都内から約2時間、週末は鬼怒川で日帰り入浴!

猿温泉

寒い冬は温泉が楽しい時期でもありますね。東京都内から電車で気軽に行ける日帰り入浴施設は沢山ありますが、その中でも日光の鬼怒川温泉は年間200万人が訪れる有名な温泉地です。

箱根や熱海と並んで東京からの日帰り入浴客の多い温泉地ですが、かつては諸大名や僧侶のみが入る事を許されたお忍びの湯であったと言われていて、一般開放されたのは明治時代に入ってからの事です。

その後鬼怒川上流に建設されたダムによって水位の下がった川底から源泉がいくつも発見され、今の温泉地へと発展してきました。

週末は鬼怒川温泉で日帰り入浴と観光をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

鬼怒川温泉街

温泉美人

ほとんどのホテルや旅館で入浴のみの利用が可能となっているので、日帰りでも安心して訪れる事が出来ます。
また立ち寄り風呂として鬼怒川公園内に町営の鬼怒川公園岩風呂があります。

旅館業者が兼営するお土産物屋や食堂も数多くあり、宿泊客だけでなく日帰り入浴での観光客も多い温泉地です。

泉質は弱アルカリ性で特に火傷に効能があると言われています。

鬼怒川温泉人気の日帰り入浴場

日帰り入浴でも人気な鬼怒川の入浴施設やお宿をピックアップしました。

鬼怒川温泉オートキャンプ場 上滝乃湯

鬼怒川温泉オートキャンプ場の中にある温泉施設は深い緑に囲まれ、露天風呂からは四季折々の自然が満喫できる事で人気。オートキャンプ場の中なのでもちろんディキャンプや釣りも楽しめて家族連れもにも人気。

自然浴 離れの湯 あけび

木戸川河畔にある個室貸切露天風呂のあけびはカップルにもお勧め、10室ある離れの湯はそれぞれに趣が異なる2つの露天風呂を備えている。古民家の湯あがり処や足湯も人気。

上人一休の湯

高台にある上人一休の湯は京都の清水寺をイメージしたテラスから川俣湖が一望できる。露天風呂もあり、お湯は神経痛や筋肉痛、美肌に効果あり。

八丁湯

鬼怒川温泉からさらに少し足を伸ばして川治温泉郷の奥鬼怒へ、山峡に佇む八丁湯。山肌から湧き出るたっぷりの湯が人気の入浴施設。女性専用の滝見露天風呂が格別。

ほてる白河 湯の蔵

鬼怒川を眼下に見渡す事の出来る湯の蔵、男湯は檜を基調とし女湯は石を基調。貸切の反露天風呂もあって人気。

きぬの宿 志季大瀞

鬼怒川沿いに建つ入浴施設、男女ともに露天ぶろは鬼怒川に面しており、川を眺め得ながらの森林浴気分での入浴が可能。日帰り入浴客の外来も受け付けている。

鬼怒川周辺の観光スポット

せっかく鬼怒川まで足を伸ばしたら日帰り入浴だけでなく観光もして帰りたいもの、日光の世界遺産をはじめ鬼怒川周辺には観光名所が沢山あります。

奥白根山

関東以北の最高峰である奥白根山は標高2578m。日光白根山とも呼ばれるこの山が最後に噴火したのは1889年、山頂一帯には今でも当時の火口跡が残り、日光の山々が一望できる。

東武ワールドスクウェア

鬼怒川で世界一周旅行!世界中の有名な建物や遺跡を25分の1スケールで再現。ちなみに施設内の建物や遺跡の数は東武にちなんで102点、施設内に居る身長7cmの小さな人間達の数は14万人!

とりっくあーとぴあ日光

名画や彫刻などを不思議なトリックアートで再現した不思議な施設。ピラミッド探検の疑似体験が出来る迷路もあり。面白写真が沢山とれるそうなのでカメラを忘れずに。

ダムとダム湖探検ツアー

なんと水陸両用のバスに乗れてしまうこのツアー、バスは川沿いをドライブした後は水しぶきを上げて川治ダムの中へ。ダム湖の眺めも美しいうえにダム施設も見学できる。

湯滝

湯ノ湖からの水が勢いよく落下する湯滝、最大幅は25メートルで高さはなんと70メートル。階段上の遊歩道からは間近に滝を眺められて迫力満点。

鬼怒川温泉日帰り入浴、お勧めのお土産

鬼怒川で日帰り入浴を楽しんだ後は家族や友人に素敵なお土産を買ってかえって上げましょう!人気のお土産をピックアップ。

まんじゅう処 おおあみ

温泉と言えば、もちろん温泉まんじゅう。まんじゅう処おおあみの温泉まんじゅうは純黒糖、国産最高級小豆使用の贅沢なおまんじゅう。あつあつの出来たても販売している。

御菓子処 青柳

地元の人にも人気の高い御菓子処青柳。大粒の栗が丸ごと1個入った栗温泉まんじゅうや北海道産の最高級小豆を使った豆大福が人気。

一楽

一楽は鬼怒川温泉駅前にあるお土産物屋さん、たまり漬けや地酒、湯葉など地元の名産品を豊富にそろえているので、うっかりお土産を買い忘れそうになっても安心電車に乗って東京に戻る前に一楽に寄りましょう。しかし出来たての温泉まんじゅうは大人気ですぐに売り切れる事もあるので注意。

るるぶ日光 那須 鬼怒川 塩原'14 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング (2013-03-15)
売り上げランキング: 105,094

週末は鬼怒川で日帰り入浴のまとめ

  • 日光鬼怒川温泉までは東京から約2時間。
  • 箱根や熱海と並んで年間200万人の観光客が訪れる温泉地。
  • 鬼怒川沿いにも数多くの温泉宿が点在していて、ほとんどの宿が日帰り入浴も受け付けているので安心。
  • 鬼怒川は日帰り入浴だけでなく周辺観光スポットやアクティビティも充実。
  • お土産に人気の温泉まんじゅうは売り切れる事も良くあるのでお早めに。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment