広告ロゴ
赤子

新生児はある程度の免疫力を持っていますが、全く風邪をひかないというわけではありません。時には重症化することもありますので、風邪予防は必要です。しかし、風邪の症状が見られてもどの程度になったら病院へ行くべきなのか、判断に迷うこともあるのではないでしょうか。

ここでは、新生児によく見られる風邪の症状と病院へ行く目安を紹介します。病院で診てもらうべきか迷ったら、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

新生児の免疫力

親子

生後6カ月くらいまではあまり風邪をひかないと言われています。なぜなら新生児は、生まれてくる時にお母さんから免疫をもらうからです。しかし、流行っている風邪の種類によってはお母さんが免疫をもっておらず、赤ちゃんが免疫をもらえず、風邪をひいてしまうということがあります。また、百日咳や結核は風邪と症状がそっくりですが、免疫をもらうことができませんので、周囲からうつされるきっかけがあれば生後早い時期からかかる可能性があります。

水痘は免疫をもらっていても早い段階でなくなりますので、生後1ヶ月ごろからうつる心配があります。

新生児の風邪の症状

風邪ウイルスの感染が原因で起こる風邪は、熱や鼻水、咳など上気道の症状が多いです。ただし、ウイルスの型によっては下痢を伴うこともあります。熱は出ても38度台であり、出ないこともあります。ウイルスへの免疫が体内にできれば治ります。通常は3~4日で症状が治まってきます。食欲があれば母乳やミルクをいつも通りに与えましょう。熱や咳、下痢の時には、特に水分補給を心がけましょう。

風邪の症状への対処法と病院へ行く目安

風邪の症状にはさまざまなものがありますので、その症状別に対処法を紹介します。また、どの程度の症状の重さで病院へ行くといいか、目安も合わせて述べておきますので参考にしてみてください。

①赤ちゃんの様子が明らかによくない

機嫌が悪い、ぐずって泣いてばかりいる、おっぱいの飲みが悪い、眠りが浅くて泣いて起きる、元気がなくてぐったりしているなど、赤ちゃんの様子が明らかによくない時には、熱を測ったり、発疹が出ていないか観察をしたりして診察を受けるようにしましょう。特に生後6カ月未満の赤ちゃんは、熱や発疹などの症状がなくても念のため受診するのが賢明です。

②熱っぽい

必ず体温計で熱を測るようにしましょう。赤ちゃんの平熱は大人よりも高く、37.5度以上の熱の時には、熱があると判断します。39~40度近い高熱のときにはすぐに病院に連れていきましょう。38度以下でも食欲や元気がなくてぐったりしているときや、発疹や下痢などの症状があるときは急いで病院に行きましょう。赤ちゃんが最初に熱を出すのは、多くの場合突発性発疹が考えられます。

③発疹が出ている

熱があって発疹も出ている場合は、感染症にかかっているのがほとんどです。発熱と発疹が主な症状となる感染症の例としては、突発性発疹や麻疹、風疹、水痘、溶連菌感染症、手足口病、りんご病などがあります。このような場合には早めに受診するようにしましょう。熱がないのに発疹がある場合は、あせもや乳児湿疹、じんましんなどの可能性がありますが、症状がひどいときには受診して薬を処方してもらいましょう。

④鼻水・鼻づまり

風邪の症状の多くは、熱が出て鼻水・鼻づまりもあるという状態です。熱がなくて鼻水だけが出ているならば、スポイトなどで鼻水をとると対処できます。鼻づまりは、赤ちゃんにとって口呼吸ができなくなるという辛い症状です。呼吸がしにくい、おっぱいが飲めない、眠りが浅いなど、赤ちゃんの様子も悪くなりますから、よくならない時には受診するようにします。アレルギー性鼻炎の場合もあります。

⑤下痢

食欲や元気があって下痢だけを起こしている場合は、軽症の下痢ということが考えられます。そのような時にはできるだけいつも通り母乳やミルクを与えるようにしましょう。熱や嘔吐、腹痛など他の症状もある場合には、ウイルス性胃腸炎や細菌性胃腸炎の場合がありますので、早く診察を受けましょう。下痢で水分不足になりますので、糖分の少ない水分を十分に与えましょう。

⑥嘔吐

授乳後におっぱいやミルクを少し吐くのは、ほとんど問題はありません。しかし、授乳直後に勢いよく吐いて体重が増えないようなときには、幽門狭窄症の可能性があります。小児科で診てもらうようにしましょう。また、熱や下痢、発疹などの症状を伴うときにも早めに受診するようにしましょう。嘔吐の場合も水分不足が心配されますので、少しずつでもこまめに水分を与えるようにしましょう。

⑦咳

咳が出ていて、熱があったりなかったりするときには、ほとんどが風邪の症状です。熱も出ている時には、細気管支炎や肺炎などの可能性がありますので、すぐに病院で診てもらいましょう。咳だけでも、痰が絡んで咳が長引いたり、呼吸が苦しそうにしていたりする場合には急いで病院へ行きましょう。急性気管支炎や百日咳、気管支喘息の可能性があります。痰が切れるように水分補給をするようにしましょう。

まとめ:風邪をひかないような予防も大切

新生児は免疫を持っていると言っても、風邪に対する予防も大切です。適切な室温と湿度を保ち、人ごみを避けるなどの風邪予防をして、健康に過ごせるようにまずは心がけたいですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。