風邪を引きやすいのは低体温のせいかも!低体温の原因と解消方法

低体温の男

 
季節の変わり目は気温の変化も激しく、ちょっとした油断から風邪を引きやすくなってしまうもの。薄着をして外出したら、寒くなって風邪を引いたという経験、ありませんか?もちろん、どんな人でも風邪を引く可能性はありますが、低体温の方はより注意が必要です。

こちらでは、低体温の原因と解消方法についてご紹介します。

スポンサーリンク


低体温と風邪

低体温とは

元気な男

まず「低体温」というのは病名ではありません。医学的に厳密な定義があるわけではありませんが、一般的に36度未満の体温のことを「低体温」と呼んでいます。人間の身体は本来、常に36度~37度くらいを保てるようになっています。体温が下がりすぎている場合は、毛穴を閉じたり皮膚の表面の血管を細くしたりして熱が逃げるのを防ぎ、エネルギーを燃やして熱を作ろうとします。

何らかの原因で体温が35度台になってしまうと、低体温ということになります。女性の場合、基礎体温をつけてみると普段の体温がどのくらいなのかが把握しやすくなります。

症状

ほとんど自覚症状が無い人の方が多いでしょう。気づきやすい症状としては、手足が冷えやすい、常に指先が冷たいといった「冷え性」の症状です。低体温になると、身体の中の「酵素」という物質がうまく働かなくなるので、消化が悪くなったり疲れやすかったり、免疫力が落ちたりします。肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状が現れてきます。また、更年期障害、新陳代謝の低下による肌のくすみ、自律神経失調症、生理不順などを招くことが考えられます。

低体温と風邪の関係

低体温は身体の内部が冷えている状態ですので、体温が高めの人に比べると免疫力が低下しています。体温と免疫力の間には密接な関係があり、体温が1℃下がると免疫力は30%も低下するというデータもあります。これは、低体温になると免疫機能の中心である“白血球”の働きが弱くなってしまうため。免疫力は、風邪などの感染症から私たちの身体を守っている大切な機能ですが、この力が弱くなってしまうとウィルスに負けてしまいます。ウィルスと戦う免疫力は36.5℃以上で最も活発に働きますので、平熱が36℃以下という“低体温”の方は風邪を引きやすくなってしまうのです。

低体温の原因

甲状腺機能低下
代謝に関係するホルモンの中で「甲状腺ホルモン」が足りなくなると、低体温になることがあります。冷え・疲れやすさ・むくみ・血圧の低下などがある人は、一度甲状腺機能を調べてもらった方がいいでしょう。

生活習慣
明らかな病的原因がない場合、低体温の原因は生活習慣にあると考えられます。特に、食生活の乱れが低体温の主な原因です。私たちは、食べ物(糖質・脂質・たんぱく質)からエネルギーや熱を作り、体温を保っています。体内で糖質をエネルギーに変える時に必要なのが、亜鉛・マグネシウム・鉄・セレンなどのミネラルとビタミンです。しかし、これらが不足してしまうと、エネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなり、低体温になってしまうのです。最近は、加工精製食品の取りすぎの傾向により、脂肪・糖分の過剰摂取の反面、ミネラル・ビタミンは不足傾向にあります。また無理なダイエットをすると、更にミネラル・ビタミンは不足してしまいます。この食生活の乱れや無理なダイエットによるミネラル・ビタミンの不足が、低体温、生理不順、貧血などを引き起こす重要な原因になっています。

また、運動不足・薄着・身体を冷やす食べ物のとりすぎ・喫煙・シャワーのみの入浴・夏場の冷房のあたりすぎなど、日常生活の中で身体を冷やしたり血行を悪くしたりすることを繰り返していないかチェックしてみてください。

低体温の解消方法

体温を上げる方法で健康になりましょう。

バランスの取れた食生活をする

冷たい食べ物や甘い食べ物を食べない
糖分には体を冷やす作用があり、低体温の原因となるので、できるだけ食べないようにしましょう。温かい飲み物を飲んで低体温改善!

旬の野菜や果物を摂取

たんぱく質を摂取
筋肉のもとであるたんぱく質を摂ると、筋肉量が増え、熱を作り出します。

ミネラルやビタミン補給
低体温改善に必要不可欠な栄養素は、亜鉛・鉄・セレンなどのミネラルと、ビタミンB1・B2などのビタミンです。亜鉛などのミネラル補給は、女性ホルモンのバランスを保ち、冷え・生理不順・低体温を改善します。

食べない系ダイエットは避ける

運動する

1回30分以上の運動を週2~3回以上しましょう。運動不足になると、血液を送る筋力が低下し、低体温の原因となるので、積極的に運動して筋肉を鍛える必要があります。ウォーキングやスクワットなどがオススメ。

お風呂に入る

お風呂にゆっくり浸かることも大事です。入浴は30分以上湯船につかるようにしましょう。足浴やアロマバスは自宅で手軽にできてオススメ。レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のアロマは血行をよくする作用があります。

タバコを吸わない

タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうためです。この機会にぜひ禁煙しましょう。

ALINCO(アルインコ)  エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 139

まとめ:低体温を解消して風邪を引かない体に!

低体温は免疫力が低下しているため、風邪を引きやすくなっています。他にも
自律神経失調症、生理不順などを引き起こす可能性もあります。その対策方法をおさらいしておきましょう。

  • バランスの取れた食生活をする
  • 運動する
  • お風呂に入る
  • タバコを吸わない

軽い不調も低体温の解消でなくなるはず。この記事を参考に取り組んでくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment