風邪の時に処方される抗生物質!サワシリンの効能と副作用

薬を飲む女性

風邪を患い病院へ行き、抗生物質を処方されることはよくあることです。その中でも比較的多く用いられているのがサワシリンという薬です。

しかし、このサワシリンという薬について詳しく理解している人は少なく、ただ単に医師から処方されたから飲んでいるという人が多いのではないでしょうか。さらにサワシリンという名前は聞いたことがあるけど、実際に何に効果がある薬なのか、きちんと理解して服用している人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

処方された薬を理解せずに服用していても効果がなくなるわけではないので問題はないのですが、しっかりと知識を身に付けて服用するという事も、自身の体をきちんと理解するという事になるので大事なことではないでしょうか。

ここではサワシリンという薬と風邪について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

サワシリンってどんな薬?

風邪の如絵師

風邪をひいて病院に行くと、様々な薬が処方されます。その中でも多く使われているのがサワシリンという薬です。ですがそもそもサワシリンってなに??という方がほとんどなのではないでしょうか。

サワシリンというのは、細菌の細胞を破壊して、死滅させる働きをもつペニシリン系抗生物質のなかのひとつです。赤痢菌、大腸菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌等といった細菌によって引き起こされた感染症に効果があります。

特に呼吸器の感染症に使用されることが多いので、風邪の際に処方されることが多くあります。その他にも、外耳炎や中耳炎等の耳の炎症や、腎盂腎炎や膀胱炎等の泌尿器の炎症、梅毒や淋病などの性感染症にも用いられています。

サワシリンには解熱作用はない

風邪の時にサワシリンを多く処方される事から勘違いをしている方も多くいます。

サワシリンというのは抗生物質なので細菌を殺す薬です。解熱作用やウィルスを殺す作用はありません。抗生物質とはそもそも、細菌による感染症に効能があるもので、最近の細胞壁を破壊する働きがあります。しかしウィルスを殺すことはできません。

また細菌を死滅させて患部を治すものなので、熱そのものを下げる作用はありません。熱が下がったとしても菌を殺した結果、発熱の必要がなくなるという事です。

これについては多くの方が勘違いをしているようで、病院に行っても「熱があるので抗生物質をください」という方もいらっしゃるようです。

熱があるときには抗生物質ではなく、解熱鎮痛剤を服用しなければ熱は下がりませんので、注意しましょう。

サワシリンの副作用

サワシリンにはいくつかの副作用があるので注意が必要です。

①発疹や発熱、かゆみ等のアレルギー症状といった過敏症状を起こす場合があります。

②吐き気や下痢、腹痛、食欲不振などが起こる場合があります。また皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、急性汎発性発疹性膿疱症などの高熱と多数の小膿疱を伴う紅斑が急激に現れる疾患がおこる場合もあります。

③貧血などの血液障害や腎臓、肝機能障害、大腸炎、口内炎などが起こる場合があります。めまいや耳鳴り、発疹などはショック症状の前兆とも考えられるので服用はすぐに止めなければいけません。

この他にも様々な副作用が考えられるので、服用の際は医師や薬剤師の指示に従うことが重要です。またこのような症状が少しでも見られた場合は、すぐに医師に相談しましょう。

使用上の注意点

サワシリンはいくつかの剤型がありますが、どれも原則として食後に服用するものです。用法や用量などは医師や薬剤師の指示に従い、勝手に中止したり量を変更したりしてはいけません。

また、ペニシリン系の薬剤でショック症状を起こしたことのある方は使用できません。ショック症状を起こしていなくても、抗生物質に過敏体質な方や親類にアレルギーのある方は医師に相談してから使用しましょう。

肝臓、腎臓、胃腸、血液に障害のある方は病状を悪化させる恐れがあるので医師に相談しましょう。

また妊娠中や高齢者の方は、副作用が出やすいので更に注意が必要です。医師の指示に従って正しく使用しましょう。

一生風邪をひかない体のつくり方 (知的生きかた文庫)
村上 一裕
三笠書房
売り上げランキング: 11,308

まとめ:サワシリンは医師の指示のもと正しく使用しましょう

風邪の時に処方されるサワシリンはペニシリン系抗生物質のなかのひとつで、細菌の細胞を破壊し死滅させる作用があり、とても効果的な薬です。

しかし勘違いしてはいけないのは、サワシリンは幹部の細菌を死滅させるものであって解熱作用はありません。風邪による発熱や痛みを和らげる作用はないということと、また細菌ではないウィルスには効果がないという事はしっかり理解しておきましょう。

また多くの副作用があり危険に及ぶこともあるので、使用の際には自己判断だけに頼るのではなく、医師や薬剤師の指示に従い、用法や用量を守って使用しなければいけません。

妊娠中の方や高齢の方は特に注意が必要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment