風邪の原因はウイルス?風邪ウイルスの特徴と風邪の予防法

街ビル

風邪の原因の約9割はウイルスによるものと言われています。そのウイルスの中でも代表的なものとして、ライノウイルスがその約半分を占めています。このウイルスは鼻かぜウイルスと呼ばれていて、季節の変わり目の春や秋に特に多く見られます。
このようなウイルスについてきちんと知っておけば、そのウイルスに合った予防の仕方が見つかります。そこで、風邪ウイルスの特徴とその予防法を紹介します。

スポンサーリンク

風邪の原因はウイルス?

風邪の女性

風邪は鼻やのどである上気道という部分が微生物に感染することによって起こります。この微生物の中にはまれに一般細菌やマイコプラズマ、クラミジアなどが含まれますが、8~9割はウイルスです。しかも、風邪ウイルスの種類は200以上もあると言われており、どのウイルスが原因で風邪にかかったかを突き止めるのは非常に難しいことです。同じウイルスでもいくつもの型があって、年々変異していますので、一度感染してそのウイルスの免疫ができても、別の新しいウイルスに感染して何度も風邪を引いてしまいます。

風邪の症状が現れる仕組みとは?

風邪の症状は体がウイルスと戦う際に現れる防御反応によるものです。体を治そうとすると免疫の働きが活発になり、ウイルスという異物を外に出そうとして、粘膜内部の組織に炎症が起き、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が現れます。のどで免疫の働きが活発になると、のどの粘膜が炎症を起こし、咳や痰によって異物を外へ出そうとします。
熱は、ウイルスの侵入で体に異変が起こったことを知らせ、自分で自分の体を治そうとする免疫の働きが活発になっていることで起こります。

ウイルスの種類は?

風邪を引き起こすウイルスには多くの種類がありますが、代表的なウイルスを挙げておきます。

風邪の原因の3~4割を占めるのがライノウイルスです。これは秋や春に多く見られ、主に鼻かぜを引き起こします。
ライノウイルスの次に多いのがコロナウイルスです。これは、主に冬に流行する風邪のウイルスで、症状は軽いですが、鼻やのどの症状を起こします。
年間通じて流行する風邪を起こすのがRSウイルスです。乳幼児が感染すると気管支炎や肺炎を引き起こすことがあります。
プール熱を引き起こすのはアデノウイルスです。冬から夏にかけて多く、咽頭炎や気管支炎、結膜炎なども引き起こします。

風邪ウイルスで多いライノウイルスの特徴は?

風邪ウイルスで多いライノウイルスの特徴としては、鼻かぜ症状の最初の2日間に他の人に感染させる力が大変強いということが挙げられます。感染経路は、感染者の咳やくしゃみによって飛散したウイルスを、直接吸い込むだけではありません。

感染者の鼻水や唾液に多くのライノウイルスが含まれています。くしゃみや咳などで飛散した鼻水や唾液が付着した物はもちろん、鼻をかんだり、痰を出したり、くしゃみや咳を手で抑えたりするなどして感染者の手にウイルスが自然と付着します。そのため、その感染者が触れた物にもウイルスが付着します。

物にウイルスが付着すると2時間以上感染性が保たれますので、感染していない人がライノウイルス付着物に触れて、その手で自分の目をこすったり、鼻や口に触れたりすれば間接的に体内にウイルスが取り込まれます。

ウイルスの特徴から考えられる風邪の予防法

ライノウイルスは物に付着して2時間以上も感染力を保ち続けるという特徴をもっていますので、風邪の予防法としては、公共のものにはあまり手を触れないということが考えられます。特に風邪が流行っている時期には、ドアノブや水道の蛇口、電車のつり革など、誰が触ったか分からない、多くの人が触る可能性があるものから感染する危険性が高いということが分かります。

しかし、公共の物に全く触れずに生活するには無理があります。しかも、公共物に触れたからと言ってすぐにウイルスに感染するというわけではありません。手にウイルスが付いても、その手で粘液のある目や鼻、口に触れなければ感染することはありません。

よく手で顔に触れてしまうという人は、風邪が流行っている時期は意識して顔に手が触れないようにするということが必要になります。また、こまめに手洗いをし、手や指に付着したウイルスを丁寧に洗い流したり、殺菌したりするようにすれば、風邪予防につながります。

一生風邪をひかない体のつくり方 (知的生きかた文庫)
村上 一裕
三笠書房
売り上げランキング: 21,057

まとめ:風邪ウイルスにかからないように手洗いをしっかりしよう

風邪の原因の9割はウイルスによるものです。ウイルスの種類は200以上あり、しかも年々変異をくり返していますので、一度ウイルスに感染して免疫ができても、変異したウイルスにかかって何度も風邪をひいてしまいます。風邪ウイルスで多いのが鼻かぜを引き起こすライノウイルスで、2時間以上も感染力が持続するという特徴があります。そのため、こまめに手洗いをしたり、公共物に必要以上に触れないようにしたりする予防法も大切です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment