家族の写真アルバムの保存方法

a0007_001765

最近ではデジタルカメラやスマートフォンが普及し、気軽に写真が撮れるようになりました。特にスマートフォンは画質も良く、デジタルカメラを持ち歩かなくても十分な写真が撮れるので、いろいろな場面で写真を気軽にとることができ、あっという間に携帯のデータファイルにたくさんの画像が保存されてしまいます。

何気ない日常の写真から記念となる日の写真、とびきりの笑顔、その日の雰囲気を感じられる写真、さまざまな思い出であふれ、どれも大切にとっておきたいものばかり。そんな思い出の写真を、大切に保管していきたいものです。

スポンサーリンク

撮りためた写真の保存方法

デジタルカメラやスマートフォンで撮影したものは、意外とプリントにせずに、メモリーカードやパソコンに保存したままという方もいらっしゃいます。私もスマートフォンに2000枚近い写真がありますが、半分以上はプリントせず、そのままの状態になっています。

以前、スマートフォンのバージョンアップをしている時、突然初期化してしまい、データも全て消えてしまうというトラブルがありました。メールやアプリや連絡帳が消えるよりも、子供たちの写真が一瞬にして消えてしまったことが一番ショックでした。

やはり相手は目に見えないデータですので「消えない」という完全な保障はありません。時間を取り戻すことはできず、その貴重な瞬間を捕らえた大切なデータですので、「データの保存」をきちんと行う必要があります。

パソコンに保存

デジタルカメラの場合、パソコンへの保存をすることで、年賀状などのはがきの作成をしやすくなったり、インターネットでの写真プリント依頼もしやすくなったりします。

撮った写真の枚数が多くなる前に、毎回かならずPCに保存する癖を付けるとデータも日付や年度などのファイルごとに保存しやすく、データが消えてしまうことも避けられます。そこからさらに、パソコンに保存されているデータを外部の記録メディアにコピーしておくと、パソコンに問題が生じたとしても安心です。

記録メディアに保存

「HDD」や「DVD-R」や「BD-R」などに保存をする方法があります。HDDに保存する場合はパソコンに取り付けが必要であったりしますが、「DVD-R」や「BD-R」は、パソコンからの保存も簡単に行えます。

保存をしたディスクもとても薄いため、スマートに保管することができます。ハードディスクに比べて容量は小さいため、保存できる枚数が少ないという点があります。私は、友達に写真をプレゼントする際は、このディスクに焼き付けてプレゼントするという方法をよくしています。現像してプレゼントするのも有ですが、枚数が多くなると費用が嵩むのはもちろん、もらう側も収納に困ってしまいます。お互いにとって良い方法かと思います。

寿命の目安10年~100年とも言われており、大切な思い出を守るためには正しい取り扱いをしなくてはなりません。直射日光や高温・多湿は避け、傷や汚れ、ほこりに注意するためケースに入れ保管しましょう。いつ何が起こるかはわかりませんので、特に大切にしたい写真のデータは定期的に他のメディアにバックアップし直すことも大切です。

プリントして保存

写真プリントも、自宅のプリンタでプリントできたり、気軽で便利になりました。私がよく使っているのがネット注文でのプリントです。ネット注文だと、1枚10円もかからずプリントできるところも多く、100枚以上プリントする時も、とても安くて助かっています。

写真をプリントしておけば、子供たちとアルバムを広げて、思い出話をしたりすることができます。また、データとは違い、ダメージを受けたとしても、消えたりすることはなく、残っているので見ることは可能です。そして、最近では写真屋さんでもスマートフォンのアプリでも簡単にフォトブックも作れます。特別な思い出などはフォトブックにしておくと、より特別感が出て良い思い出として残すことができるのではないでしょうか。

エコー写真

お母さんのお腹に入っていた時の大切なエコー写真。ほとんどは感熱紙で、色褪せが早いです。保管状態が良くても、2~3年で消えてしまったりします。消えないように残しておくためにも工夫が必要です。

撮影

デジタルカメラや携帯のカメラでエコー写真を撮影するという方法です。光の反射や手ぶれで上手く撮影できず、手こずる点もありますが、プリントして消えない写真として残すことができます

コピー

さまざまなコピー機がありますが、身近にあるのがコンビニのコピー機です。注意点としてはエコー写真は感熱紙に印刷されているため、コピーしようとすると原版まで真っ黒になってしまうというトラブルが聞かれます。ですので、すこし手間になってしまいますが、レシートなどの感熱紙をコピーして変色しないことを確かめてからエコー写真をコピー・スキャンしてください。

スキャン

スキャナでスキャンし、データを取り込んで写真に現像する方法です。自宅のプリンタにもスキャン機能があったりするの手軽な点と、データを取り込むことによりパソコンに残すことができます。

まとめ

1日1日は長くても、過ぎてしまえばあっという間に時間は経ち、子供の成長もあっという間です。その時にしか撮れない表情を消してしまうわけにはいきません。写真をたくさん残してあげることで写真から伝わる愛情もあるはずです。いろいろな写真の残し方があります。自分に合った方法で大切な思い出を残してください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment