子供用花粉症メガネの選び方

森

花粉が舞い散る季節になりました。花粉症の人には大変つらい時期になってきたと思います。さらに今年の花粉は去年は五倍とも十倍とも言われていますね。
花粉症を発症させるのは、スギ花粉のみならず、ハウスダストや小さな塵やホコリなども悪い影響をあたえることが指摘されています。

花粉症対策グッズは様々なものがありますが、多くはマスクや鼻炎薬などの鼻の炎症に関するものでした。最近では目の痒みや皮膚炎などに対する効果的な医薬品も発明されていますが、中でも使いやすいのが「花粉症メガネ」ではないかと思います。

花粉症メガネは目から花粉が入ってこないようにするメガネです。メガネの目回りの箇所にカバーを付けています。目にフィットする作りで、度付きのメガネも付けられるようになりました。

この記事では花粉症メガネの中でも、子供用に使えるようになった子供用花粉症メガネについてご説明いたします。

スポンサーリンク

子供用花粉症メガネについて

森

目のかゆみなどによる目のまつ毛に付着した花粉が原因になります。花粉の侵入を防ぐために、環境省ではメガネの着用を推奨しています。通常のメガネでも、裸眼と比較して、最大で56%の花粉をカットすることができます。

これを、花粉症対策メガネでは、各社でそれぞれ異なりますが、90%から98%ほどの花粉をカットすることができると言われています。花粉が飛散する前に花粉症対策メガネをつけていると非常に効果があります。

子供用花粉症メガネは、花粉症メガネを子供でも安全に使えるようにしたアイテムです。

従来の花粉症用メガネでは、パーツ部分が多く、目の周りにもカバーがついているためつけたり外したりするときの違和感が子供に嫌われていました。

そこで、様々なカバーをつけたり、曇りがちなグラスに曇りにくい工夫をすることなどによって、花粉症シーズンで密閉度の高い状態でも使いやすい工夫をしています。

子供用のメガネは以前からありましたが、目にフィットする花粉症メガネはカバーなど通常のメガネとは異なったパーツがあります。あた、サイズも大人用とは異なりますので、子供には子供用のメガネを付けてあげるのがよいと思われます。

オススメの子供用花粉症メガネ

オススメの子供用花粉症メガネをご紹介いたします。子供用花粉症メガネには様々な種類があり、各メーカーからアイテムが販売されています。メーカーごとに注力する箇所がことなりますし、相性もあるでしょう。

いくつかのメーカーの花粉症対策メガネをご紹介いたします。

JINS FIT&CUT

PC用メガネなどを扱うことで有名なJINSから発売されているのがこの「FIT&CUT」シリーズです。テレビCMなどでもお馴染みでうsね。

花粉を98%カットするのにスリムなデザインで使いやすく、フィット感も強い作りになっています。紫外線の防御もでき、Airtフレームを採用して安全性も高い作りになっています。

度付きレンズにも対応しています。

子供用のシリーズもあります。こちらではより安全性を高めたモデルです。For kidsというシリーズです。フードカバーをつけており、ラバー製で取り外し可能なアイテムです。子供の安全性を強化しています。

Zoff AIR VISOR

安価なメガネを販売しているZoffには、AIR VISORシリーズが花粉症対策メガネがあります。花粉症カット率が高いAIR VISOR ULTRAと、通常のシリーズがあります。ややゴツイデザインながら、高い性能があります。

防曇レンズを標準搭載しており、マスクをしても曇りにくいつくりになっています。花粉症対策メガネは曇りやすかったのですが、その難点を解決しています。UV400の規格があり、紫外線をカットすることができます。日常の紫外線対策としても十分使用することができます。

また、AIR VISORでは花粉対策用スペシャルパッケージとして、帝人性の立体マスクやポケットテッシュなどをセットにしたアイテムを発売しています。花粉症の人に本当に使って欲しい逸品です。

子供用花粉症対策メガネとしては、Sサイズのものがあります。機能は大人用のものと一緒です。一部店舗ではあつかっていないこともあります。

名古屋眼鏡株式会社 スカッシー

独自色の強い眼鏡をつくる名古屋メガネの花粉症対策メガネがスカッシーです。
眼鏡周りのフレームが顔にフィットする形状になっています。

サイズやカラーはすべて41種類という豊富なバリエーションが特徴です。お子さんにあったタイプのものが必ず見つかることでしょう。

子供用花粉症メガネは自分にあったものを

花粉症対策メガネは様々なメーカーから発売されています。多機能型のものが目立ちますが、基本的には目にしっかりフィットするものを選ぶとよいでしょう。

他に、紫外線防止レンズかどうか、度付きメガネが可能かどうか、安全用のラバーカバーがついているかどうかなどのポイントを心得て購入しましょう。

眼鏡によっては合わなくても返金などをしてくれない場合がありますので、サポートもしっかり確認して購入するのがよいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment