風邪が治っても咳が長引くときのタバコの影響

タバコ

風邪は治ったはずなのに、咳が長引き、全然治まらないという状態が数週間続いている場合は、咳喘息の可能性があります。これは、タバコによる影響が1つにあります。

長引く咳に悩んでいる方は、自分に当てはまることがないかチェックしてみてください。もしかしたら、咳喘息かもしれませんよ。

スポンサーリンク

咳喘息とは?

風邪の男

咳喘息とは、慢性的に咳が続く気管支の病気です。呼吸をするときに空気が通る道である気道が狭くなり、様々な刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。

風邪と併発して起こる場合が多く、風邪をひいた後に2~3週間以上咳が続く時には、咳喘息の可能性があります。女性に多く見られ、再発を繰り返すことがあります。

咳喘息の原因

咳喘息の原因にはいくつかあります。喫煙やタバコの煙を吸うことによる受動喫煙、室内外の温度差、飲酒、ストレス、ダニやほこりなどのハウスダストなどが挙げられます。

特にアレルギーのある人に多く見られ、アレルギー反応によって気道が炎症を起こしてしまうことで咳喘息が起こります。

咳喘息の症状

咳喘息の症状としては、一か月以上空咳が続くことが挙げられます。ひどい時には、咳が一年以上続く場合もあります。ただし、喘息によく見られるゼイゼイとかヒューヒューという喘鳴や呼吸困難はありません。発熱や痰の症状も出ません。

夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖差や喫煙で咳が出やすくなったりするのが特徴です。のどにイガイガした感じがあることもあり、長くしゃべったときにのどが渇いたり声が枯れたりもします。咳が激しい場合には、胸の痛みが伴ったり、嘔吐や失神があったりすることもあります。

咳喘息は、喘息の前段階とも言われていますので、咳喘息を放っておくと、本格的な喘息になってしまうことがあります。咳喘息が喘息になってしまわないように、正しい治療をして健康管理に気を配るようにしましょう。

咳喘息の診断基準

問診の際に、病歴とともに様々な症状から総合的に診断をします。咳喘息の診断基準として、次のような項目が挙げられます。

・ゼイゼイ、ヒューヒューという喘鳴を伴わない咳が8週間以上続いている。
・これまでに、喘鳴や呼吸困難などを伴う喘息にかかったことがない。
・8週間以内に上気道炎や風邪にかかっていない。
・気道が過敏になっている。
・気管支拡張薬が効いている。
・咳を引き起こすアレルギー物質などに反応して咳が出る。
・胸部レントゲンで異常が見られない。

咳喘息の予防法

咳喘息にかからないようにするために、日常生活で予防できることがあります。

①喫煙や副流煙に気を付けて過ごす

タバコの煙は気管支を刺激し、咳の回数を増やす原因となります。特に、タバコの副流煙は、受動喫煙につながり咳喘息を悪化させる要因になります。咳喘息にかかっている本人の喫煙は当然ですが、副流煙で受動喫煙をしないように、家族や職場など周囲の人にも禁煙や分煙をしてもらう必要があります。

②風邪やインフルエンザの予防をする

風邪やインフルエンザにかかると、気道の粘膜が炎症を起こし、わずかな刺激に反応してしまうようになります。その結果、気道が収縮して咳喘息が起こりやすくなります。
風邪が流行っている時期には、マスクの着用をしたり、人が多く集まる場所を避けたり、うがい・手洗いを徹底したりしましょう。

③アルコール摂取を控える

飲酒をすると、体内のアセトアルデヒドという物質が作られ、気道を収縮させて咳を起こしやすくします。日本人は特にアセトアルデヒドを分解しにくい人が多いと言われていますので、飲酒の影響を受けやすいと考えられます。咳喘息の予防のためには、飲酒を原則控えるのがいいでしょう。

④アレルギーの原因物質を取り除く

咳喘息になりやすい人には、アレルギーの原因物質であるハウスダストやカビ、花粉などを取り除くことが不可欠です。室内をこまめに掃除したり、寝具などを干したりしてアレルゲンを排除するようにしましょう。

⑤気温の変化に注意する

急激な気温変化によって、咳喘息の発作が起きやすくなります。特に春や秋は常に気温の変化に注意して、外出する時には衣服による温度調節ができるようにしましょう。また、室内と室外の温度差を大きくしすぎないことも大切です。

⑥ストレスを溜めない

ストレスが気道を過敏にさせる原因となることがあります。ストレスの原因になる過労を避けて、睡眠や休養をしっかりとるようにしましょう。

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)
アレン・カー
ロングセラーズ
売り上げランキング: 345

○まとめ:喫煙や副流煙が咳喘息の原因の一つになっている

風邪が治ったのに咳だけが長引くという場合には、咳喘息の可能性があります。咳喘息の原因として、喫煙や副流煙というタバコの影響が一つにあります。タバコの煙は気管支を刺激し、咳の回数を増やします。また、自分がタバコを吸っていなくても周囲の人がタバコを吸っていた場合、その煙を吸うことで咳喘息が悪化します。

咳喘息は温度差や飲酒、ストレスなども原因にありますが、気管支を直接刺激するタバコによる影響は大きいと考えられます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment