何とも言えない気分になりますよね♪そういった経緯を得ると、常にアタマは恋愛気分でいっぱいかと!あなたのお気持ち、よく分かりますよ♪…ですがその一方、男たちはどうなんでしょうか?

もちろん男性だって恋愛はしたいものです。したくなくてもしてしまうほどに!ですが男と女では、いわゆる「恋愛観」が大幅に違います。だからこそ今回は、男が考える女性の言う恋と愛の違いについて男性目線でお伝えさせて頂きます!ぜひ最後までお読み下さいね。

男性目線で考える恋と愛4選

一人で出来るか否か?

2.png
それでは早速ですが、まずは「代表的な女性が考える恋と愛の違い」について、男性目線でお伝えさせて頂きます。あくまで参考として、男性の感覚を掴んでいって下さいね。

まずは「一人で出来るか否か」というものです。恋は一人で一方的にするもの、そして愛は一人ではできず二人で育んでいくもの…あなたはどうお考えですか?これは男性目線でもひとまず大きく変わりません。少なくとも前半の恋についてはほぼその通りです。

ですが…後半はちょっと違いますね。もちろん個人差はありますが、男性が考える愛は「なるべく自分がリードして、相手を幸せにするもの」になります。これは男のプライドに起因するのですが、どちらにせよ少々一方通行になりがちなのが男なんです。

恋は下心、愛は真心?

次に「恋は下心、愛は真心」というものです。これは素直に漢字を読み解いた解釈になりますが、多くの女性にはストライクで当てはまるものかと!ホントに愛は素敵ですね♪

ですが…大変申し訳ないのですが、その気分で男性に接していては大抵の場合でフラれる事になるでしょう。なぜなら、どうしてもこの解釈では「恋は下心で下卑たもの」と感じてしまうためです。あなたのお気持ちは分かるのですが、それは男心を分かってません。

男は「下心と愛情はほぼイコール」だと考えているのです。さらに言えば「下心の無い愛情などありえない」のが男性になります。そしてこれをあなたにも当てはめて、「俺の事が好きだったら抱かれたいと思っているハズ」と考えているのです。どうぞご注意下さい。

恋は自分のため、愛は相手のため?

さらに「恋は自分のため、愛は相手のため」なんてものもありますよね。恋は自己都合で自分の事しか考えてない結果、だから愛を持って相手都合を考えて動くべき!

これは男性目線で考えても、実にその通りかと思います♪本当に素晴らしい考え方ですね!ですが…男性目線で言えばどうしても少し解釈がズレてしまいます。なぜなら「根本的な優先順位が違うから」です。あなたの都合は大事にしますが、それ以上の優先事項が…。

よく「仕事と私とどっちが大事なの?」なんて男を困らせる質問があります。この質問、どちらかと言えば女性なら「私を選んでくれるはず」です。…が、男の本音は「仕事」になります。男性にとっては自分の仕事こそが常に最優先なんです!男は困ったもんですね。

恋は一面、愛は全てを愛する?

最後は「恋は一面、愛は全てを愛するもの」をピックアップします。恋は例えば容姿だけしか見てないということ。だから中身も含めて全てを愛し愛されたい…いいですね!

これは男性目線で言っても、見事に恋と愛を表現しています♪のですが…やはりちょっぴり違うかと。これを男性目線で言うのなら「恋愛は一面、結婚は全てを愛するもの」になってしまいます。簡単に言ってしまえば、男は一面だけであなたを愛せるのです。

代表的なのは、やはり「容姿だけ」ですね。でも結婚になると途端に全てを見るのが男であり、これが「男は恋愛と結婚が別物」と言われる由縁にもなっています。この理屈で言うのなら、男は女に比べて「相手を愛するのが遅い」ともなるでしょうか!

男が考える恋愛とは…一体何?

余暇を満喫させるもの!

3.png
さて、気分を害されていませんか?次にここからは、だったら男が考える恋愛とは一体何なのかについて、お伝えさせて頂きます。良いか悪いかは二の次としてお読み下さい。

まず男にとっての恋愛とは「余暇を満喫させるもの」になります。先ほども少し触れましたが、男は自分の仕事こそが最優先であり別格、それを除いて一番大事なのが恋愛でありあなたなのです。場合によってはさらに「趣味」が恋愛と同格にくることもあるでしょうか。

男性にとっては、仕事を捨ててでもあなたに…というのはドラマの世界だけのお話です。まれに「仕事中でもあなたの事を考えてしまう」のはありますが、男性がこれを続ければそれは恋愛ではなく「依存」になります。さて、あなたはどの程度愛してほしいですか?

性欲と愛情がほぼイコール

次に「性欲と愛情がほぼイコール」です。これは先ほども少し触れましたが、女性目線で言うなら「恋は恋人、愛は愛人」でしょうか。絶対に忘れてはならない男の感覚です。

男性は、あなたを好きになれば自然と同時に「抱きたい」と思うのです。抱きたいと思わずに好きになる事などありえないほどに!さらにこれはもう少し言えば、「抱きたいと思わなくなったら愛情も冷めてる」のが男なんです。下心こそが愛とも言えるでしょうか。

だからこそ、男性のセックスへの誘いを拒否するのは「男性からの愛情も拒否した」のと同義になります。また同時に、拒否が続いてセックスへの不満が溜まれば、それは自然とあなた自身への不満に直結するのです。あなたとは大分違うでしょうが、これが男になります。

マンネリを心地よく感じてこそ男の純愛

それでは最後に「マンネリこそが男の理想的な恋愛」なのです。女性は「男は飽きっぽいもの」であり、だから「飽きは恋愛の大敵」という認識ですが、かなりズレていますよ!

男が女に飽きを感じるのは「遊び相手・カラダ目的のみ」という場合だけ!恋愛において相手に飽きるなど無いのです。先ほど、男は性欲と愛情がイコールとはお伝えしましたが、それでも男にだって性欲とは別にちゃんと愛情もあります。勘違いしないで下さいね。

そして男にとっての恋愛は「余暇を満喫させるもの」です。学生ならば休日の度に遊び回る体力もあるでしょうが、大人の男は休日は静かに休みたいもの。つまり「特に何もしないが、傍にいるだけで心地よく感じられる」という状態が、男にとって最高の恋愛なのです!

男にとっては恋も愛もほぼ同じ…?

おわりに

さて、いかがでしたか?男から見た恋と愛の違いについて、何となく伝わったでしょうか?結局のところ、男からすれば恋と愛はほとんど同じという認識になるんです。

最後にお伝えしますが、この認識の違いは途中でも触れた「恋愛と結婚が別物」に通じるところがあります。あなたからすると、例えば「飲み会と婚活は似たようなもの」とでも言えるでしょうか。でも飲み会と婚活は、男からすると全然違うものなんです。

つまり、あなたから見た「飲み会と婚活の違い」が男からすると「恋と愛の違い」といった感覚になります。引いては、少なくとも男性を相手にする時には「これは恋?それとも愛?」を考えるとドツボにハマるでしょう!どちらもLOVEと認識していきましょう♪

あなたが納得いく恋愛をするために、本記事が少しでもお役立ちできれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment