とても痛む頚椎ヘルニアの治療方法

医者

頚椎ヘルニアは頸部(くび)のヘルニアです。頚椎ヘルニアとなってしまうと首や肩の痛みやしびれ等が生じてしまいますので、治療が必要です。では、頚椎ヘルニアの治療方法としては具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。本稿では頚椎ヘルニアに対するさまざまな治療法についてまとめています。

スポンサーリンク

痛みを中心とした頚椎ヘルニアの諸症状

医師

頚椎ヘルニアは頸部(くび)の椎間板で生じるヘルニアです。ヘルニアというと腰の椎間板のヘルニアを連想される方が多いかもしれませんが、頸部でも椎間板の飛び出しによるヘルニアは生じます。

頚椎ヘルニアは椎間板(骨と骨の間にあるコラーゲン等で出来ているクッション部分)が飛び出してしまい、神経を刺すようにして圧迫しますので大変痛みます。初期症状としては主として肩や首の痛みが生じます。その後、症状がひどくなってくるとしびれや手に力が入らないといった症状、そして悪くしてしまった場合には歩行困難や失禁などにも及んでしまうこともあります。

このように頚椎ヘルニアは痛みを中心として様々な身体症状を引き起こします。

この頚椎ヘルニアに対する治療法としてはどのようなものがあるのでしょうか。

頚椎ヘルニアの治療の基本・保存療法

頚椎ヘルニアと診断された場合にもっとも一般的に行われるのは保存療法と言われる治療法です。保存療法とは、要は、安静にさせるという治療法です。頚椎ヘルニアの痛みが強い時期(急性期)には、何よりも今ある痛みを解消させることが重要となります。そして頚椎ヘルニアの痛みを解消するための基本的な治療法としては、安静にさせて痛みを抑えるという保存療法がよく用いられます。

実際、頚椎ヘルニアの初期には保存療法は大変効果的であり、8割程度の方は3ヶ月程度で症状が治まる傾向があると言われます。保存療法は単に寝ている・座っているというだけの治療法ではなく、痛みに応じて塗り薬や局所麻酔なども行います。

頚椎ヘルニアの治療法としては保存療法がもっとも基本的な治療法となるといえます。

頚椎ヘルニアに対するレーザー治療

頚椎ヘルニアに対してはレーザー治療が行われるケースもあります。レーザー治療は幹部に注射をしてレーザー照射を行うという治療法です。通常の切開による手術とは異なり、注射とレーザーだけで行いますので、簡易であるとともに時間も1時間程度で終了します。いわゆる日帰り手術が可能な治療法です。

レーザー治療は頚椎ヘルニアの初期の頃には非常に有効な治療法と言われます。
ただ、症状によってはレーザー治療に適さないケースがあることやレーザー治療を実施している病院・医院が決して多くないこと、そして保険の適用がないので全額自己負担となってしまうことが大きなネックということができます。

頚椎ヘルニアの治療のためにレーザー治療を選択される場合にはご自身の症状に対して効果があるのかという点や費用の点などについてよく確認をされた上で治療法を選択されることが重要と言えます。

手術による頚椎ヘルニアの治療

頚椎ヘルニアに対して保存療法を行ってもなかなか症状が改善しない場合に最終的に実施されるのが手術による治療法です。患部を切開して手術を行います。

頚椎ヘルニアに対する手術は、ヘルニア自体を切除するという方法や椎間孔を広げて神経の圧迫を弱めるという方法などがありますが、手術方法はある程度確立されているということができます。

頚椎ヘルニアに対する手術による治療は、おおむね3時間程度で実施され、手術後は1週間から2週間程度で退院をすることが可能となります。

手術は保険の適用がありますが、入院費なども含めて約30万円程度はかかることになります。頚椎ヘルニアの痛みがひどい場合には任意で加入している保険の適用の可能性なども考慮して手術に踏み切るのもひとつの方法であるということができます。

その他、頚椎ヘルニアの一般的な治療法としては、患部を温めること(温熱療法)や痛みが引いている時には運動をすること(運動療法)薬を処方すること(薬物療法)などがあります。どのような治療法が適切かは症状や年齢などさまざまな要素が絡みますので、信頼できる医師等の指示に従うことが重要と言えるでしょう。

まとめ:頚椎ヘルニアの治療法のまとめ

以上、本文で述べました頚椎ヘルニアの治療法についてまとめますと以下のようになります。

  • 頚椎ヘルニアの場合、基本となる治療法は安静にするという保存療法となります。多くの頚椎ヘルニアの場合には保存療法を数ヶ月続けることで頚椎ヘルニアの症状は良くなることが多いと言えます
  • 頚椎ヘルニアに対してはレーザー治療を行うという方法もあります。レーザー治療は注射とレーザーの照射だけで済むので非常に簡便な治療法ということができます。ただ、レーザー治療の場合には保険の適用がないなどのデメリットも存在します
  • 頚椎ヘルニアの症状が好転しない場合には最終的には手術によって治療をするという方法もあります。手術については2週間程度の入院が必要となります。費用は入院費なども含め30万円程度が必要となるのが一般的です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment