体を鍛えて風邪を予防!おすすめの運動と注意点について

陸上トラック

運動で体を鍛えることは、体の抵抗力を強くして風邪を予防するうえでとても効果的です。ただ、運動はしすぎてもかえって体に毒であり、無理せずに長期間継続することこそが最も大切と言えます。また、冬場のウォーキング・ジョギングなどはやや配慮が必要な点もあります。本稿では風邪予防のための運動をされる際のポイントについてまとめています。

スポンサーリンク

体力強化で風邪を撃退

筋トレ

風邪を予防するためには、栄養・睡眠・と並んで運動もとても大切です。
運動をすることで体の抵抗力・免疫力が強くなり、風邪をひきにくい体となります。

毎年、お正月に箱根駅伝で走るランナーの方たちは、あれほど寒い気候の中で薄着で走っても風邪をひきません。また、定期的に運動をしている方が健康診断などで「年齢不相応に健康的」という診断をされることもあります。運動を定期的にすることで風邪(あるいはその他加齢などからくる体の弱体化)を防止することにつながります。

ただ、運動をすると言ってもやみくもにしてしまってはかえって風邪をひいたり体の健康を害してしまうこともあります。風邪予防のための運動は適時に適量を行うことがポイントです。また、お仕事などとのバランスから運動は無理のないペースで行うことも大切です。

体力を強化して風邪を予防するためには、どのような点に注意することがポイントとなるのでしょうか。

ウォーキングは無理をせず体を冷やしすぎないように

風邪予防のために、体を鍛える運動としておすすめできるものとして、何よりウォーキングを挙げることができます。ウォーキングは、心肺機能を高めますので、上気道(空気の通り道・喉や鼻など)の炎症によって生じる風邪症候群に対して自然に抵抗力がつくようになります。

ウォーキングはよく言われることとして、(ダイエット効果なども考慮して)20分以上のウォーキングが良いと言われますが、風邪予防のために体を鍛えるという目的であれば、あまり時間や距離にこだわることはないということができると言えます。あくまでもご自身のペースと分量で、可能な限り毎日継続することが大切です。つまり、風邪を予防するための運動としてのウォーキングは「継続は力なり」ということです。

ウォーキングについては冬場に行われる場合には、健康について配慮することが必要です。つまり、ウォーキングをすることでかえって風邪をひいてしまうということもあるということです。

どういうことかというと、冬場は一見するとカラリとした晴天の日が多いのでウォーキングには適しているように感じられます。しかし、乾燥した寒い空気は風邪のウィルスが非常に活発になる季節でもあります。そのため、冬場にウォーキングをされる際にはマスクを着用され、暖かい格好をして、かつ水分補給を常時行って喉を湿らせておかなければ帰って風邪を引いてしまうことつながります。

ウォーキングと同じタイプの有酸素運動としては、軽いジョギングや水泳なども体を鍛えるためには効果的です。ただ、ジョギングはウォーキングと同じような注意を冬場にすることが必要です。また、水泳はあまり体が疲れすぎないようにすることが大切です。

乾布摩擦

運動に当たるかどうかはやや疑問かもしれませんが、実は乾布摩擦も風邪を予防するためには非常に効果があります。乾布摩擦は皮膚の体温調節機能を高くして血液の循環が非常に良くなります。その結果として、体調が良くなり、風邪をひきにくくなります。

乾布摩擦は毎日10分ほどで効果があるので、時間があまりない方でも可能な風邪予防の方法です。乾布摩擦はいきなり外でやってしまっては体がついていかず、かえって風邪をひいてしまいます。初めは暖房が効いた室内でタオルで体をこするということからスタートし2週間程度を1つの区切りとして少しずつ寒い環境に移行することがポイントです。

乾布摩擦についても、無理をせず、しかし継続するということが最大のポイントです。

風邪予防のための運動については本稿でご説明しましたジョギングなどの有酸素運動や乾布摩擦以外にも様々なもの(例えばヨガ体操など)があります。しかし、どのような運動でも無理をせず、継続可能なものをされることが最も大切です。

ALINCO(アルインコ)  エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 21

まとめ:風邪予防と運動方法のポイントのまとめ

以上、本文で述べました風邪予防のための運動についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 風邪を予防するために運動をして体を鍛えることは効果的です。その際、もっとも重要なことは無理なく継続することができる運動を選んで行うということです
  • ウォーキング等の有酸素運動は、心肺機能を高め、風邪を予防するためには効果的と言えます。ただ、冬場は風邪のウイルスが活発化しますので、運動の際にマスクをしたり、暖かい格好をしたり、水分補給をしながら無理せず行うことが大切です
  • 乾布摩擦も血行を良好にして体を丈夫にするものとして風邪予防のために効果的です。ただ、決して無理をせずに徐々に寒い場所でもできるように変えていくことが大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment