ビタミンCを中心に。風邪への効果・効能についての検討

人参

ビタミンCは一定限度で風邪に対する効能があるということができます。風邪に対して、ビタミンCは実はあまり効果・効能がないのではないかという意見もあります。しかし、医学的な知見に基づく限りは一定限度、風邪に対して対抗する力があるということができると言えます。また、ビタミンC以外にも、ビタミンAやビタミンB1なども風邪に対して効果的です。

本稿では、ビタミンCを中心として風邪への効能の有無について述べています。

スポンサーリンク

風邪にはビタミンというけれど

風邪の女性

風邪にはビタミン、特にビタミンCが風邪には効果が強いと言われます。その他、ビタミンAやビタミンB1なども風邪の際には接種を勧められます。

人間の体は食物等で栄養を摂ることで体つくりをします。その中でビタミンという要素が体に一定程度の良い影響を与えるということもわかっています。しかし、風邪に対してビタミン、特にビタミンCが効果的という意見については、反対する考え方もあるようです。

特にインターネットでは風邪に対してビタミンCが効果的という意見に対しては否定的な意見が多い傾向にあるようです。
ビタミン、特にビタミンCは、はたして風邪に効果はあるのでしょうか。

ビタミンCは風邪に対して効果があるのか

ビタミンCが風邪に効果があるという意見の根拠は、一般的には、ビタミンCが持つ抵抗力促進の効果に求められているようです。つまり、ビタミンCは白血球を活性化させ感染症を防ぐという効果があることから、風邪に対して非常に効果的と言われます。

また、ビタミンCが風邪に対して効果があるという考え方は昭和45年(1970年)におけるノーベル賞を2度受賞したライナス・ポーリング博士という研究者の発表に基づき浸透しました。

つまり、ビタミンCが風邪に効果があるという考え方は相応の医学的知見に基づく考え方ということができます。医学的な根拠が十分にないままに、2度のノーベル賞を得ることはできないでしょう。

これに対して、ビタミンCの風邪に対する効能を否定する考え方としては、ビタミンCを摂ったとしても風邪をひいてしまう方いるという実証的な点に求めるようです。

たしかに、ビタミンCを摂っていたとしても風邪をひくときは引いてしまうでしょう。
しかし、風に対する万能薬はないという前提であるのならば、効かない人がいるという事実を課題に評価してビタミンCの効能を否定してしまうのはやや不適切というべきです。

万能薬ではないにしても、一定限度効果があるのであれば、それは有効であるというべきです。そのため、ビタミンCが風邪に効果がないという考え方は1つの事実から多くを推測するものであると言えますので、否定的に考えるべきであると思われます。

つまり万能ではないにしても、ビタミンCは風邪に対して一定限度効果があるということができます。特に、風邪の際にビタミンCを6000ミリグラム程度摂取すると風が重症化しないという研究もあります。

このようにして風邪に対してビタミンCは一定限度の効果があるということが出来るでしょう。

ビタミンCの摂取方法

ビタミンCは、風邪の際に摂取するとしても、一気に、大量に摂取しても意味がありません。ビタミンCは、体が一気に摂取することはできず、尿で体外に排出されてしまうので、少しずつ分割して摂取することがおすすめできます。

例えば、みかんで摂取するのであれば、朝・昼・おやつ・夕食時という具合で数回に分けてみかんを2,3個ずつ食べることが効果的でしょう。
また、ドリンクで摂取するのであれば、一気に「がぶ飲み」をされるのではなく、喉が渇いた際にこまめにドリンクを摂取することが効果的です。

ビタミンC以外で風邪に効果的なビタミン

ビタミンC以外でも、風邪に効果があるビタミンとしては、ビタミンAを上げることができます、ビタミンAは粘膜の働きをよくしますので、風邪のウイルスの感染を防ぎます。

ビタミンAを多く含む食べ物としては、人参やほうれん草などがあります。

その他、体調が回復してきた場合には豚肉などでビタミンB1を摂取されることもおすすめです。ビタミンB1は体力・疲れを回復しますので、風邪を早く良くする効果が期待できます。

そして、ビタミンを多く含む食べ物を摂取すると同時に十分に睡眠をとり、体を休めることが風を早く治すためには非常に重要です。

まとめ:風邪とビタミンについての関係のまとめ

以上、本文で述べました風邪とビタミンについての関係のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 風邪に対するビタミンCの効能については、はたして風邪に対して有効かどうかについて議論があります。ただ、医学的な見地に基づく限りは、ビタミンCは一定限度風邪に対して効能があると考えることが出来るでしょう
  • ビタミンC以外にもビタミンAも風邪に対しては効能を認めることができます。ビタミンAは粘膜の働きを強化して風邪の感染を防ぎます。ビタミンAを多く含む食べ物としてはにんじんやほうれん草があります。
  • その他ビタミンB1もかぜに伴う体力低下・疲れを回復するためには効果的です。また、風邪を回復するためには、じっくりと休むということもとても大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment