緊張型頭痛に対する病院での治療法やくすりの処方について

医師

緊張型頭痛に対する病院での治療法としては、物理療法・薬物療法・はりやツボ治療などがあります。緊張型頭痛に対しては市販の頭痛薬を探すよりも病院で治療を受けたほうが高い効果を得ることが期待できるということができます。本稿では、緊張型頭痛に対する病院での主な治療法についてまとめています。

スポンサーリンク

緊張型頭痛の場合には病院への通院がおすすめ

頭痛の女性

緊張型頭痛とは、首や肩の筋肉が凝って(緊張して)しまい、頭部の血行が悪くなることで引き起こされるタイプの頭痛をいいます。緊張型頭痛はパソコンや勉強で机に向かうことが多い現代病ということができます。また、肉体を使われるお仕事の方でも、同じ姿勢を続ける作業の方などは緊張型頭痛となることが多いと言えます。

緊張型頭痛は生命に関わるような重篤な状態にはならないものの、鈍い痛みが長く続きますので、可能な限り治療・回復をさせたいものです。

緊張型頭痛は市販の頭痛薬では効果があるものを発見することがなかなか難しい面があります。そのため、緊張型頭痛の場合、病院での治療がおすすめすることができます。

緊張型頭痛の場合の病院での様々な治療法

緊張型頭痛の場合、病院で行われる治療法としては以下のような治療法があります。

物理療法

緊張型頭痛は首や肩が凝ってしまうことが原因ですので、これら首や肩の凝りを解消することで緊張型頭痛を解消することが考えられます。病院での治療でも、このような観点から治療が行われます。

具体的には、首を牽引(引っ張る)したり、電気での刺激を与えること、温めることなどの物理的な方法によって治療をします。電気での刺激などというと一見恐ろしいような感じもしてしまいますが、実際にはあまり傷み等はありません。肩の深い部分の筋肉の緊張・凝りを解消し、血行を良くする治療法です。

病院で行われる物理療法は、特殊な機器を使用して行うこともあります。例えば、コンビネーション刺激装置と言われる特殊な機器を使用し超音波などを送るという治療法をとることがあります。緊張型頭痛に対して病院で行われる物理療法は、個人では行うことが事実上不可能な高度な専門機器を利用して行うものですので、高い効果を期待することができます。

なお、病院で行われる物理療法は基本的に保険診療の対象となりますので費用も3割の負担で治療を受けることが可能です。

薬物療法

緊張型頭痛に対して、医師の診断のもと専門的な薬物が処方されることがあります。緊張型頭痛の痛みに対しては、非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれるタイプの薬物が効果があるとされます。また、緊張型頭痛の予防のためには、抗うつ剤が効果的な場合があったり、筋弛緩剤が効果がある場合などがあります。

緊張型頭痛に対してどのような薬物が効果的かは、痛みの程度などによりそれぞれとなりますので、病院ごとに独自の判断に従って提供されることとなります。緊張型頭痛に対して薬物療法を用いる場合には、生活リズムや薬に対する相性などを総合的に判断して処方がされますので、この意味でもご自身で薬を探すよりも病院の判断で薬を選ぶことが良いということができるでしょう。

もちろん、病院で診断を受けた上での緊張型頭痛に対する薬の処方については保険の対象となります。

はり治療やツボ刺激

病院によりますが、緊張型頭痛に対する治療法として、はりやツボ刺激などの東洋医学的技術を用いて治療をしてくれるタイプの病院もあります。

はり治療やツボ刺激は現に緊張型頭痛で痛みがある場合に、その痛みが「スーッと取れる」ような効果をもたらしますので、緊張型頭痛で辛い場合にははり治療やツボ治療をしてくれる病院を探すことがおすすめできます。

緊張型頭痛に効果があるツボとしては、後頭部にある風池(ふうち)のツボ、天柱(てんちゅう)のツボなどが効果的です。ツボ刺激は物理療法や薬物療法とは異なり、ご自身で行うことも可能な治療法ですが、病院で専門医に行ってもらうことで高い効果を期待することができるでしょう。

ツボ治療やはり治療はケースによっては保険診療の対象外となることもありますので、事前に保険の適用の可否について尋ねておくことがおすすめできます。

あずきのチカラ 首肩用
あずきのチカラ 首肩用
posted with amazlet at 14.01.13
桐灰化学 (2009-09-30)
売り上げランキング: 97

まとめ:緊張型頭痛に対する病院での治療についてのまとめ

以上、本文で述べました緊張型頭痛に対する病院での治療法についてまとめますと以下のようになります。

  • 緊張型頭痛に対する病院での治療としては、まず、物理療法として電気や牽引を用いた治療法が行われることがあります。物理療法は非常に専門的な機器を利用して実施されることもあり、保険診療の対象となります
  • 緊張型頭痛に対する病院の治療では薬物の投与(薬物療法)が用いられることもあります。病院の医師の判断に基づく薬物療法の場合、薬に対する相性やなどを考慮して処方してくれるのでご自身に合った薬物を処方してもらうことが期待できます
  • 緊張型頭痛に対しては、病院ではり治療やツボ治療も行われる場合もあります。はり治療やツボ治療はケースによっては保険診療外となるので事前に保険の適用の可否を確認しておくことが良いと言えます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment