コーヒーがダイエットに良い!コーヒーのダイエット効果と効果的な摂取方法

広告ロゴ
coffee

コーヒーにダイエット効果があるのを聞いたことがありますか。コーヒーの好きな方にとっては耳寄りななんとも簡単でうれしいダイエットなのですが、コーヒーにダイエット効果があることは実際に認められています。

コーヒーは世界で最も愛飲されている飲み物で、コーヒーベルトと呼ばれる亜熱帯の地域で栽培され、コーヒーの木から収穫されるコーヒー豆は100%すべて天然の成分で出来ていて、一切添加物が含まれていません。豆や味の種類もたくさんあり、手軽に味と香りの多彩な色々なコーヒーを楽しめます。

豆をひいたドリップのものと、インスタントのコーヒーどちらにもダイエット効果がありますが、実際のコーヒーの具体的なダイエット効果と、より効果的な飲み方とタイミングをご説明します。上手に飲んで、そのダイエット効果を最大限に利用し、手軽に楽しくダイエットしましょう。

スポンサーリンク

ダイエット効果抜群のコーヒーの脂肪燃焼効果

コーヒーにカフェインが含まれるのは皆さんご存知だと思いますが、カフェインはそもそも血行を良くし、消化酵素の働きを活発にし、代謝を高める効果があります。善玉菌を増やし、コレステロールを下げる働きも確認されています。

カフェインが中枢神経を刺激し、カテコールアミンという物質を分泌します。このカテコールアミンには、体内に蓄積した脂肪をエネルギーとして消費しようとする働きがあるので、ダブルの効果でダイエットを促進するのでやせるといわれています。ただ、夜飲みすぎると睡眠に影響があるので避けましょう。

カフェインは興奮作用があるので、とりすぎると睡眠に影響が出ます。コーヒーを飲む適切なタイミングと、量がポイントです。

「クロロゲン酸」が脂肪を撃退

コーヒーダイエットの最大の効果は脂肪燃焼にあります。カフェインと同様に、コーヒー豆に含まれるポリフェノールの1種である「クロロゲン酸」が脂肪を分解する作用があり、また、自律神経の働きを高めるので、肥満を予防できる効果もあります。

コーヒーの茶色、香り、味がこのクロロゲン酸の成分で、抗酸化作用があり、肝臓の脂肪燃焼のはたらきが促進されるとされています。活性酸素を抑制してくれるので、アンチエイジング効果もあります。体のさび、老化を防いでくれるので、健康と美肌にも強い味方です。このクロロゲン酸は熱湯の熱に弱いので、沸騰したお湯ではなく、80度程度の熱すぎないお湯でコーヒーを飲むのが良いとされています。

お湯をあたため、熱すぎないお湯でコーヒーを淹れると、ダイエット成分を効果的にとれると同時に、香りや色合いも良くさらにリラックスして味わいが楽しめます。

代謝アップに効果!午前中と運動の前後、食後が効果的

 コーヒーに含まれるカフェインは、リパーゼという脂肪分解酵素を活発にする働きがあります。このリパーゼが活動することで、中性脂肪が脂肪酸へと分解され、脂肪の燃焼を促します。

さらに、ポリフェノールの一種のクロロゲン酸は、脂肪を効率よく燃焼しエネルギーに変換します。「食事で摂取した脂肪」と、「元々体にたまっていた脂肪」の両方に効果を発揮するのです。コーヒーを1回飲むと、効果が持続するのは数時間といわれているので、1日のコーヒーの適量は4~5杯を目安にしましょう。

まとめてとるのではなく、何回かにわけて飲みましょう。午前中は代謝がもともと活発なので、体を動かすとさらに代謝アップを助けダイエット効果を期待できます。朝のコーヒーや、運動の前後に、また食事の前後に飲むのが良いとされています。コーヒーを飲んだ後に、汗をかく量が増えると実感している声もあります。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸がダイエット後のリバウンドも防止してくれます。活動的なときに、また軽い運動をされる前後に積極的にコーヒーをとりましょう。

インスタントよりもドリップ式の方がより効果的

レギュラーコーヒーは、コーヒー豆を焙煎して粉砕したドリップ式で、インスタントコーヒーは、コーヒー豆を焙煎して粉砕したものから液体を抽出して乾燥させたもの。ドリップ式のほうがカフェインやクロロゲン酸の含有量が高いので、さらにダイエット効果をあげる成分を含んでいることになります。

手間は少しかかりますが、香りの高い、味わい深いコーヒーを楽しむことで、満足感やリラックス効果も得られ、コーヒーの香りをかぐと、脳にα波が生まれ心身を癒してくれるのでダイエットにも、生活習慣としても良いとされています。

さきほども述べましたが、クロロゲン酸強い熱に弱い成分なので、深煎りよりも浅煎りのものを選んでください。時間の無い方はインスタントコーヒーでももちろんダイエット効果はあります。

食欲抑制効果もあるので、食べすぎを防いでくれます。また、アイスよりもホットで飲むのが良いのも事実。ホットコーヒーの方が体を温めるのはもちろん、香りと味わいの相乗効果で、よりダイエットに働きかけてくれます。アイスコーヒーでも効果はありますが、缶コーヒーなどは糖分が多くカロリーの高いものが多いので、気をつけて選んでください。

ブラックか微糖で飲むのがよい

ブラックで飲むのが成分をそのまま摂取できるので、最もダイエットに効果的ですが、コーヒーをブラックで飲むのは苦味が苦手という人は、少しのミルクやヘルシーな豆乳、微糖などで飲むのがよいとされています。

食後に飲めば消化促進作用もあり、脳の活動をすっきりと活発化させ、思考力を高め疲労感を軽減する効果があります。満足度もあがりますし、ゆっくり飲めば血糖値の急激な上昇をゆるやかにしてくれるので、ダイエット効果があります。シナモンやくるみ、バニラのフレーバーコーヒーなども豊富にあるので、種類を楽しむのも良い方法です。満足感が食べすぎを防止してくれます。

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーは趣味、嗜好品として人々に愛され、何より手軽で、様々な味も香りも楽しめる飲み物ですが、利尿作用が強いので、飲むと水分が不足してしまいます。コーヒーを飲むとトイレが近くなるのは皆さん実感されていると思いますが、デトックスによい反面、カフェインをとりすぎると体が脱水状態になり、体が水分をためこもうと働くので、むくみにもつながります。

コーヒーだけを飲むのではなく、水分も同時に十分に摂るようにしましょう。また、カフェインをとると鉄分の吸収が悪くなりますので、妊婦さんや貧血気味の方は、取りすぎに注意しましょう。500mg以上とると、副作用が心配されるので、コーヒーは1日5杯程度までと決めておきましょう。適切な量でダイエット効果があるということに注意してください。

まとめ

コーヒーダイエットは、おいしくいつのまにか自然に続けられることが何よりもポイントです。若々しさを保ち、すっきりと活発に思考的な生活を助け、心身を癒し、リラックスして体内の脂肪燃焼を活発にしてくれる、すばらしい効果をもたらしてくれます。

何より効果的なのは、毎日コーヒーを飲むタイミングと習慣を意識するようにして、体のダイエット効果を実感してつづけられることです。自然にリラックスしながら味と香りをじっくり楽しんで続けることで、健康に日に日にやせていくのです。まずはコーヒーダイエットを実行して、そのダイエット効果を実感してみましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。