鈍い痛みを解消したい、緊張性頭痛に効果がある薬の種類とは

頭痛おじさん

緊張性頭痛に対して効果がある薬を選ぶためにはご自身で薬局の薬を探すよりも医師の処方による薬を服用したほうが効果的です。緊張性頭痛に対しては、その症状や程度に応じて適合する薬が様々ですので、医師の判断による薬を服用したほうがご自身に合う良い薬に早くめぐり合うことができる可能性が高くなります。また、緊張性頭痛のために薬を服用される場合には、薬物乱用頭痛・胃腸障害などに注意することも必要です。

スポンサーリンク

緊張性頭痛と薬物による治療

薬を飲む女性

頭痛には様々なタイプがありますが、頭痛のタイプの一種として緊張性頭痛があります。緊張性頭痛は首や肩の筋肉が緊張する(凝ってしまう)ことによって発症するタイプの頭痛です。つまり、首や肩の筋肉が凝ることによって、血行が悪くなり、頭痛が起こります。

肩こりならぬ「頭凝り」が緊張性頭痛と言えるでしょう。緊張性頭痛は命に別状があるようなタイプの頭痛(例えばくも膜下出血による頭痛など)ではありませんが、「頭が凝る」という頭痛ですから、鈍い痛みが継続的に続き、大変辛い頭痛です。なお、緊張性頭痛は男性よりも女性に多いという特徴もあります。

緊張性頭痛に対しては、はり治療やツボ治療をしたり、物理療法(電気を流すなどの治療法)もありますが薬の服用によって治療するという方法、つまり薬物療法もあります。

緊張性頭痛に効く頭痛薬の探し方

緊張性頭痛に対しては確かに薬物を用いた治療法も効果的ですが、頭痛薬であればどんなものでも緊張性頭痛に対して効果があるというわけではありません。むしろ、緊張性頭痛に対して市販の頭痛薬はあまり効果がない傾向があります。

市販の頭痛薬は風邪による頭痛などに効果がある薬は多数ありますが、緊張性頭痛の場合、一般的に広い治療効果がある頭痛薬はあまりないというのが現状です。例えば、インターネットの口コミなどを例にとりますと、緊張性頭痛に対して効果があると感じる頭痛薬は人それぞれです。

風邪薬のように統一的に効き目が認められるような頭痛薬は、緊張型頭痛の場合にはあまりない傾向があります。緊張性頭痛はその程度・症状などによって処方する薬が様々ですので、広くどの人にも効き目があるという頭痛薬を開発することは難しいということなのかもしれません。

そのため、緊張性頭痛の場合、その痛みを解消する頭痛薬を探すためには、薬局よりも病院で薬の処方を受けたほうが効果的な頭痛薬を得ることが出来るということができます。

もちろん、町の薬局でご自身の緊張性頭痛の解消に効果的な頭痛薬を発見することができればそれに越したことはありません。しかし、一般的には病院で処方された薬の方がご自身に合ったものを選んでくれるので、医師の処方を受けることがおすすめすることができます。

緊張性頭痛に対して処方される頭痛薬の種類

では、緊張性頭痛に対しては具体的にはどのような頭痛薬が処方されるのでしょうか。

緊張性頭痛に対して効果が強いと言われる薬は、非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれる頭痛薬が効果が高いと言われます。他にも抗うつ剤や筋弛緩剤などが症状によっては処方されることがあります。

このように緊張性頭痛に対して処方される可能性がある薬は非常に多くの種類にわたります。そのため、いずれの薬がご自身の緊張性頭痛に対して効果があるかどうかは、医師の経験や判断、知見などに基づき選ぶことが効率的に合う薬を選ぶことができると言えるでしょう。

このような様々な種類の薬からご自身に合致するタイプの薬を選ぶこととなります。

注意したい薬物乱用頭痛・胃腸障害

このように緊張性頭痛は薬・薬物による症状改善を期待することができますが、一方で連用をすることによる薬物乱用頭痛・胃腸の障害に注意することも必要です。緊張性頭痛に対する薬を飲み続けるとどうしても副作用が生じる可能性があります。

そして薬を飲みすぎてしまうことでかえって頭痛が発症したり、胃腸への負担が生じてしまうことなどがありえます。この意味でも緊張性頭痛に対する薬の処方は医師の判断に従って行うことが望ましいということができます。

緊張性頭痛の治療として薬を利用される際には薬物乱用頭痛や胃腸障害とならないように注意することが大切です。

なお、薬物療法以外にも様々な緊張性頭痛の解消方法がありますので、薬物療法以外の方法で緊張性頭痛の解消を目指すこともひとつの方法ということができます。

あずきのチカラ 首肩用
あずきのチカラ 首肩用
posted with amazlet at 14.01.13
桐灰化学 (2009-09-30)
売り上げランキング: 97

まとめ:緊張性頭痛に対する薬物療法のポイントのまとめ

以上、本文で述べました緊張性頭痛に対する薬物療法・薬の選び方のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 緊張性頭痛に対して薬物療法を用いる場合には薬局等でご自身で薬を選ばれるよりも病院で医師の診断に基づく薬を服用された方が早く良い薬と巡り会える可能性が高くなると言えます
  • 緊張性頭痛に対する治療薬としては非ステロイド性抗炎症薬が効果が高いと言われます。また、筋弛緩剤や抗うつ剤なども効果があるケースもあります 
  • 緊張性頭痛に対して薬物療法を用いる場合には薬物乱用頭痛や胃腸障害が生じてしまわないようにも注意する必要があります

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment