授乳期における風邪薬の赤ちゃんへの影響

広告ロゴ
ミルク

授乳期でも、風邪をひいたり体調が悪くなったりすることはあります。このような時には、薬を飲んで早く症状を治したいものですが、授乳をしていると赤ちゃんへの影響が心配になります。

そこで、授乳期における風邪薬の赤ちゃんへの影響を紹介します。薬について正しい知識を身につけて、赤ちゃんもお母さんも健やかに過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク

授乳期での医薬品の影響

薬

授乳期の赤ちゃんがいる母親が薬を服用すると、薬品の成分の一部が母乳の中に混ざりことが考えられますが、その量はわずかであるとされています。ただし、抗ガン剤や放射能が成分として入っている一部の医薬品は授乳期に服用しないようにと言われています。しかし多くの市販薬の場合は、授乳期だからといって絶対に服用してはならないというものではない薬品ばかりです。

母乳は乳腺を流れる血しょうから生成されますが、血しょうを濃くして作られているのではなく、血しょうの中からタンパク質などの栄養分を取り出して、母乳が作られています。

風邪薬を服用すると、薬が体内に吸収されて血液に混じり、全身を駆け巡ります。全身を流れる血液の中の約0.5~1%が乳腺に送られます。母乳に含まれる薬の量は、薬の約100分の1です。このくらいの量の薬では薬として影響はほとんどありませんので、赤ちゃんへの影響もほとんどないと考えられるのです。

授乳期に飲めない薬

市販薬の薬をはじめ、ほとんどの薬は母乳を飲む赤ちゃんに影響がないとされています。ただし、一部の薬は授乳時の服用は適さないと言われています。

例えば、放射性の医薬品やがんに対する薬剤、不整脈に対する薬、法的に認められていない薬物は影響が明らかです。また、向精神薬や免疫抑制薬など、慎重に服用した方がよいとされている薬もあります。服用する際は、医師と相談して服用するかどうかを決めましょう。

市販薬の薬でもすべてが影響なしとは言い切れません。例えば、大黄は下剤に多く含まれている場合があり、母乳に混ざり込むことで赤ちゃんが下痢になる可能性があります。また、カフェインの大量摂取は、赤ちゃんの睡眠を邪魔してしまうことがあります。交感神経を刺激する成分や、依存性の成分が含まれている咳止め薬は、長期連用しないようにしましょう。

授乳期の風邪薬の服用期間

普通の風邪なら2週間もあれば治りますので、風邪薬も1週間の服用で効くように出来ています。そのため、授乳期の風邪薬の服用は、3日から長くても1週間で服用を終わりにすることが基本です。

風邪薬を1週間飲んでも風邪がよくならないという場合には、マイコプラズマ肺炎や気管支炎などの風邪以外の病気が考えられますので、授乳期であるかどうかに関係なく、医療機関を受診しましょう。

新生児への影響

内臓の機能が未熟な新生児は、母乳に混ざり込んだ薬の成分の代謝が上手に出来ないことがあります。特に小さく生まれた赤ちゃんや、早産で生まれた赤ちゃんなどに母乳を与える場合は、薬の服用について気を付けた方がいいとされています。

また、産後のお母さんの体は、ホルモンの急激な変化やお産による体力消耗で免疫力が落ちていたり、薬に対して身体が過敏に反応したりすることもあります。産後すぐに体調が悪くなった場合には、自分の判断で市販薬を使うのではなく、医師に相談してから服用するようにしてください。

風邪薬を服用しているときは断乳すべき?

薬局で授乳中であると告げると、薬の服用中は授乳を避けるように言われることがありますし、薬の使用上の注意事項にも、授乳中の方は服用をしないようにしてくださいと書かれているものもあります。

授乳期に飲んではいけない薬は実際にありますが、それ以外の薬では母乳を与えないようにする必要がないのが大半です。薬を飲んでいる間は、搾乳して母乳を捨てるという方法もありますが、搾乳では十分に乳汁を出しきれないため、乳腺炎などの原因になることもあります。しかも、お母さんが何日も搾乳して母乳を捨てた時の肉体的・精神的負担が懸念されます。

授乳による赤ちゃんの悪影響が明らかな場合や、薬の安全性がはっきりしていない場合には、母乳を与えないようにした方がいいですが、自分の考えだけで断乳したり、薬を飲まないようにしたりせずに専門家に相談するようにしましょう。

まとめ:風邪薬を飲むのをがまんしなくてもいい

解熱鎮痛成分のアセトアミノフェンやイブプロフェンは、母乳を与えている時期でも飲めますし、インフルエンザの治療薬であるタミフルも服用することができます。

授乳中だからといって薬を我慢して、体調が悪いまま育児をするのはあまりにも辛いです。薬を我慢するのではなく、授乳中でも飲める薬を活用して早く風邪を治すようにしましょう。気になることがあれば、医師や薬剤師、登録販売者などの専門家に相談しましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。