血管性頭痛の特徴と対処方法

考える女性

血管性頭痛とは、別名偏頭痛とも呼ばれるタイプの頭痛です。日本人には頭痛持ちが多いと言われますが、この頭痛持ちの「頭痛」とは血管性頭痛を指して言うことが多いです。
血管性頭痛とは一体どのようなメカニズムで痛みが生じるのでしょうか。

また、予防法・対処法としては具体的にどのような方法があるのでしょうか。

スポンサーリンク

頭痛の種類はさまざま

考える女性

頭痛は私たちにとって身近な身体症状の一つです。もちろん、頭痛などは経験しなくても良いのであれば経験したくないものですが、日本人には(その症状には軽重はあるものの)約1000万人近くの頭痛持ちの方がいると言われています。これまで頭痛持ちではなかった人が急に頭痛の症状を持つこともあります。この意味で頭痛は非常に身近な身体症状ということができます、

頭痛には実にさまざまなタイプがあります。極端なものとしては、生命に関わるようなくも膜下出血による頭痛(この場合、後頭部を殴られたような痛みが生じます)などもあります。しかし、多くの人が「頭痛持ち」という場合、その頭痛は血管性頭痛です。

血管性頭痛は偏頭痛とも呼ばれ(むしろ血管性頭痛よりも偏頭痛の方が広く浸透しているかもしれません)、日本人には非常に多いタイプの頭痛です。

血管性頭痛の特徴とは?

まず、血管性頭痛は、なぜ血管性頭痛と呼ぶのでしょうか。それは痛みの発生に関して血管の収縮が関連しているためです。

血管性頭痛ないし偏頭痛は、頭部の血管が拡張し、血管の周りにある神経が刺激されることが痛みの原因となります。なぜ頭部の血管が拡張するかということに関してはいくつもの考え方がありますが判然とはしていません(有力な考え方としては、セロトニンという物質が関係しているという考え方や三叉神経という神経の痛みが関係しているという考え方などがあります)。

いずれにしろ、血管性頭痛は頭部の血管の拡張により即頭部にずきんずきんという痛みが生じる点が大きな特徴です。

血管性頭痛の発生周期は人によります。多い方の場合、1週間に2~3回も血管性頭痛の痛みが生じて辛い思いをされているという方もいます。血管性頭痛はストレスやお酒などが血管を拡張させる要因となっているのではないかとされるので、血管性頭痛を患ってしまった場合にはお酒の席などでは飲酒を控える必要が出てきます。

血管性頭痛の予防と対処

血管性頭痛は可能であれば治したいものですが、現時点では血管性頭痛を根本から治す方法は発見されていません。そこで、血管性頭痛は痛みが生じないようにする「予防」と痛みが生じた場合の「対処」が重要となってきます。

まず、血管性頭痛に対する予防としてはストレスをためないことやなるべく安静にすごすなど一般的な生活習慣に加えて、薬の服用が一般的です。

血管性頭痛を予防するための薬としては、カルシウム拮抗薬というタイプの薬やβ遮断薬と呼ばれるタイプの薬などを服用します。これらの薬を服用し、お酒などを避ければ血管性頭痛の症状はかなり予防することができます。

特に血管性頭痛の場合、症状発生の前には目の前に光が見える閃輝暗点(せんきあんてん)という独特の症状があることがあります。この閃輝暗点があった場合などは血管性頭痛の発症を予期して対処をする必要があります。

一方で血管性頭痛が発症してしまった場合には、冷やすということが基本的な対処法です。
またツボを押したりコーヒーを飲むということも一定程度効果があるとされますが、血管性頭痛の痛みが生じてしまった場合にはあらかじめ医師から処方されている薬や対処法により痛みを解消する方法がもっとも確実な効果が期待できます。

先も述べましたとおり、血管性頭痛に対しては根本的な治療方法は確立されていません。そのため、血管性頭痛は長い付き合いとして上手にその痛みを予防・対処して付き合っていくということになります。

なお、血管性頭痛以外で頭痛持ちと言われるものとして緊張型頭痛もあります。緊張型頭痛は、筋肉のコリ・ハリなどで生じる頭痛であり、鈍い痛みが長く続くのが特徴です。
血管性頭痛とは痛みのタイプが異なりますので違いは明白です。

血管性頭痛でなく、緊張型頭痛も長く痛みが続けば仕事や日常生活に影響が出ますので痛みがひどい場合には医師の処方を受けることが重要です。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,124

まとめ:血管性頭痛についてのまとめ

以上、本文で述べました血管性頭痛についてポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 血管性頭痛は偏頭痛とも呼ばれます。痛みはずきんずきんとした痛みであり、血管の拡張が痛み発生の原因となっています
  • 血管性頭痛を予防するためには、ストレスをためないことや安静な生活を送ることなどが望ましいものの、実際にはカルシウム拮抗薬やβ遮断薬などの薬の服用によって予防することが一般的です。またお酒は避ける必要があります   
  • 血管性頭痛の痛みが発症した場合にはまずは冷やすことが重要です。その上で医師から処方されている薬などを飲み、痛みが和らぐまで冷やすことが大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment