風邪の時にシャワーを浴びないほうがいいのはホントなの?

シャワー

風邪の際にシャワーを浴びない方が良いという意見は、現在では必ずしも妥当しないものとなっています。家庭用のシャワーが普及し、入り方を工夫すれば、シャワーを浴びることで必ずしも風邪が悪化するとは限らないためです。

スポンサーリンク

風邪の時はシャワーは入るな!?

風邪をひいた女性

「風邪の時にはお風呂・シャワーに入ってはいけない」などとよく言われます。風邪の時は、お風呂やシャワー(以下、便宜上シャワーで代表します)を避けたほうが良いのでしょうか。風邪の時にシャワーに入るとやはり風邪が悪化してしまうのでしょうか。117

かつてのシャワーの事情

風邪の際にシャワーを浴びてしまうことが風邪を悪化させるかどうかについては、実はしっかりとした研究や実験はありません。そのため、客観的にシャワーを浴びることが風邪に悪いかどうかについては、医師などが自分自身の経験や知見に基づいて指導することが多いというのが実情です。

ここで、注目したいのは、かつてのシャワーの事情です。かつては公共浴場が中心で、風邪の際に外出してシャワーを浴びて帰ることで、体調を悪くしてたという事情があります。つまり、風邪の際に外出して、シャワーを浴び、帰るという往復のあいだに寒さなどで風邪をこじらせてしまっていたという事情がありました。

このような、かつての入浴事情が「風邪の際にはシャワーを浴びないほうがいい」という考え方の根拠になっていました。つまり、経験的に風邪の際にはシャワーを浴びないほうが良いという意見が生まれていました。

現在の家庭でのシャワーの普及と根拠の脆弱化

このようにしてかつて公共浴場が中心であったことが「風邪の際にはシャワーを避けるべし」の根拠になっていたとすると、現在ではこの根拠は当てはまらないこととなります。つまり、家庭用のシャワーが普及したことで、公衆浴場に行かなくとも、シャワーを浴びることができる家が現在ではほとんどとなっています。

すると、道の往復のあいだに風邪をこじらせてしまっていたという根拠が当てはまらないこととなります。

そのため、現在では、風邪の際にシャワーは絶対に浴びないほうが良いという客観的な根拠は希薄となっているということができます。

実際、医師などによっても、風邪の際のシャワーについては、回答が「まちまち」であることは、複数の医師にかかったことがある方であればご経験があるのではないでしょうか。

今では風邪の際にシャワーを浴びない方が良いという意見は絶対的に正しいということができないということになります。(もちろん、現在でも一部のアパートなどではシャワーがついてない物件もありますので、そのような物件の場合には、シャワーは避けるべきという従来の根拠はあてはまることになります)。

むしろ最近では、風邪をひいていても、入り方に配慮すればシャワーを浴びても構わないという意見の方が有力ということができるかもしれないという状況です。

風邪の際のシャワーの浴び方のポイント

では、風邪の際には具体的にはどのような点に注意してシャワーを浴びれば良いのでしょうか。

まず、シャワーを浴びる際にはあまりお湯を熱くしすぎないことが重要です。熱いお湯の場合、体力が消耗してしまい、風邪を悪化させてしまうことにつながります。

一つの方法としてややぬるめの温度でシャワーを浴びることがおすすめできます。ぬるいのであれば、体の体力が奪われてしまうことはありません。

そして長時間シャワーを浴びることはせず、短時間でシャワーをでます。体や頭を洗う際には素早く洗いあまり長くシャワーを浴び続けることを避けることが重要です。

さらに、シャワーを出た後は、直ぐに眠るようにします。シャワーを出てから、体が冷えてしまうと、これも体力を使ってしまうために風邪を悪化させる原因となります。

このようにして、風邪の際のシャワーの浴び方としては、あまり熱くないシャワーをすばやく浴びるということがポイントとなります。その他、軽く体を拭くということもおすすめできます。

まとめ:風邪の際のシャワーの浴び方のポイント

以上、本文で述べました風邪の際のシャワーの浴び方のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 風邪の際には、シャワーを浴びない方が良いというのは、かつて「家風呂」がなく、公衆浴場が広く利用されていた頃の経験に基づいている面が大きいと言えます。そのため、家風呂が普及している現在では、風邪の際にシャワーを浴びない方が良いという考え方は必ずしも妥当しないということになります。
  • 風邪の際のシャワーの浴び方のポイントとしては、ぬるめのシャワーで素早く体と頭を洗い、すぐに出るというということがコツです。また、シャワーを出たあとは暖かくして休むようにします。このようにすることでシャワーの熱・出たあとの体温低下などによって体力を消耗して風を悪化させることを防止することにつながります

風邪の際にシャワーを浴びたほうが良いのかそうでないのかということは、症状によってもやや異なる面があります。風邪をひいた時にシャワーを浴びても良いかどうかは最終的には医師に相談されることがおすすめできます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment