風邪を引いてから長引く咳。考えられる様々な原因について

咳する女性

風邪をひいてしまった後に咳が長引く場合には、風邪以外の様々な病気があることが考えられます。風邪をひくと体の抵抗力・免疫力が低下しますので、その状態に乗じて肺炎や気管支炎などが発症してしまうことがあります。また他にも様々な病気の可能性がありえます。風邪をひいてしまってから咳が長引く場合には、その症状を放っておいたり自己診断などをせずに、しっかりと医師の診察を受けることが大切です。

本稿では風邪の後に長引く咳についてどのような病気の可能性が考えられるかをまとめています。

スポンサーリンク

風邪の後も咳が長引く

咳する男

風邪を引いてしまうと咳が出るは通常のことです。咳は外部から風邪のウィルスが侵入して来た場合に、一種の生体防御反応として発生します。つまり、風邪のウィルスが体内に入ってきた場合、のどや気管支炎などの粘膜にある咳受容体(ある種のセンサー)が異物を感じ取り、咳を起こす事によってウィルスを放出しようとします。このような反射運動は咳反射と呼ばれます。

つまり、風邪をひいてしまった際に咳が出ることは一般的なことであるということができます。

しかし、風邪を引いてから2週間、3週間を経ても一向に咳が止まらない場合には、注意が必要です。風邪をひいてからあまりに咳が長引くときには、単純な風邪以外の病気を患っている可能性があるためです。

風邪の後に咳が長引くときに考えることができる様々な病気

風邪をひいてしまってから咳が長引く場合、主として以下のような病気の可能性が考えられます。

肺炎の可能性

風邪をひいてしまった後に咳が長引く場合には、肺炎になってしまっている可能性がありえます。肺炎はウィルスが肺に感染してしまうことで発症し、風邪という免疫機能低下の場合に発症する可能性がありえます。そして、症状としては肺に関わる病気であることから、当然咳を伴います。

肺炎は日本人の死因として第4位に位置づけられている病気ですので、侮ることは決して出来ません。特にお子さんやご年配の方で風邪を引いてから咳がずっととまらない場合には注意することが大切です。

気管支炎の可能性

次に、咳が長引いてしまう場合には、気管支炎を起こしている可能性があります。

気管支炎とは空気の通り道である気管支の粘膜に炎症が起きてしまっている状態です。風邪の場合には、急性気管支炎として風邪とともに併発することが多くあります。具体的な症状としては咳に加えてたんも出ることが特徴です。

気管支炎は肺炎のように命に関わるものではありませんが、咳が止まらず、胸の筋肉が痛くなってしまったり、咳によって周囲に風邪のウィルスを感染させてしまうことがありえます。

先に述べました肺炎と気管支炎は風邪に伴うものの場合、外見的な症状だけでは、違いがわからないことがあります。医師の診断により、肺炎ではないと判断された場合には気管支炎と診断されることになります。この意味で気管支炎の診断は消極的な診断をされるということができるでしょう。

風邪に伴って咳が止まらない場合に気管支炎の可能性を疑って医師の診断を受けることで、肺炎ではないことを確認することができるという安心感・副次的なメリットも期待することができるでしょう。

その他可能性がある病気と対処の方法について

風邪に伴って咳が続く場合には、肺炎・気管支炎以外としては、蓄膿症や百日咳、アトピー咳漱、喘息の発症などの可能性が考えられます。このように風邪のあとに続く咳については様々な病気の可能性が考えられます。

このように、風邪の後にずっと続く咳は侮ることができないものが多いということができます。

しかし、風邪の後に席が長引いてしまっていてもその咳が医学的にどのような理由であるかは、当然、ご自身では判断しかねるものとなります。
そのため、風邪の後、ずっと咳が続くようでしたら、必ず内科などで再度の診察・診断を受けることが必要ということができるでしょう。

多くの内科医は風邪の後に続いている咳の原因・対処方法について様々な経験を持っていますので、肺炎などの重篤な病気の可能性から、単に風邪が治りきっていない可能性まで様々な可能性を考慮して診断をしてくれることでしょう。

安易に自己診断をしてしまってはかえって風邪・咳が長引くばかりか体調をさらに悪くしてしまうことにもつながりかねません。
風邪の後、どうにも咳が長引くような場合には、折を見てもう一度病院へ行かれることが
もっとも大切ということができます。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 250

まとめ:風邪の後に続く咳についてのまとめ

以上、本文で述べました風邪の後に続く咳についてその原因や対処法をまとめますと以下のようになります。

  • 風邪の後に咳が続く場合には、様々な病気が併発している可能性がありえます。例えば、肺炎や気管支炎、蓄膿症、アトピー咳漱、喘息の発症など非常に様々な病気の可能性が考えられます
  • 風邪の後に咳が続く場合にその原因と対処法は最終的には医師の診断によるしかないということができます。安易に自己診断をされることは避けて、必ず折を見て病院へ行かれることが大切ということができます

長引く咳は決して軽いものとして扱わずに、しっかりと医師の診断を受け、対策をられることを強くおすすめいたします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment